http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/p/blog-page_56.html

COBRAによる地球解放年表 2



2003光の勢力が太陽系全域に
1994-2004この時期の大規模解放作戦で、レジスタンス・ムーブメント、プレアデス、シリウス、アンドロメダンの艦隊とアシュターコマンドが太陽系からドラコ・レプティリアンの大半を掃討
2004ドラコとレプティリアンの残存勢力は、地球を手渡すまいと、邪悪な四人組と連携を深め、ソーラー・ウォーデンのスーパー兵士を操り、光の勢力に対抗
2004/6ベールの再活性化
2009より強力なバイオチップが新しいワクチンに混入された
2011/3/11東日本大震災。実態はイエズス会が作戦資金を日本からせびるための偽旗作戦で人工的に起こした地震だった。 
2012/1~2レジスタンス・ムーブメントはイルミナティが保持していた黄金の大半を確保
2012光の勢力は、キメラグループの直接保護下にあるものを除き、太陽系内からすべての秘密宇宙プログラムや植民地を解放
    
2012/5/5アルコンのリーダーはローマで逮捕され、地球から排除され、銀河のセントラルサンへ連行された
  
2012/5/20-21レジスタンス・ムーブメントはグリッドの再起動時にウィルスを忍び込ませ、しかるべき時に人工知能による金融システムを再起動できるようにした
 
集団瞑想の成功で、アストラル界のベールは70%、エーテル界のベールは35%が除去された
2012/12/21幾つかのタイムラインが統合され、ネガティブなタイムラインはすべて消滅した
レジスタンス・ムーブメントがアルコンのエーテル界にあるメインフレームコンピューターの破壊に成功
2004-2012キメラと共闘しているものを除き、すべてのドラコ・レプティリアンは太陽系から排除された
2013/11/23アイオン・ポータルの開放
2013/12アルコンとその手先が非物質界に持っている技術の3分の2以上が排除された
2014/3トップ・アルコンの力を削ぐ飛躍的ブレークスルーの達成。アセンデッド・マスターたちがソースから受け取った情報により、二元性システムを消滅させるアイデアを得た。
2014/3/8エーテル界のアルコンと彼らの兵器は残り最後の層一つだけになった
2014/4/20IS:ISポータル活性化 
2014/5/17プレアデス・ポータルの開放
2014/6光の勢力は、小惑星帯より内側の太陽系内に多くの新しい基地を設置
2014/6イスラム国がシリアからイラクに侵入
2014/6/21リリス、エリス、カリクローのグランドトラインによって、地球での女神の原型はかつてないほど深いレベルで活性化された
  
2014/7銀河連合の宇宙船が、キメラグループ撲滅のため、地球低軌道の内側にある最終位置に就いた
 
2014/9キメラグループは、ヨーロッパの地から排除された
2014/11,12レジスタンス・ムーブメントと、東側のアガルタネットワークと、ブルードラゴンの公式接触。バラバラだった各派閥の再統合開始
2014/12/14IS:ISポータル活性化 
2014/12/15IS:ISポータルの開放により、局部星団に残る闇の三角測定が完了。セントラル文明はさらに大きなミッドウェイ・ステーションをヘリオポーズに配置し、月サイズのものを多数、太陽系内に配置転換
2015/1女神斗母(トウム)元君が女神エネルギーを定着させるために地球に降臨
物質界のストレンジレット及びトップレット爆弾をすべて排除
 2015/1月末太陽系解放最終作戦 MOSS(Multidimensional Solar System)開始
アストラル界のベールが90%、エーテル界のベールが70%除去済み
2015/3/17すべてのポータル活性化が成功し、惑星のエーテル・ライトグリッド安定化が達成された。天王星・冥王星の直交がもたらした最後の転換機会の窓が閉じたため、アルコンによるポータル奪還の可能性は潰えた。
2015/5ヘリオポーズの光のバリアが完成
キメラの基地とインプラント・ステーションの大半は掃討され、人質は全員解放された。残った基地とステーションは地球至近距離にあるもののみで、地球住民を直接コントロールしているが、MOSS作戦の終盤に対処される予定
 
土星・地球間のセト・トンネルにあり、太陽系で最もネガティブなプラズマ経路が崩壊
2015/6アルコンの逆襲が始まり、物質界でテロという形で現れた
2015/7/14サブルーナ作戦開始。月周回軌道と地球低軌道の間にある、キメラの活動が最も盛んな領域での攻防が始まった。地上突破への最終戦場となる
2015/8初旬人工衛星上にあるプラズマ発生装置とプラズマ・ストレンジレット爆弾は殆どは無力化された
2015/8下旬サブルーナー作戦の大半が終了。地表に残ったキメラグループとプラズマ技術の除去が次の焦点となる
2015/9/0インプラント除去で大きな進展
2013-2015この2年間で、地下にいたレプティリアンの大半は排除された。残っているのはキメラグループとその拠点のみ
2015/11/1111:11:11ポータル活性化。マトリクスの崩壊が始まった。
2015/11/30ポジティブなタイムラインがしっかり定まった。ストレンジレット及びトップレット爆弾の巨大な層が一つ除去された。
 
2015/12/25アジアインフラ投資銀行(AIIB)発足
  
2016/1太陽系外縁部のカイパーリングにある物質的なキメラ基地網はほぼ崩壊
2016/4太陽系外縁部にあるキメラ・バリアの解体開始
2016/5太陽系内のSSPや地球地下にある派閥の多くが銀河法典を導入
地球地下の各派閥が交流再開し、分裂状態の修復開始
 
2016/7新しいサイクルが始まり、善意のアガルタ組織は地表の住民との物理的コンタクトの準備を開始
台湾アセンション会議の強烈なエネルギでベールに亀裂
2016/9状況が激化。闇の勢力はベールの亀裂を閉じることに部分的に成功した。光の勢力は割れ目を再び作り出そうとして、ライトグリッドの再起動を試みる
第二次世界大戦開戦日の77回目の記念日である。キメラ・ドラコの闇の勢力と、セントラル種族・銀河連合・プレアデス・シリウス・アンドロメダ艦隊・善意のSSP組織からなる光の勢力との銀河戦争がクライマックスに
2016/10初旬プレアデス勢は太陽系内の支配領域を取り戻し、2016年5月時点の状態まで回復。シリウス勢とアンドロメダ勢は9月の出来事からさほど大きな影響を受けず、十月以降はより万全な体制を築いた
プレアデス勢は月の周回軌道の内側に、地球を囲むようなタキオン膜を設置。
2025/7/7この惑星のアセンションの窓は1975年5月25日に開き、1999年8月11日にターニングポイントを迎え、2025年7月7日に閉じる
原案・構成: Yuri 
編集・校正: Shigeru / PFC-JAPAN Official Group
引用: Now Creation
注: 正確性や明快さのため、一部の要約文を原文から直接翻訳しました。そのため、引用記事の翻訳と説明が違う場合があります(要約のほうが正しいです)