東西堂鍼灸指圧整骨院 各種保険取扱 在宅リハビリマッサージ AKA療法 交通事故 生活保護取扱 吸玉療法 予約制☎048-6258210 潜在能力開発指導 CQC近接格闘術 護身術 クンダリニーヨガ 氣功

整骨院予約制☎048-625-8210(健康保険 自賠責交通事故 在宅医療マッサージ取扱) AKA療法=関節運動学的アプローチ スポーツマッサージ スポーツ鍼治療 医療氣功ヒーリング(プロ格闘家 スポーツ選手に施術経験豊富) 武術道場「光武館 CQC近接格闘術」さいたま市(最新戦闘術と伝統武術の融合) CombatMMA 軍隊流総合格闘技 拳法 柔術 武器術「陸上自衛隊格闘術教官 海上自衛官 プロボディガード レスキュー隊員、プロ格闘家達への指導実績多数有り」 ホームページ http://cqclabojapan.wixsite.com/touzaidou (東西堂 在宅医療リハビリ鍼灸マッサージ 交通事故自賠責治療)http://blog.livedoor.jp/touzaido/ 護身術 現代忍術 CQC CQB 近接戦闘術 (※学校などのイジメや誘拐 ストーカー 通り魔 強盗など 犯罪者が氣掛かりな お子様から高齢者まで ※個人指導ならでは の指導方法で、各人の身体能力 御要望に応じて丁寧に指導します。) 自衛官 消防官 法執行機関職員 芸能人への個人指導有り※個人情報秘守) 一般民間人 武術初心者へは基礎から丁寧に護身術から指導します! CQC(Close Quarters Combat 近接格闘術)軍隊式総合戦闘術 徒手戦闘術、ストリートボクシング COMBAT-MMA、拳法 柔術 現代式忍術 キャッチレスリング「各種武器術、警棒術 六尺棒 剣術、小太刀、ナイフ戦闘術(ダガー カランビット マシェット ナイフボクシング) クボタン、トンファー等」「凶器対策術、ナイフ&銃ディフェンス」 「逮捕術 拘束法 連行法など」 初心者から自衛官まで幅広く指導中、会員募集中 初回体験3千円から。特別セミナー別料金、申し込み詳細  お問い合わせはメールcqclabojapan@yahoo.co.jp ツイッター @CQC_LABO_JAPAN 練習場所 ほぼ毎日 「会場さいたま市」 個人指導 出張指導随時応相談。 ※会長は、柔道 剣道 空手有段者。  陸、海 自衛官に指導実績 多数有り。 「神秘行法学園 大宮ミステリースクール(武術 クンダリニー・ヨーガ 仙道 氣功 古神道 白魔術 潜在能力開発指導 UFO宇宙人研究」 (※初回受講者 会員の個人情報は秘守します!秘密裏に習いたい方も個人指導プライベートレッスン可能  Private class OK! 併設の東西堂鍼灸指圧整骨院で身体のケア 活法  故障の施術 怪我の応急処置も致します! 17歳でクンダリニー覚醒体験 超常現象に遭遇。



最新世界情勢アルシオンプレアデス66 

気象兵器ハリケーン、FEMA強制収容所
自然を金融商品取引する銭ゲバ銀行家の金儲け陰謀
偽旗テロ作戦、
北朝鮮 金正恩対アメリカトランプ 核戦争危機

 有害電磁波 スマホ5G通信 
5G・第5世代移動通信 
ハイテク、マイクロチップ ナノチップ
マインド・コントロール 洗脳兵器
UFOの目撃
 秘密宇宙計画 
クンダリニー・ヨーガ 瞑想

https://www.youtube.com/watch?v=yCZMkLuofqc

アルシオン・プレヤデスのビデオ−ドキュメンタリーで見ることができるように、私達は人類にとって最も危機的な時を生きている。というのも、地球が変化の段階を迎えているからだ。

それは
歴史上かつてないほど極端な変化であり、これにまた、私達の惑星に届いている大量の光子のエネルギーが伴って、
人々の
目覚めや、深い遺伝的変化をもたらしている。

その一方で、
目に見える政府と陰の政府のエリートとその同盟者ら、また私達の地球をわがものにしようとしている略奪者エイリアン達の、何より急を要する追放と無力化に必要な無数の世界の事件や地政学的変化、政府や宗教、社会の変化が至る所で起こっている。 私達はこれらのビデオを通して、公式の報道機関が私達から隠しているか、誤情報を伝えている、私達を取り巻く多くの出来事に対して目を開き、自然や気候のアンバランスや、次第に劇的かつ危機的になっている社会の状況、様々な国における挑発や戦争、あらゆる方面の危機や紛争などについての意識するよう促そうとしている。

同じく、
隠された陰謀や策略、大量のUFOの目撃、日増しに明白になる奇妙な現象や光の現象など、アルシオン・プレヤデスのビデオでより広範かつ掘り下げて展開している全てのテーマを伝えている。 これら全てについて、極めて興味深い最新のニュースやルポルタージュ、インタビュー、ドキュメントを集約して、定期的にアルシオン・プレヤデスの支持者達に伝えていくつもりである。

気象兵器による災害 ハリケーン
AP66気象兵器

気象兵器氣功テロAP66

気象兵器 気候戦争AP66

気象兵器マイクロ波AP66


台風 18号 3連休 九州に関連した画像-01

曲がり方が異常!何故 鋭角にカーブするの?

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/48762ba6a4db94dcfdd03e71f166f5f9



人工気象操作か!連日続く九州北部【記録的豪雨】窮地の安倍政権と米戦争屋の気象テロの可能性!人工気象装置【HAARP・ハーブ】米軍・京都にXバンドレーダー!人工地震も【主犯は自民党】自民党と米軍の意志!1992年から日本で人工地震は報道禁止に!どの場所でも自由自在に地震を起こす事が可能!阪神淡路、新潟中越、東日本大震災、熊本地震…など - みんなが知るべき情報/今日の物語





http://paradism.hatenablog.com/entry/2017/09/06/121631

アルコンとカバールは、ヤルダバオート生命体の励起したプラズマを悪用して極端な異常気象を引き起こしています。


f:id:paradism:20170906105013j:plain

 

 

インド

1,400+ killed as South Asia hit by worst floods in decade (PHOTOS) — RT News

(記事概要:インド、ネパール、バングラデシュでは大洪水で1400人が死亡。)

 

香港

Still recovering from a typhoon, Hong Kong and Macau hit by tropical cyclone Pakhar - The National

(記事概要:台風の直撃を受けたばかりの香港とマカオに台風パカーが上陸し、再び被害に見舞われた。)

 

オーストラリア

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4849902/Australia-weather-monster-storm-damaging-winds-snow-cold.html

(記事概要:オーストラリアでの嵐の影響で、今年一番の寒気。)

 

彼らはハリケーン・ハービーでこれを実行しようとしました。

Ritualistic Astrology Used in False Flag Hurricane Harvey? | Stillness in the Storm

(記事概要:ハリケーン・ハービーで占星術の手順が使われた。)

 

f:id:paradism:20170906105046j:plain

 

数千人の犠牲者の出たハリケーンカトリーナをもう一度起こすために、闇の勢力はハリケーン・ハービーを計画しましたが、ニューアトランティスグリッドのおかげで、上陸までに、光の勢力は何とか嵐を弱めることができました。その結果、犠牲者数はカバールの当初計画よりも、95%以上削減しました。

 

その結果に不満をもったカバールは、フロリダに上陸し壊滅的な被害をもたらす可能性のあるハリケーンをまた作り出しました。

 

Catastrophic Hurricane Irma — now a Cat 5 — is on a collision course with Florida - The Washington Post

(記事概要:壊滅的な被害をもたらすハリケーン・イルマがフロリダに上陸する)

 

Hurricane Irma Public Advisory

(記事概要:ハリケーン・イルマについての公衆勧告)

 米国の巨大ハリケーン被害は気象兵器による人口削減計画なのか!?
ミチオ・カク教授が戦慄意味深コメント「苦難の時は来たり」
http://tocana.jp/2017/09/post_14344.html 

 決して気象の専門家ではない有名物理学者がテレビで緊急発言! アメリカ・テキサス州を襲ったハリケーン・ハービーの襲来は「艱難辛苦のはじまり」であるというのだ。


■大型ハリケーンが再び“生き返る”可能性

 8月25日にテキサス州南部に上陸後、熱帯低気圧に勢力を弱めながらも5日に及ぶ豪雨と暴風で地域に甚大な被害をもたらしたハリケーン・ハービー。30日になってようやく雨が弱まり救難・復旧活動が本格化したが、31日の時点で死者は28人に上りなんと被害総額は8兆円を超すという莫大な損害になるとの試算も出ている。

 しかし残念ながらまだまだ“ハリケーンの季節”は続く。理論物理学者のミチオ・カク教授はCBSのニュース番組の中で「苦難の時は来たり」と今後のハリケーンにも警鐘を鳴らしている。

agonyhasbegun1.JPG
画像は「YouTube」より

 番組でカク教授は時速200キロの速度で動くハリケーンが引き起こす荒れ狂う4メートルもの高波の危険性を解説している。そして今回のハービーのようにハリケーンが上陸後、一転して長時間とどまってしまうことで辺りに大規模な洪水が発生する可能性があると警告したのだ。

 現在は熱帯低気圧に変わったハービーだが、カク教授の予測では進路が再度湾岸に向かった場合、嵐が息を吹き返して再び被害をもたらす可能性があるということだ。これはつまり今後の大型ハリケーンは1、2度“生き返って”くるものになるということである。

 なぜハリケーンが“生き返って”くるのか? ただでさえメキシコ湾やアフリカの海岸線のような暖かい気候の海域はハリケーンが育つのに適した環境であるのだが、今年のメキシコ湾の海水温が例年よりも2度高いことがハリケーン“復活”のリスクを高めているということだ。温かい海水温と冷たい空気の組み合わせがハリケーンにエネルギーを供給して勢いづかせるということである。

CN14: Michio Kaku on Hurricane Harvey: "Agony has just begun" 動画は「YouTube」より

 ハリケーンの襲撃が今後もまだまだ続くとすればその被害は計り知れないものになるだろう。洪水の被害がまだ収束しないテキサス州ヒューストンでは空き家となった家屋を狙った略奪行為が見られるようになり夜間の外出禁止令が発令される事態を招いている。今年のハリケーンは最悪の場合、地域の暮らしと行政を崩壊させかねないリスクをはらんでいるのだ。そしてこのハリケーンのリスクは今年の場合、11月いっぱいまでは続くという。

■“気象兵器”の仕業なのか?

 さらに厄介なことに、アメリカ海洋大気庁(NOAA)によれば2017年は大西洋全体の平均をはるかに上回って11から17もの嵐が発生することが見込まれているという。たった2度の海水温の上昇ではあるものの、バタフライ効果によってハリケーンの発生と成長に広範囲に影響を及ぼす可能性があるということだ。

agonyhasbegun2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 もちろん気象の専門家ではないカク教授の解説には疑問が残るところもあるということだが、そもそもこの10年から20年の大規模自然災害は、発生のメカニズムに不自然な点が多く、人為的に操作されているといった疑惑がもたれている。では今回のハービーも人工ハリケーンなのか?

 オルタナティブ系オンラインジャーナルの「Before it's News」は、先ごろCIAのサイトで公開された米軍の文書に大量破壊兵器として“気象兵器”が使われてきた記述があることをスクープしている。

 2011年2月2日にCIA内部で配布された「ANALYTICAL SUMMARY: POSSIBLE INTERNATIONAL RESTRAINTS ON ENVIRONMENTAL WARFARE」という8ページのレポートでは、アメリカでは1972年から気象操作の実験として気象兵器が使われてきた経緯が記されている。

agonyhasbegun3.JPG
CIA」より

 文書によれば、米軍において降雨量を増大させる装備や、雲を低空に配置したり雲を散らせる装備、ハリケーンや台風の勢力を増強したり進路を操縦するシステムなどが紹介されている。そして記事ではこれらの“気象兵器”は現在、他国を攻撃するものというよりはむしろ人口削減に用いられているのだと指摘する。したがってアメリカ国内でも使われる可能性が十分あるということになるのだ。

 はたしてハリケーン・ハービーは気象操作によって生まれ、その進路を操作されているのか? そして今後11月まで続く“ハリケーンの季節”でまた新たな悲劇が繰り返されてしまうのか。そしてもちろんハービーは対岸の火事ではなく、同じく豪雨被害が続く台風シーズン真っ盛りの日本でも、気象の変化に油断できない日々が今後も続きそうだ。
(文=仲田しんじ


参考:「Disclose.tv」、「Before it's News」、ほか


ハリケーン FEMA 強制収容所
FEMAハリケーンAP66

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52014267.html

ハリケーン・イルマも気象操作によるものです!

ハリケーン・ハービーもハリケーン・イルマも気象操作によるものであることが分かりました。
最初の記事はハリケーン・イルマの被害の様子です。特にフロリダ州南部や島が大きな被害を受けたようです。
アメリカを狙った気象兵器による2つのハリケーンがアメリカ南部に大きな被害をもたらしました。
さらにもう2つの(たぶん人工)ハリケーンがアメリカを直撃するとも言われています。1つはニューヨークを直撃するとも言われています。フロリダ州に上陸したハリケーン・イルマは勢力は衰えていましたがそれでも甚大な被害をもたらしたようです。突然、上空に巨大積乱雲ができた場合は人工的に発生させたものだそうです。自然発生の積乱雲はゆっくりと成長するそうです。日本の天気図を見ながら、もしそのような積乱雲が発生したときには気象操作による可能性があるのかもしれません。
特に今年の夏は、日本のあちこちで、突如として上空を真っ黒な雲が覆い、一時的な暴風雨に見舞われましたが、それも気象操作によるものなのではないでしょうか。ひょっとしたら。。。日本上空で気象兵器の実験が行われたのかもしれません。自然発生的な気象変動というよりも、人工的に気象を変動させている方が多いのかもしれません。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/09/from-florida-the-wrath-of-hurricane-irma-video-3552211.html
9月11日付け

フロリダ州を襲ったハリケーン・イルマ


(フロリダ州キーウェスト)

(フロリダ州南部ネイプルズ)


(フロリダ州南部ネイプルズ)

(フロリダ州マルコ島)


(マルコ島)こんな時にバイクでツーリング?風の音が恐ろしい!


(マルコ島)

(マルコ島)

(フロリダ半島西中部のタンパ)ハリケーンが海水を押し流しました。


(マイアミ)


(ハリケーンが去った後のフロリダ州)


(ネイプルズ)

(マイアミ)

http://beforeitsnews.com/eu/2017/09/claim-hurricane-irma-a-man-made-storm-created-via-weather-weaponization-technology-new-video-released-2629232.html
(概要)
9月11日付け

ハリケーン・イルマも人工的に発生させた
ハリケーンだったことが分かりました。


 WeatherWar101.comによると、ハリケーン・イルマは、気象兵器によって人工的に巨大化させたハリケーンです。
地球工学テクノロジーは実際に存在します。Geoengineering Watch は気象操作及び気象兵器に関する特許(米政府が承認)が175も存在すると発表しています。


もちろん、当局筋は気象兵器や気象操作に関しては一切否定しています。
しかし当局筋が嘘をついていることは明らかです。
ワクチンの危険性についても彼等は嘘をつくのですから。彼等は地球温暖化や気象変動に関しても嘘をついています。
NOAA国立海洋大気庁は地球温暖化のデータも改ざんしていることが分かっています。彼等が発表する科学的データは嘘だらけです。


WeatherWar101 が公開した以下のビデオをご覧ください。どのようにして巨大ハリケーンが人工的に作られたかを説明しています。

一般の暴風雨を非常に危険な巨大ハリケーンに成長させるために特定の順序で急激に水分を蒸発させているのです。


ハリケーン・ハービーも水分を急速に蒸発させることで豪雨を巨大ハリケーンに発達させました。
(0:21~)こちらはハリケーン・ハービーの勢力が拡大する様子をとらえています。自然発生的なハリケーンでは水分はゆっくりと蒸発します。人工的に発生させたものは大量の水分が急激に蒸発します。水を沸騰させるどうなるかを考えてください。熱した鉄板に水をそそぐと一瞬で蒸発しますね。
(5:25~)左は、水分がゆっくりと蒸発している。右は急激に蒸発している。
(5:40~)上空で水分が急激に蒸発している。世界中どこでも水分が急激に蒸発している現象がみられる場合は気象操作によるものです。
ハリケーン・イルマも全く同じ方法で発生させています。
(5:12~)こちらは海上のあちこちで水分が急激に蒸発している様子です。どれも同じような状態で蒸発しています。
これは自然発生ではありません。
人工的に発生させているのです。
北部アフリカでは干ばつが続いているのに、突然、あちこちで積乱雲が発生し大雨を降らせました。つまり、北部アフリカ上空で連続的に水分を急激に蒸発させながら、大西洋へ向かわせ、大西洋上空で巨大ハリケーン・イルマを誕生させたのです。

(6:39~8:00)ではハリケーン・イルマがどのように誕生したかを最初(北部アフリカ上空)から見てみましょう。

以下省略


銭ゲバ銀行家 金儲けの陰謀
種や森林 自然を銀行家の金儲けの為の金融商品として扱うな!
自然と銀行家AP66

自然で金儲けAP66

自然破壊邪悪な論理AP66

地球汚染APN66

環境ビジネスブリュッセルAPN66

自然環境ビジネスでボロ儲けしている悪徳政治家と
多国籍企業と国際銀行家の邪悪な裏取引と嘘と偽善
生物多様性嘘多国籍企業APN66

グリーンボンド銀行企業APN66

自然破壊ヴァンダナ・シヴァAPN66

自然回復APN66

銀行家環境ビジネス煙草APN66

生物多様性破壊ビジネスAPN66

生物多様性破壊ビジネスを許すな!
エリート地球犯罪APN66

北朝鮮 金正恩 VS アメリカ トランプ
核戦争危機
金正恩VSトランプAPN66

偽旗テロ作戦
偽旗テロヨーロッパ地図APN66

問題-反応-解決APN66
偽旗テロの陰謀 問題-反応-解決
トランプサウジアラビア偽旗テロAPN66

北朝鮮STARWARS売出し

北朝鮮欧米マスゴミAPN66

5G押し付けAPN66

5G苦痛-群衆制御武器APN66

5Gマインド・コントロールAPN66

5Gマイクロ波頭蓋骨APN66

地球フェンス5G-APN66
5G脳腫瘍APN66
携帯電話 脳腫瘍 5G殺人
WiFi電磁過敏症 APN66

WiFi 電磁波 健康被害 
スマートメーター髑髏APN66
  スマートメーターなんか要らない!
スマートメーター工事APN66



5G企業支配か?健康?

衛星支配大金APN66

GWEN支配APN66

サイモンパークス5G脳配線支配APN66

サイモン・パークス インタビュー 支配者の狂った計画暴露 5G 脳神経 配線支配
マイクロチップモニターAPN66
  危険なマイクロチップ 不要だ!
マイクロカメラ-スマートダストAPN66

マイクロカメラ監視社会APN66


GWEN
携帯電話GWEN MK APN57
ELF GWEN AP51

mind control APN62
マインドコントロールAPN62

携帯 怒り暴力 無関心 洗脳 APN57

APN57 携帯マインドコントロール

ELF GWEN AP51
UFOの目撃
UFOの目撃AP NEWS


UFOワシントン国会議事堂前

DNA脳APN66
  認識 意識の視野を広げる時 存在している悪に氣づくだろう
瞑想DNA AP56

クンダリニーAPN66

     クンダリニー
Wingmakers-Home-min-min


https://www.youtube.com/watch?v=1mipFItBT9E

English Version



【警告】携帯電話の第5世代移動通信システム(5G)実現で人類滅亡か!?
健康リスクは未知数、米政府機関に怪しい動きも…
http://tocana.jp/2017/06/post_13449.html 
【警告】携帯電話の第5世代移動通信システム(5G)実現で人類滅亡か!? 健康リスクは未知数、米政府機関に怪しい動きも…の画像1
画像は「Unified Communications Insight」より引用

 4Gに続く次世代通信として注目される5G(第五世代移動通信システム)。日本でも2020年の東京五輪での運用開始を目途に、NTTドコモが精力的に研究・開発に取り組んでいるが、ここに来てそれに待ったをかける驚愕のニュースが飛び込んできた。なんと、
5Gの運用開始とともに人類が滅亡する可能性があるというのだ!


5Gに使用される高周波数帯が危険!?

 オルタナティブニュースサイトによると、問題となっているのは5Gに使用される周波数帯だ。昨年7月「FCC(米連邦通信委員会)」は、4Gで利用される帯域(450MGz~3.6GHz)よりも遥かに高い周波数帯の解放を決定したが、これまで利用されていなかった高周波数帯のため、人体への影響は未だよく分かっていないという。現在、「Apple」社などが28GHzと、ミリ波と呼ばれる39GHzの極めて高いバンドを使い実験中だが、運用開始前に全ての潜在的なリスクが検証されるとは考え難い。

 以前トカナでもお伝えしたように、現在利用されている電波でさえ後々になって健康被害が報告される例が数多くあり、完全に安全とは言えない状況だ。中には、Wi-Fiによる「電磁波過敏症」に苦しむ少女自殺に追い込まれる痛ましい事件も実際に起こっている。より高い周波数帯を利用する5Gの潜在的リスクはこれまで以上と見た方が良いだろう。

【警告】携帯電話の第5世代移動通信システム(5G)実現で人類滅亡か!? 健康リスクは未知数、米政府機関に怪しい動きも…の画像2
画像は「Disclose.tv」より引用

 また、さらに健康への不安を煽る事件も起こっている。5Gの周波数帯解放の可否を問う投票が行われた会場で、米有名紙「Bloomberg」の記者が、その安全性を憂慮する反対派に取材したところ、強引にプレスバッジを剥奪されてしまったのだ。

 これに対し、当時FCCの委員長を務めていたトム・ウィーラー氏は、「会場にいる者全ては責任を持って行動しなくてはならない」と発言。反対の声を意図的に握りつぶすかのような態度に、5Gの安全性に対しさらなる不信感を募らせる結果となった。

無線通信はがんの原因になる

【警告】携帯電話の第5世代移動通信システム(5G)実現で人類滅亡か!? 健康リスクは未知数、米政府機関に怪しい動きも…の画像3
画像は「Science and Education Publishing」より引用

 オルタナティブニュース「Disclose.tv」は、各研究機関の調査から、無線通信が人体に悪影響を与えることが判明していると報じている。たとえば、「米国国家毒性プログラム(NTP)」は、米国の携帯電話で広く使用されている無線電波が、悪性脳腫瘍の原因となる可能性があると指摘。同様の研究においても、その70%が、無線電波は有害との結論に至ったそうだ。

 以前トカナでも、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、携帯電話から発せられる電磁波を1週間にわたって1日9時間放射し続けたところ、携帯電話から発せられる電磁波がガン発症のリスクを高めることをつきとめたと報じた。

【警告】携帯電話の第5世代移動通信システム(5G)実現で人類滅亡か!? 健康リスクは未知数、米政府機関に怪しい動きも…の画像4
画像は「Reuters」より引用

 このような状況だが、今後あらゆる潜在的な健康被害を脇目に、5Gの実用化は急ピッチで進められていくだろう。我々の身に何が起こるか判明するのは、実際に運用が開始されてからだ。
とはいえ、「気付いた時にはもう遅い」では困るのだが……。

(編集部)


参考:「Disclose.tv」、ほか

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ