自衛隊陸軍 池田整治- THE DAVE FROMM SHOW
陰謀コーナー ベスト・セレクション 

※以下 池田整治氏 個人の主張なので真相は各自で考察、追求されたし!

311 
仕組まれた原発事故 
UFO 宇宙人
 https://youtu.be/Qc5InjcFcos @YouTubeさんから
 
「FACT2016」05 池田整治 2016.5.27
地下鉄サリン事件の陰謀 
池田整治(自衛隊の作戦幕僚。元陸上自衛官、最終階級は陸将補。
全日本実業団空手道連盟理事長) 

以下「池田氏の主張」
・オウムは単なる実行犯。 
 オウムを作った日本の組織を支配していたのは
CIA(アメリカの情報機関)。 
CIAは日本と北朝鮮をうまく使って金を搾り取る体制を作ろうとした。 
CIAと世界権力はオウム真理教を
使って日本民族を潰そうとした。 

・地下鉄サリン事件(1995年3月20日)はオウムを捜査していた特捜部の7人(池田整治を含む)を妨害するためにおきた個人テロ(池田整治らの通勤ルートが把握されていた) 

・地下鉄サリン事件でオウム真理教を捜査していた
自衛隊の情報幕僚(情報のトップ)が被害を受けて入院した 

・北朝鮮とオウム真理教は関係があった 

・朝鮮戦争がおきたときに韓国のバックにいるアメリカ軍を抑えるために日本を攻撃する必要があった。 

 オウム真理教の施設(山梨県上九一色村)にあった
ロシアの軍用ヘリにドラム缶1本分のサリン?を乗せて東京上空でバラまくと1000万人が死ぬ。 

そのときに秋田県能代市に北朝鮮の精鋭コマンド
1500人が小型船で上陸する計画があった。 

・朝鮮戦争がおきたときに日本の原発を攻撃する計画があった(原発を攻撃しないとアメリカ軍をおさえることができない) 

・地下鉄サリン事件の前年に長野県松本市でサリン事件(松本サリン事件)がおきた。 
 このときに松本サリン事件の土壌と異臭騒ぎのあった
オウム真理教の施設(山梨県上九一色村)の土壌が一致した。 

 それでオウムの施設(山梨県上九一色村)を強制捜査しようとしたが特捜部に捜査をストップする命令があって捜査できなかった。 

 捜査してれば地下鉄サリン事件を防ぐことができた。 
 (特捜部の捜査を妨害できるのはアメリカとアメリカの配下の自民党だけ) 

SPECIAL GUEST元自衛隊陸将補の池田整治
https://www.youtube.com/watch?v=npN_BuVY6E8
FACT「オウム真理教事件の真相
FACT「オウム真理教の尊師は麻原彰晃じゃなかった


FACT「熊本地震、自衛隊震源地の真相」
FACT「地震兵器」

FACT「自衛隊と政治の関係」
FACT「憲法改正と自衛隊の行方」
FACT「日中関係とアメリカの思惑」
FACT「今の日本には報道の自由はない」

FACT「9.11の真相」

FACT「アメリカによる戦後日本支配の裏側

FACT「明治維新とGHQ占領」
FACT「江戸時代が本来の日本」
FACT「坂本龍馬とジョン万次郎」
FACT「中国と北朝鮮の軍事力」
FACT「自衛隊の情報漏洩
FACT「日本のものづくりは世界一」
FACT「日露戦争、日本海海戦の真相」
FACT「ロシア軍の実力」
FACT「太平洋戦争で日本が負けた理由」

FACT「アメリカ留学という名の洗脳」



 

 日本はなぜ今でもアメリカの植民地なのか ?
https://youtu.be/u1o9jOdM8aI 
 

 



元自衛官 池田整治さん 緊急インタビュー
https://youtu.be/n3i3HES-vME 
2011/04/06 に公開

ゲスト池田整治さん
「真実を知れば、生き方が変わる」とおっしゃる池田さんは、
書籍『マインドコントロール1,2』(ビジネス社)で、
今回の未曾有の国家危機も想定し、対策を発信されてきていました。

東日本太平洋沖大地震について、自衛隊の活躍を抜きには語れない。
自衛隊出身で、天災、人災の国家的危機に、現地運用のトップとして活躍された池田さんならではの見解と今後の対策をうかがった。
また、「マインドコントロール」というと、一般にはなじみのない言葉であるが、国家間の戦術戦略としては、当然の仕組みであるという。
日本において、原子力発電の採用、また脱原発ができないと思いこんでいること
自体もひとつのマインドコントロールではないかと呼びかける


今まさに、世界が、日本の一挙手一投足に注目している。
日本人ひとりひとりが、真実の情報にふれ、判断、行動していくことが求められている。

(インタビュアー:菅原克行)