最新世界情勢 アルシオン・プレヤデス
ニュースリポートNo.70‐2018




オープニング ヘンリーメイコウの言葉
ヘンリーメイコウAPN70

ヘンリーメイコウ本

サタニストと銀行家の超巨大陰謀ネットワーク、それがイルミナティの正体だ!

奇妙で信じられない話だが、人類はイルミナティという悪魔崇拝カルトに侵略されている。この狂信的集団はフリーメーソン偽ユダヤ系金融財閥が結託した組織だ。彼らは世界の経済を詐欺的手段で操作している。
人類は現在、イルミナティに服従するように再設計されている。
イルミナティは結婚や宗教といった制度を弱体化し、堕落・腐敗・分裂
をもたらそうとしている。
彼らはすでに二つの世界大戦を実現した。
そして今や、
第三次世界大戦を企図している。

ヘンリー・メイコウ博士が暴くイルミナティ巨大陰謀の全貌

ヘンリー・メイコウ
カナダ人著述家。1949年スイス・チューリッヒのユダヤ人家庭に生まれ、幼くして家族とともにカナダみ移住。
弱冠11歳にして新聞50紙に連載されるコラムを執筆、1982年にはトロント大学で英文学博士号を取得した。1984年に開発したボードゲーム「スクラプルズ」は5ヶ国語に翻訳され全世界で700万部が販売されている。
陰謀理論研究者としてのメイコウの主張は

「悪魔的カルト集団の超長期アジェンダの隠れた手が世界を支配している。
今日の民主主義はまやかしであり社会的規制の道具
に過ぎない。


マスメディアは真の情報を報道せず大衆から考える力を奪い、
各種のエンターテイメントは現実から大衆の目をそらす。


カルト権力(フリーメイソン組織を通じて機能)は
ロンドンを本拠とする中央銀行カルテルによって世界的独裁体制を着々と
築いている」

というものであり、その積年の研究が本書として結実している。
また、フェミニズムがイルミナティ組織の邪悪な創造物だと見破った労作『Cruel Hoax:Feminism and the
New World Order(悪質な捏造:フェミニズムと新世界秩序)』は女性層を中心に大きな衝撃を呼んでいる。

太田 龍
昭和5(1930)年、樺太生まれ。平成3(1991)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図するユダヤ・フリーメーソンを中核とした超巨大勢力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破し警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週刊日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重文献を渉猟して日本に紹介する活動を精力的に行ない著書・訳書多数。
Bilderberg AP70


自然や天候による災害 爆弾低気圧 
マスゴミによる温暖化の宣伝
に反して氷河期が近づいているのか?

爆弾低気圧 APN70
氷河期 APN70


モンサント GMO遺伝子組換え発癌食品に反対しよう!
モンサントGMO絶滅賛同?



monsanto-GMO corn
種子法外資にうるな
種子法 安倍晋三
種子法GMOコーン
GMO加工食品一覧
GMO 癌モルモット

GMO体中に斑点のあるアルゼンチンの少女
殺人除草剤グリホサート
グリホサート APN70

グリホサート炎症 APN70

グリホサート オレオ APN70

グリホサート被害者少年


発癌農薬ラウンドアップ製造販売に反対!
ラウンドアップ緩慢な死 APN70

モンサントラウンドアップ偽りの宣伝

バイエル モンサント買収

モンサント食物連鎖コントロール

GMO肥料 殺虫剤

bayel 病気 薬コントロール
http://gmo.luna-organic.org/?page_id=20 

◆アルゼンチンの状況

健康上の問題は、遺伝子組み換え自体から生みだされるだけじゃない。

遺伝子組み換え作物にはさまざまなタイプがあるが、主流となっているのは除草剤をかけても枯れないというタイプ。除草の手間を省くため、大量の除草剤をかけて育てられるものがほとんどだ。この除草剤の影響を、アルゼンチンを例に見てみよう。

南米、アルゼンチンは世界第3位の大豆輸出国。この国で遺伝子組み換え大豆の栽培が始まってから、大量の除草剤ラウンドアップが飛行機で空中散布されるようになった。

空中散布

写真:Tomo’s blog 遺伝子組み換え大豆の農薬空中散布を止めた母親たちより転載

アルゼンチンで遺伝子組換え大豆の栽培が本格化したのは2000年。その2年後から、ガン、不妊、死産、流産、そして出生異常が急速に増えてきたという。

 

アルゼンチンの障害児カミラ

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、チャコ州アヴィアテライのカミラ・ヴェロンちゃん(2歳)(↑)は多臓器不全と重度の障害を持って生まれた。『ここでは大量に毒を噴霧しているから、それに汚染された飲み水のせいだろう』と、母親はいろいろな人から言われたという。医師も母親に、農薬が原因である可能性について言及している。

体中に斑点のあるアルゼンチンの少女

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、チャコ州アヴィアテライに住む、アイザ・カノちゃん(5歳)(↑)は、生まれたときから全身に黒い斑点がある。この先天異常も農薬と関連している可能性がある、と医師は言う。
アルゼンチンで
遺伝子組み換え農業が劇的に広まって以来、チャコ州では重度の先天的異常を持って生まれてくる子どもが4倍に増えたという。

やせおとろえたアルゼンチンの農家

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、エントレリオス州バサイルバソに住むファビアン・トマシさん(47歳)(↑)はかつて農園で働いており、噴霧用の飛行機に積むタンクに農薬を注入する係りだった。しかし彼は農薬の扱いについて訓練を受けたことは一度もなかったという。
『わたしは何百万リットルもの農薬を準備しましたが、何の防護もしませんでした。手袋、マスク、防護服など何も身に付けませんでした。わたしは何も知らなかったのです』と彼は言う。
彼は
多発性神経障害を発症していて、その痩せ衰えた体は、もはや死が間近に迫っていることを示している。

 胸が痛むにゃ~

生まれたばかりで娘を亡くした母親ソフィア・ガチカさんも、除草剤の影響を疑った1人だった。大量の除草剤散布大豆栽培地区の人々の健康を蝕んでいるのでは? 娘もそのせいで亡くなったのでは?……娘の死を受け入れられなかったソフィアさんは娘の死因を明らかにすべく立ち上がった。

ソフィアさんは近隣の住民を訪ね歩き、同じ懸念を持つ母親たちとグループをつくり、共同で綿密な調査を行った。


グリホサート 殺戮

ラウンドアップ訴訟

マスゴミ情報操作
マスゴミ情報操作

グリホサート共犯者になりたくない

グリホサート空中散布

モンサント研究 癌発見

モンサント 情報隠蔽

モンサント スリランカ被害

グリホサート殺戮 学者証言

AP55モンサントラウンドアップ日本語

AP55グリホサート

jpg-large

ラウンドアップ ダイソー




ダイソーの100円除草剤「グリホサート」、


WHO
発癌評価でオランダ、フランスが販売禁止――

東急ハンズ、島忠など7社は販売続行


http://www.mynewsjapan.com/reports/2207
 
今年3月に世界保健機関(WHO)専門機関から


「おそらく発がん性がある」と評価された

「グリホサート」。


モンサント社の除草剤『ラウンドアップ


の有効成分として有名だ。

日本では農家向けのほか、一般消費者向けにも東急ハンズや島忠ホームズ等で普通に売られ、100円ショップのダイソーでも販売されるほど手軽に入手できる。
発がん評価のあと半年たった今でも、大手ホームセンター7社は「メーカーが安全と言い、農水省も通知を出していない」と販売続行中。一方、欧米諸国では販売中止の動きが加速し、フランスやオランダは、グリホサート入り除草剤のホームセンターでの販売を禁止。ドイツやスイスの大手ホームセンターやスーパーは自主的に販売中止を発表した。
米国カリフォルニア州は商品に
「発癌性アリ」の警告表示を義務付けると発表。家庭向けではなく農家向け除草剤としても10月30日、欧州の42の環境NGOが、連名で欧州委員会宛てに使用禁止を求める要望書を提出した(日本語訳付)。日本の消費者保護の動きは相変わらず遅く、明治以来続く「産業優先行政」は変化の兆しがない。 

【Digest】 
ダイソーは発癌物質入り100円除草剤を販売中 
◇WHOの発がん性評価でオランダとフランスで禁止措置 
◇ドイツ・スイスのホームセンターでも自主的販売中止へ 
◇米・カリフォルニア州では「発癌性あり」の警告表示義務化へ 
◇EUは今年12月末までに農薬登録更新の是非を検討 
◇農薬メーカー以外の研究で遺伝毒性が顕著に 
◇ダイソーでは100円除草剤も販売中 
 表紙の写真は、今年10月30日の100円ショップダイソーの園芸店売り場で見つけた100円除草剤だ。ダイソーのオリジナル商品で、

使われている成分は
「グリホサートイソプロピルアミン塩」。 


 今年3月に世界保健機関(WHO)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)が「人に対しておそらく発癌性がある」と評価した「グリホサート」の一種だ。

 ダイソーの除草剤には「非農耕地用」と書いてあり、「農耕地以外の場所で法律等の問題なく、安心して使用できます」と書いてある。

 もし発がん性などの重大な毒性がある場合、先ずは100円ショップのような誰でも簡単に買える商品の販売規制を、真っ先に考えるべきであるが、

消費者庁は何も仕事をしておらず、業界も何ら自主規制に動いていない。

 後述のとおり、海外諸国は、農薬への知識がある農家向けよりも先に、一般人向けの除草剤の販売規制に乗り出している。
 

 農薬を所管する農水省の農薬対策室へ問い合せると、この「非農耕地用」除草剤は、法律上は農薬ではないのだという。

農薬取締法でいう「農薬」とは、農作物に使用されるもので、駐車場や宅地、墓地など田畑以外で使用されるこれらの除草剤は対象外になるのだ。

 しかし、農業用以外の除草剤を規制している省庁が、別にあるわけではない。

その結果、
発癌成分が100円ショップで売られ続ける、という事になっているわけだ。

一番厳しく規制すべき部分が、ぽっかり抜け穴になっている



AP55世界中汚染農薬





モンサントGMO 発癌性GMOトウモロコシ 発癌性GMO大豆の
製造 販売 止めろ!

monsanto

GMO


狂牛病
GMOワクチン APN

戦争するの?

国際社会の危機的状況
オリンピックの政治利用
オリンピック ヒトラー

オリンピック ロシア孤立

       国際社会の危機的状況  
イラン・米国・イスラエル、北朝鮮 ロシア

イラン革命のシナリオ APN70
イルミナティ銀行家 エリートの告白

突然にディスクロージャーが行われ、予期しなかった赤裸々な真実が語られる昨今、「偽(フェイク)ニュース」から「真のニュース」を判別するのは至難の業だが、本当の事実に基づく真相を公表する「インサイダー」の方にも、非常な勇気が必要となる。

http://tocana.jp/2017/08/post_14250_entry.html
世界を裏で牛耳っているとされる秘密組織「イルミナティ」にかつて在籍していた元メンバーの顔出しインタビューが公開された。組織の内部事情から組織を脱退するに至った衝撃的な事件まで赤裸々に語っている。

オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることなく、 “マイナス100度の冷凍庫に良心をしまって”金融業界に参入。出所の怪しい金のマネー・ロンダリングなど違法な業務に、最高レベルで5年間携わりながら、世界金融の仕組みを学び、銀行・各国政府・諜報機関・テロ組織がいかに結託して世界のマネーを回しているかを理解したと語っている。その間、ロバート氏は冷徹無常な“サイコパス”になる訓練を受け、たとえ携わった業務の影響で自殺者が出ても、同僚と笑い飛ばすような人間になっていたそうだ。

「私たちは、人々を見下し、嘲笑っていました。人もモノも単なる商品、廃棄物であり、全ては無価値なゴミです。自然、地球だってそうです。全てを燃やし破壊したって構わないのです」(ベルナルド氏)

金融業界でかなりの実力者となったベルナルド氏は、クライントの紹介で悪魔崇拝者の秘密サークルと終身契約を結ぶことになる。ベルナルド氏曰く、彼らの教会では、まるで映画『アイズ・ワイド・シャット』の1シーンのような異教的で官能的なミサが開催されており、ベルナルド氏も大変楽しんだとのことだ。
https://www.youtube.com/watch?v=6ri-SBCguO0
 

しかし、終わりは突然やってきた。
ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ。
それは、生贄を捧げる儀式に立ち会った時のことだという。

「それでは、今回私がインタビューを受ける理由となった出来事をお話しましょう。それは海外で開かれた、生贄を捧げる儀式に招待された時のことです。これが、限界でした……生贄にされたのは子供たちです」(同)

「彼らはこんな儀式を何千年も続けているのです。私はかつて神学を学んでいたのですが、聖書にはイスラエル人がこういった生贄の儀式をしている記述があります。イスラエルの最初の10部族がバビロンで捕囚されたのも、子どもを生贄に捧げるこの儀式のせいです」(同)

■脱退時には激しい拷問

「子どもが生贄に…」元イルミナティ構成員が顔出しインタビューで号泣暴露! 脱退時には激しい拷問も!の画像3
涙を流すベルナルド氏「YouTube」より引用

ベルナルド氏は子どもたちを生贄に捧げるよう命令されたが、それを拒否。
この時から彼の精神は徐々に壊れていったという。
涙を流しながら告白を続ける。

「もう私はまともに機能することができませんでした。成果も振るわなくなり、仕事を断るようになっていきました」(同)

 それでもベルナルド氏は極めて責任の重いポジションにあったため、簡単に仕事を辞めることはできなかったという。そしてある日、ベルナルド氏の体は完全に機能が停止、気が付くと病院の集中治療室で寝ていたそうだ。辛い記憶のため多くは語らなかったが、これには組織脱退時の過酷な拷問が関係しているとのことだ。最後にベルナルド氏は、ある書物を読むことが、この組織のことを知るために重要だと語っている。

「『シオン賢者の議定書』はトンデモ本だといわれていますが、この信じられないほど退屈な本を読み通すことをおすすめします。これを読んで理解すれば、毎日の出来事が新聞を読むように分かるようになるでしょう」

 以上がインタビュー第一弾(現在のところ第三弾まで公開されている)の内容だ。これまで噂されてきたイルミナティの黒い話がほぼ事実だったことが、これで明らかになったと言えるだろう。第二弾ではさらに深く世界金融とイルミナティとの関係が詳細に語られている。辛い記憶を掘り返し、涙を流してまで告白してくれたベルナルド氏の勇気に拍手を送りたい。
(編集部)

[銀行家:私はIlluminatiパーティーで子供を犠牲にすると言われた]

ロナルド・バーナード氏は、銀行業界のエリートの間で、オカルトの練習や子供の犠牲についての告発を爆破し、今年初めにウイルスに感染したテレビのインタビューで彼の経験を語った。イルミナティが子供の犠牲を使ってメンバーをテストし、脅迫する方法についての明白な詳細を共有すると、彼はパーティーで子供を犠牲にするよう求められたと語った。

私がこのことに気づいたとき、私は警告を受けた。あなたの良心を冷凍庫に100%入れない限り、これをしないでください。当時私自身はそれを笑っていましたが、それはまったく冗談ではありませんでした。

「私はサイコパスになるために訓練を受けていて、失敗しました。"

ロナルド氏は、「冷凍庫が故障し始めた」期間について説明し、国家経済の破綻や破産企業の話もした。彼の銀行の同僚によると、これらの行動は自殺と破壊につながりました。

元国際金融家からの啓示: 
「私はサイコパスになるための訓練を受けていたが、失敗した  
https://sott.net/en348681 

元イルミナティ銀行家はエリートを告発- ロナルド・バーナード
https://www.youtube.com/watch?v=cRuKmxQSPSw

http://takapachi1962.seesaa.net/

元国際的投資家による暴露:
「私はサイコパスになる訓練を受けていたが落第した」
https://sott.net/en348681

ロスチャイルド銀行無い三カ国 APN70
ロスチャイルド家が支配する中央銀行が
無い国はわずか3カ国

APN70 誰が世界支配?
誰が地球を支配しているのか?

小児性愛犯罪者、イルミナティ儀式殺人

小児性愛 殺人 APN70

小児性愛犯罪 プーチン警告

世界は、ついに深層国家を倒す準備が出来た!
深層国家倒す APN70

APN70 ニュース部門

APN70 china宇宙ステーション落下


APN70 Diana Grace

APN70 Diana nightmare




人々の大多数が、経験している状況にいまだ気ついておらず、私達には何も影響しないように思っていても、その間も私達を統治する闇の権力者達は、この文明を滅ぼすために彼らの計画を続けている。 たとえ世界的な権力の主達が、彼らはポジティブな人達の集団で、慈善家や人道主義者だと示したいとしても、光の反対が高い社会階級や影響力の強い一族らと共に、この上ない秘密主義や隠蔽の中で、その小児性愛のネットワークを作っていくのだ。だからこそ現実に目を開くことが、極めて重要だ。
映画による帝国の宣伝の最大の業界であるハリウッドについては、何が言えるだろうか?
その
俳優の多くは性的に虐待され、彼らの宣伝代理人やプロデューサー、監督自体から脅され、堕落したエリートの個人利用のおもちゃと化してきたことが、暴かれつつある。 だがどうやらハリウッドの暗い世界における小児性愛が暴かれているのみならず、 また宗教界の聖職者の巨大な組織的陰謀も、明らかになりつつある。 では、ピザゲートについては、何が言えるだろうか?
その中で、多くの文化界や、さらには
政界の傑出した影響力のある多くの人物の関与が、露呈している。 また、私達が完全な忠誠心と愛情をもって仕える、貴族やエリートに属する人達全てについては、何が言えるだろうか?
彼らもまた無数の悪癖や小児性愛、ヴァンピリズム、さらには世界中で増大する悪魔崇拝の人食いにまで関与しているのか? エリートと統治者らが、
生け贄の儀式と共に悪魔のサバトを行っている、ボヘミアン・グローブの結社については何が言えるだろうか?
もしかして、その小児性愛の悪癖を全員で分かち合う一方で、その恐ろしい降霊術と黒魔術を続けているのか? そのため、このあまりに不均衡で錯乱した、性的マニアが蔓延し、さらに悪いことには、
企業や政治、行政面で実に巧妙に立ち回り、あらゆる種類の害を及ぼしている、この陰うつな時代において、私達の意図は、このドキュメンタリーを見続けている一般の人達全てに、注意するよう警告を行うことなのだ。
ビデオ制作:アルシオン

ボヘミアン・グローブ
腐敗した権力者が集う悪魔教の儀式




UFO 
UFO AP70

UFO ニュース番組中 APN70

CIAペンタゴン情報操作

宇宙人コンタクト大学備え

大学UFO研究

宇宙人と人間 ウイリアムズトプキンズ

プレアデス人と様々な地球外知的生命体 

航空宇宙工学者の証言 
宇宙人ウイリアム学者
 
地球人の科学者 医学博士は正しくない情報を受けて来ました
宇宙人科学者不正情報

爬虫類人 レプティリアン ドラコニアン情報操作

レプティリアン情報操作

爬虫類レプティリアン

プレアデス人イラスト23種

輝きと光の現象

太陽柱 APN70

APN70

       エンディング
APN70 Ending

APN70 Ending2

https://www.youtube.com/watch?v=XybZ039M2SA&t=261s