各場面キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/2124272.html

 
アルシオンプレヤデス53:2017
内分秘腺 松果体第三の眼
視床下部 下垂体
甲状腺 胸腺 副腎 膵
睾丸 卵巣
内分泌系AP53
     7つのチャクラ
チャクラAP53
人体 霊体の渦 ボルテックス
チャクラ渦AP53
瞑想の重要性 
瞑想AP53
宇宙意識に目覚める
AP53inner power
 
イルミナティナチズムAP53
予言雑誌エコノミスト
2017奇妙な予言
2017エコノミスト予言

Economist magazin
Economist編集長
エコノミスト編集長
ビルダーバーグ秘密会
政治家と富裕層の権力の
乱用、陰謀
http://bit.ly/2mdhbS1 
コズミック・ディスクロージャー:
「一なるものの法則」とSSP~悪の勢力
David: もちろん、もし彼らが名前を出したとすれば、それはきっと
外交問題評議会、三極委員会、
イルミナティ血筋の家系・・・
Corey: 300人委員会、
すべてのシンク・タンク・・・
David: 彼らがそれとなくほのめかしているのは明かですが、言葉には出しません。実際に彼らはある時、金融システムを運用している人達に言及しました。
Ra: 権力に溺れているこれらの人々の行動の結末について考えて頂きたいです。
David: それがここで示唆されています。権力に溺れている人というのはいうまでもなく、金融や世界政治の権力を手に入れて、オリオンのクルセイダー、つまりドラコを呼び寄せた人達でもあります。
Ra: この情報をあなた自身で識別するといいでしょう。
David: 彼らがためらうような質問をすると、彼らは答えを素直に教えてくれません。そこがブルーエイビアンズに似ていると思いませんか?
Corey: 確かに。
David: 何か似た例を挙げてもらえませんか?
Corey: ちょっと困りますね。プライベートの問題とかがありますから。
David: 分かりました。
Corey: でも彼らの返事はいつも、自由意志を侵害しないようにという配慮がなされています。もし彼らが与えた情報を、私たちが否定的な感情または間違ったやりかたで他人に伝えると、他人の自由意志の侵害について注意されます。
David: そういえば、以前の報告で、あなたがSSPの飛行機から降りようとして膝を怪我したとき、それを治療してもらえなかったということがありましたね。
Corey: ええ、あれはマヤ人のグループですね。
David: それはどうも何かの訳があって、あなたが受けた報いのようですね。
Corey: そうですね。
David: では、次に行きましょう。
Ra: 私たちは、このいわゆる惑星ゲームに干渉すべきではありません。
David: 彼らは一応ある程度のことを許容しているようです。実際に、収穫がうまくいくように、ガーディアンが采配をとってもよいと話しています。「収穫」はアセンション・イベントのことです。
でも殆どの場合、彼らは干渉をしたくないです。私たちが自力でやらなくては。
これもあなたの体験と同じですか。
Corey: ええ。しかも面白いことに、エリート達の多くはこの全体のことを「ゲーム」と呼んでいます。

 
David: そういえば以前あなたは言いましたが、NASAの創始者の一人と言われるジャック・パーソンズとL・ロン・ハバードは、バビロン・ワーキングという魔法儀式を行い、マジックサークルの中から何かの霊的生き物を呼び出そうとしましたね。
プライベートであなたから聞きましたが、これらの数日間にわたって行われた儀式は実際の所、非常に破壊的な影響を作り出したそうですね。
Corey: ええ、聞いた話によると、彼らはどこかへんぴなところで、たとえば今私たちがいるこのコロラドのボールダーでいうと、人目のつかない深い山の中で、彼らは集まり、円陣を組んで、何かの儀式を行うのです。
そして多くの場合、
円陣の中心にレプティリアンが

現れるのです。
ap53 従え 教育

食品会社 製薬企業の陰謀
MSG精神薬AP53
MSG化学調味料アミノ酸
グルタミン酸ソーダ味の素
精神薬で発狂
福島2号機原子炉に穴AP53
福島2号機原子炉に穴 
格納容器で最大放射線量
 
福島非常事態AP60

トランプ大統領
税金泥棒と戦争計画
バルカン化、ルーマニア
イラン包囲網の陰謀
イラン包囲網AP53
ケッシュ財団 UFO
フリーエネルギー
UFOイラン製
UFOケッシュ財団
フリーエネルギーケッシュ財団電球


シェンゲン、
国境の壁 
富裕層と貧困層の壁

米軍UFO TR-3B 
拉致事件 人体実験

TR3B

http://bit.ly/2mdhbS1
David: ここが面白いです。ここに書かれていることは実質的に、まず、クルセイダーが提供した技術情報というのは、まさに1930年代のドイツ・ナチスが受け取ったものでは?
Corey: 悪い連中がこの情報を授かったってこと?
David: ええ。
Corey: そうですね。
David: 実際に空飛ぶ円盤の技術を完成させる能力がドイツに与えられました。一方のアメリカはリバース・エンジニアリングで苦労したとあなたは言いましたね。
Corey: 一番の原因は、アメリカ側は完全に科学主義だったということです。彼らはこれらのオカルト主義の儀式を組み合わせなかったからです。
David: なるほど。
Corey: それに対してドイツ側はそれをやりました。彼らは試験機に様々なルーンや記号を書き写して儀式を行い、それを開発中の技術と組み合わせていました。
David: つまり、「一なるものの法則」の記述によれば、円盤にルーンや卍などの形を記したりすれば、技術を完成させるための情報を悪い連中からもらえるってこと?
Corey: ええ。昨日車の中で、ある有名な数学者について話したように、それによって数学や物理の情報を得ることが出来ます。これはポジティブな面でも働くものです。
David: ああ、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン(南インドの数学者)のことですね。
Corey: ええ。
David: なるほど。
Corey: 闇の側にも、光の側にも適用されるものです。
David: そのあと、彼らはマインド・コントロール・システムについての話を始めました。
彼らは自己奉仕のために他人を支配や操作する様々な方法について話しました。そのうちの一つは、いうまでもなく、惑星支配を可能にするためのUFOを製造し、地球侵略の偽装を可能にするための兵器を作ることです。
マインドコントロールについても話しました。
原子力
そこで彼は聞きました。
11.23 聞き手: 私たちはこうして原子力を手に入れたのでしょうか。
回答はちょっと面白いです。
聞き手: その意図は両方あるのですか?善意も悪意も。
Ra: その通りです。
この部分はなかなか面白いです。このやっかいで危険な動力源は部分的に悪意を持って与えられたというのです。なぜなら、悪用されれば大きなダメージをもたらすからです。
Corey: そうですね。レプティリアンの乗り物の多くは汚染タイプの動力装置を使っていると聞きました。
David: ええっ、そうなんですか?
Corey: ええ。彼らは放射能の悪影響を受けないのです。でも人間だと、そういう乗り物には長居できません。
David: あなたも知っていると思いますが、アメリカの発電所は大量の重水を使っていて、その廃棄物は巨大タンクに放置されているのです。
それに、彼らはこれらの発電所をすべてアメリカ中央の断層線に配置して、その断層線を狙うことで大災害を作り出す計画があったのですが、それが善意の存在に潰されました。
Corey: 少なくとも、それはずさんな計画でしたね。
David: ええ、でも意図的に見えます。
Corey: そうですね。
David: こいつらは本当に狂っています。
Ra: 科学者たちを集めた人達は両方の意図を持っていました。
科学者達の殆どは善意を持っていました。
David: その中には、アインシュタインも入っています。彼らは科学者達について話しています。
Ra: それに携わっていた科学者たちには善意の者も悪意の者もいますが、
一人だけ極端に悪意をもつ者がいます。
David: それが誰かは語られませんでしたが、推測しようとしても無駄でしょう。
でも興味深いことが読み取れますね。悪い連中に使われた最初の人達は善意を持っていて守られました。彼らの自由意志は守られました。そして彼らは大きなブレークスルーを遂げることが出来ました。
Corey: それは現在の軍産複合体の中でも同じです。エンジニアや物理学者、様々な科学者の多くは、自分たちが世界を救っていると思っています。自分たちは非常にいいことをしていると思っているのです。
David: ですね。
Corey: だから彼らは努力を注ぎ込んだのです。でも、上層部のほうで起きていることを彼らは知りません。彼らは知っておくべきです。

 
https://www.youtube.com/watch?v=x3s-_0IVMvU
 
2017/03/01 に公開

私達が、この文明の過酷な歴史において、最もデリケートで不確かな時を迎えていると説明することは、極めて重要である。

そしてたとえ多くの者達が未だ気づいていなくても、私達は偽りや、同じく策略、陰謀、そして無数の二重、三重の手管の世界に浸っている。

それらは権力の乱用をもって、長年私達に為されてきた、極秘のいまわしい力であり、私達をコントロールし、弱め、私達の人生を悪用する目的を持つ。

爬虫類人AP53ソロスエリザベス
イルミナティと爬虫類人の協定AP45隕石

爬虫類人支配を終わらせる決意AP39-6

それゆえ、本当のことと偽りのことを識別し、大多数の人々が通常行うように、見せかけにだまされないために、私達は認識力・意識を目覚めさせるべきだなのだ。
ロスチャイルド ロックフェラー同盟
ロスチャイルド 金 印刷
トランプ操り人形エリザベス ロスチャイルド ロックフェラー

世界権力の上層部から来る構想全ての中には、
ビルダーバーグ
ビルダーバーグ会議1954
ビルダーバーグ会議

ロスチャイルド家アニェッリ家といった世界的エリートと深く結びついた、イギリスの名高い雑誌『エコノミスト』
を研究するなら、2017年を開始する1か月前に販売された特別号の奇妙な表紙には、どうやら誰がアメリカ合衆国の次の大統領になるかについての予言的なメッセージがあったようなのだ。

だが、どうやって知ったのか?
もしかして、彼らは陰の政府の重要な一員であり、当然誰を権力の座に就けるか熟知していたのだろうか?

では、他の謎めいた予言については、何が言えるだろうか?
実際、この2017年のいわゆるトランプの世界に起こる何かを明らかにしているのか?

911トランプ証言AP53
それとも、背後でどのような秘密が生じているのか?
もしかして、実に深刻な何かを私達に予言しており
鎮静状態の人類は、それに気づかずにいるのか?


他方、ルーマニアやウクライナといった国々の暴動や民衆の蜂起を見るなら、もしかして闇の力は、ちょうど残忍なバルカン戦争で行い、良い結果を得たような形で、地球全体を『バルカン化』したがっており、そうして大量の壁をもって、欧州連合の分裂を達成し、シェンゲン圏を撤廃しようとしているのだろうか?

またその一方で同時に、経済および交易の衰退を実行し、
そうして全世界に想像を絶する
規模の貧困化を生み出すだろう。


実際、世界のできるだけ多くの国々を不安定にさせる必要があるのか?

その一方で人類は、背後にある、
計画された巨大な破たんの陰謀
の全てを知らずにいる。