東西堂鍼灸指圧整骨院 AKA療法 仙腸関節調整法 在宅訪問医療マッサージ(保険取扱)ヒーリング さいたま市 予約制048-625-8210

整骨院予約制☎048-625-8210(健康保険 自賠責交通事故 在宅医療マッサージ取扱) AKA療法=関節運動学的アプローチ スポーツマッサージ スポーツ鍼治療 医療氣功ヒーリング(プロ格闘家 スポーツ選手に施術経験豊富) 武術道場「光武館 CQC近接格闘術」さいたま市(最新戦闘術と伝統武術の融合) CombatMMA 軍隊流総合格闘技 拳法 柔術 武器術「陸上自衛隊格闘術教官 海上自衛官 プロボディガード レスキュー隊員、プロ格闘家達への指導実績多数有り」 ホームページ http://cqclabojapan.wixsite.com/touzaidou (東西堂 在宅医療リハビリ鍼灸マッサージ 交通事故自賠責治療)http://blog.livedoor.jp/touzaido/ 護身術 現代忍術 CQC CQB 近接戦闘術 (※学校などのイジメや誘拐 ストーカー 通り魔 強盗など 犯罪者が氣掛かりな お子様から高齢者まで ※個人指導ならでは の指導方法で、各人の身体能力 御要望に応じて丁寧に指導します。) 自衛官 消防官 法執行機関職員 芸能人への個人指導有り※個人情報秘守) 一般民間人 武術初心者へは基礎から丁寧に護身術から指導します! CQC(Close Quarters Combat 近接格闘術)軍隊式総合戦闘術 徒手戦闘術、ストリートボクシング COMBAT-MMA、拳法 柔術 現代式忍術 キャッチレスリング「各種武器術、警棒術 六尺棒 剣術、小太刀、ナイフ戦闘術(ダガー カランビット マシェット ナイフボクシング) クボタン、トンファー等」「凶器対策術、ナイフ&銃ディフェンス」 「逮捕術 拘束法 連行法など」 初心者から自衛官まで幅広く指導中、会員募集中 初回体験3千円から。特別セミナー別料金、申し込み詳細  お問い合わせはメールcqclabojapan@yahoo.co.jp ツイッター @CQC_LABO_JAPAN 練習場所 ほぼ毎日 「会場さいたま市」 個人指導 出張指導随時応相談。 ※会長は、柔道 剣道 空手有段者。  陸、海 自衛官に指導実績 多数有り。 「神秘行法学園 大宮ミステリースクール(武術 クンダリニー・ヨーガ 仙道 氣功 古神道 白魔術 潜在能力開発指導 UFO宇宙人研究」 (※初回受講者 会員の個人情報は秘守します!秘密裏に習いたい方も個人指導プライベートレッスン可能  Private class OK! 併設の東西堂鍼灸指圧整骨院で身体のケア 活法  故障の施術 怪我の応急処置も致します! 17歳でクンダリニー覚醒体験 超常現象に遭遇。




http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52008451.html

マンチェスターの自爆テロ報道の矛盾点

メディアが流した映像から別の偽旗テロ事件にも起用されていた少女が今回の自爆テロ現場でも起用されていたことがオルターナティブメディアで明らかになっています。また、以下の記事の通り報道内容が矛盾だらけということも分かってきました。
イギリスの総選挙前の偽旗テロ事件ですから、選挙に関係しているのでしょうか。それにしても、彼等のやり方は常にワンパターンで分かりやすいです。調査ジャーナリストなら報道や映像の矛盾点を簡単に発見してしまいます。
ISISは欧米エスタブリッシュメントによる偽旗テロ事件のツールです。

http://tapnewswire.com/2017/05/the-manchester-bomb-media-narrative-doesnt-fit-with-the-evidence/
(概要)
5月25日付け


オルターナティブ・メディアはマンチェスターの自爆テロについての見解を発表しています。

ネイサン・ストルプマン氏は、今回のテロ事件で犠牲者は誰もいないと伝えています(いつもの通り、クライシス・アクターが使われた。)。また、リアリティTVのビン・アーマニ氏によると、今回のメディアの報道内容は台本通りではなく編集されました。編集者がストーリーを書いたのであって作家が書いたのではありません。彼等は生の映像を観ながら勝手にストーリーを作ることができるのです。アーマニ氏は報道内容の信ぴょう性を検証しました。今回のテロ事件についての報道内容は矛盾だらけです。

 

メディアは怠けています。彼等は簡単にストーリーを作りニュースとして流します。政府がメディアの流すストーリーを書いているのです。

アーマニ氏が報道の内容を分析したところ、メディアが最初に報道したのは、単独犯による自家製の携帯爆弾(重量は120ポンド=約54kg)による自爆テロでした。このような爆弾は、軍事目的で使えるほどの原料で、爆弾を作るエキスパートが作ったのです。また、自爆テロができるメンタリティの持ち主でなければなりません。しかし軍事で最高レベルの爆弾製作者が自爆テロをやるわけがありません。また、犯行の様子を映したビデオが存在しません。自爆テロは必ず犯行の様子をビデオに残します。


犯人は22歳の英国籍の男だそうです。彼は爆弾を作っていません。このような爆弾を作ることができるのはアフガニスタンで任務に就いたことのある軍人です。なぜそのような人物がマンチェスターのアリアナ・グランデのコンサート会場を攻撃対象としなければならなかったのでしょうか。しかも一標的を狙って。


どうして彼等はこのコンサート会場を選んだのでしょうか。どうして重要人物や戦争関連組織を狙わなかったのでしょうか。

現場で犯人を特定するIDが見つかったそうですが、これもいつもの通りですね。こんなものは信用できません。このようなストーリーは政府が偽旗事件を実行したときの定番となっています。

軍事目的に使えるほど威力のある爆弾で自爆したなら、一瞬のうちに犯人の身体は消滅してしまいます。しかし彼のIDはちゃんと現場に残っていたようです。


また、20人を殺害するには巨大な爆弾が必要です。

ISISがこの事件に関わったと報道されていますがそれもかなり疑わしいです。彼等は殉教者についても爆弾についても語っていません。彼等は複数の爆弾を使い(自爆でない)爆弾テロを行ったと言っています。メディアの報道と違うことを言っています。


メディアは矛盾点を検証せずに簡単にストーリーを作っているのです。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52008482.html 

世界中の偽旗テロ事件はこのようにして準備されています。

マンチェスターの偽旗テロ事件の撮影シーンがリークされました。
以下のようにして事前に準備をしています。彼等はこのような準備をして世界中で偽旗テロ事件を起こし、世界中の人々を騙しているのです。彼等は何らかの目的を達成するために偽旗事件を起こします。
彼等はクライシスアクター(偽旗事件を演じる俳優たち)に犠牲者や警察を演じさせながら事件現場を創り出し撮影します。しかし複数のクライシスアクターを雇えば、誰かがその映像をリークするはずです。
今回もどうやらRT(ロシアTV)にリークされたもようです。しかもクライシスアクターの数にも限られているのでしょうか、同じアクターを二度使ったりしています。最初は犠牲者として、二度目は目撃者として。。。
ところが顔が同じなので同一人物だということは一目瞭然です。
バカらしくてやってられません。

http://investmentwatchblog.com/false-flag-filmed-ready-for-release-london/
(概要)
5月25日付け

イギリス、マンチェスターで起きた偽旗テロ事件の準備状況をお見せします。

彼等は事前に偽旗テロ事件の演技と撮影を行います。

米一般調達局は、SERCO社(英アウトソーシング会社)にお金を支払いクライシスアクターを探してもらっています。そしてSERCO社は世界中の再委託業者からクライシスアクターを派遣してもらっています。また、爆竹などを使って爆弾テロに見せかけ、クライシスアクターを犠牲者に仕立てあげながら偽旗事件の映像を事前に撮影します。

偽旗事件の(現場づくりの)準備が完了するとその映像をニュースで報道します。事件現場は学校、空港、モールなどにしておきます。

(1:07~)こちらはRT(ロシアTV)が公開した偽旗事件の映像です。ご覧の通り、何かが爆発しました。そしてヘッドホンを装着した大勢のクライシスアクターが床に横たわり犠牲者のふりをしています。彼等は(偽)爆弾や(偽)銃弾で攻撃されたふりをし血を流しているかのように見せています。

ヘッドホンは(偽)爆弾や(偽)銃弾の音から彼等の耳を守るためのものです。

この映像はイギリスのモール内のレストラン、空港或は他の場所で偽旗テロ事件を起こすために事前撮影されたものです。クライシスアクターはみな携帯電話を持っているのが分かります。

(1:46~)右側にいるのは(偽)特別機動隊員です。床に倒れているクライシスアクターもヘッドホンを装着しています。この後に救急車が到着して彼等を病院に運ぶことになっています。

(2:00~)大勢のクライシスアクターが呻きながら床にばたっと倒れています。これがマンチェスターで偽旗テロ事件を起こすための事前映像です。

彼等は、このような準備をしながら世界中で偽旗事件を起こしています。もし私がこの場面を目撃したなら、彼等の中に入っていきその様子を撮影するでしょう。もし彼等が私を見て悲鳴を上げたら私も彼等に向かって悲鳴を上げます。私はアメリカ人ですからこのようなガーベージに我慢がならないのです。この映像は編集後にイギリスのマンチェスターの偽旗テロ事件に使われることになります。

 

面白いことに、現場のクライシスアクターはみな携帯電話を持っていますからその様子を密かに撮影できる状態です。撮影後にその映像を欧米以外のテレビ局に送ることができます。

このように事前に撮影された映像は、アメリカが出資するデーモンと呼ばれるプログラムを介して委託会社に送られ、その後、世界中の各主要メディアに送られます。映像が完成すると、その数日後に偽旗事件が決行されることになります。今回はイギリスでした。

この情報を提供してくれたAble Dangerさん、ありがとう。

(3:35~)こちらはBBCの記事です。子供たちが爆弾の犠牲者になるのが日常の光景となったなどと見出しに書いてあります。。

(3:40~)こちらが大勢のクライシスアクターが床に倒れているシーンです。

(3:42~)こちらは速報です。イギリスでオペレーション・テンポラがスタートしました。

迫りくるテロ攻撃に備えてイギリスの各地に軍隊が配備されたと伝えています。

同時に事前に準備された偽旗テロ事件の映像がニュースで流されます。

(4:06~)こちらの2人の写真をご覧ください。左側はマンチェスターの偽旗テロ事件の犠牲者であり、右側の女性は事件現場(悪魔的なコンサートを行っていた会場)の目撃者として事件の悲惨さを泣きながら伝えています。しかしこの2人は同一人物です。

 

以下省略


















































アリアナ・グランデ演技悪魔

偽ニュース大イスラエル

スカル・アンド・ボーンズ影の政府
が起こした偽旗作戦なのか?


アリアナ・グランデ自爆テロ事件に潜む、「スカル&ボーンズ」

https://www.youtube.com/watch?v=05iizc92GAE&feature=push-u&attr_tag=d_fYFokzCaCxNMDe-6

322 = 創世記3章22節 (Genesis 3:22)




主なる神は言われた。
























主なる神は言われた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ