中川昭一 新聞


中川昭一 治安維持法
中川昭一 財布




鈴木宗男 アメリカに逆らった政治家は潰される

https://www.youtube.com/watch?v=rxW5W6pINl0

清和会の政治家と経世会の政治家のその後…


(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰
清和会 東京地検特捜部
清和会 CIA系図
小泉純一郎竹中平蔵 国賊


転載https://www.youtube.com/watch?v=R5eIr...

衆議院:http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
参議院:http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/...

関連動画
在日韓国朝鮮人が放送業界を支配してる実態を
元外務省職員が暴露

https://www.youtube.com/watch?v=6ExwS...
【馬渕睦夫】「911」は誰が見てもおかしい?
_事前に爆弾

https://www.youtube.com/watch?v=6vFpk...

 




https://www.youtube.com/watch?v=60T8fBlklVM
中川昭一 日本の財布が目の前で盗られている
中川昭一 ゼーリック
中川昭一ゼーリック本官僚
ロバート・ゼーリックが中川昭一を失脚させた?
篠原尚之 消費税
玉木林太郎 ワイン



酩酊会見はCIAの手先に睡眠薬を
ワインに混入されて仕組まれた?
 







http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1196.html


中川昭一の屍体から化学兵器の「VXガス」???
 
 

マスコミの常として、中川昭一の死は「変死」とだけ、
デマ報道が行われている。報道規制が敷かれているため一切、
報道されていないが、
中川昭一の屍体からは化学兵器の「VXガス」が検出されている。
アジア極東での「老舗の毒ガス部隊=神奈川県キャンプ座間の
米陸軍第406部隊」直伝の毒ガス部隊がVXガスを装備し、
東京世田谷の中川の自宅まで深夜移動するのに要する時間は
極めて「短い」。

※このVX暗殺の情報源となるソースは存在するのか?
ネットで探してみたが見当たらない。

中国、朝鮮半島、ロシア等、アジア近隣諸国と「善隣関係」を
持とうとする政治家は、ことごとく「失脚させられて行く」。
善隣を嫌い、時に強硬論を唱える政治家だけが「生き残って行く」。


「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策した
北海道選出の、かつての「大物政治家」中川一郎は、
何者かによって入浴中、絞殺されている。

中川の秘書として、その「遺志」を引き継ぎ政治家となった
鈴木宗男は、斡旋収賄罪等で逮捕・失脚

中国訪問を行ったのが橋本龍太郎(元首相)であった。
「米国筋の命令に従わず、独自ルート」の中国とのパイプを
持とうとする勢力

この橋本訪中を「水面下で準備・段取りした」のが、
日本の政界キッテの中国通、中国人脈の持ち主=二階俊博・
元経済産業大臣であった。

 こうした米国CIA筋に「従わず」、別ルートで日本の
「対中利権」を開拓しようと試みる政治家は、親中派・加藤紘一
のように、政界での冷遇の連鎖の末、失脚させられ、後に自宅を
焼き討ちに会う等の、「不思議な顛末を遂げている」。
橋本龍太郎も、元首相の身でありながら、
「何者かによって毒殺」されている。

インドネシアから日本への原油輸入に動いた田中角栄が
ロッキード事件で逮捕・下獄

小泉政権時代、小泉首相(元)は、米国筋の「命令に従い」、
靖国神社に参拝し続けた。目的は、参拝によって
「日本と中国の関係を険悪化」させ、日本企業の中国進出を「防ぎ」、
その動きを「遅延化させる」事にあった。

この日本の国益を損なう売国行為に対し、
「感情的な反中国という、国際政治に無知な、土着民的、
前近代的なヒステリー=賛同の大合唱」を行ったのが、
日本の保守・右翼(ネット右翼)勢力であった。
この日本の保守・右翼(ネット右翼)勢力の「存在目的」は、
諸外国に「日本の国益を売る=売国」である。

愛国主義の本質は、売国主義である。

※下記のオルタナティブ通信?というサイトの記事の信憑性もよくわからない

http://alternativereport1.seesaa.net/article/162817951.html


鈴木宗男・有罪判決を出した「最高裁判所=売国組織の真意」


 中国の最大手銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行は、
株式上場する際、全て米国の銀行に主幹事の担当を依頼し、
米国に「事実上、手取り足取り」指南してもらい株式公開を行っている。

特に中国工商銀行は、ロスチャイルドのゴールドマンサックスから
26億ドルもの出資を受け、株式上場を「果たして」いる。

こうした中国の経済・金融界と米国、ロスチャイルド資本の一体化は、
日本の小泉政権時代に、「密かに」進行した。

 小泉政権時代、小泉首相(元)は、米国筋の「命令に従い」、
靖国神社に参拝し続けた。

目的は、参拝によって「日本と中国の関係を険悪化」させ、
日本企業の中国進出を「防ぎ」、その動きを「遅延化させる」
事にあった。
中国市場の「ウマミのある部分」を、全て米国資本が奪取し
「終わるまで」、経済・金融力のある「日本に中国進出して
来られては困る」という米国筋の「意向」を受けての、
「靖国参拝」であった。

この日本の国益を損なう売国行為に対し、
「感情的な反中国という、国際政治に無知な、土着民的、
前近代的なヒステリー=賛同の大合唱」を行ったのが、
日本の保守・右翼(ネット右翼)勢力であった。
この日本の保守・右翼(ネット右翼)勢力の「存在目的」は、
諸外国に「日本の国益を売る=売国」である。

愛国主義の本質は、売国主義である。

 小泉時代の中国との「冷戦状況」に対し、
郵政民営化への反対=「嫌がらせ」の意味も込め、
中国訪問を行ったのが橋本龍太郎(元首相)であった。
「米国筋の命令に従わず、独自ルート」の中国とのパイプを持とう
とする勢力が日本に存在する事を、中国側に知らせる意味もあった。

この橋本訪中を「水面下で準備・段取りした」のが、
日本の政界キッテの中国通、中国人脈の持ち主=二階俊博・
元経済産業大臣であった。

 こうした米国CIA筋に「従わず」、別ルートで日本の
「対中利権」を開拓しようと試みる政治家は、親中派・加藤紘一
のように、政界での冷遇の連鎖の末、失脚させられ、
後に自宅を焼き討ちに会う等の、「不思議な顛末を遂げている」。
橋本龍太郎も、元首相の身でありながら、
「何者かによって毒殺」されている。

 金丸信という師匠譲りの、太い北朝鮮パイプを持つ民主党・
小沢一郎は、「日本の建設業界にとっては必須であり、
また膨大な量を必要としている、北朝鮮からの建設工事用ジャリ石
・砂の輸入利権」を独占している。
小沢の政治家としての安定的な政治資金は、
「土建屋政治家としては」、ここから出て来る。

米国CIA筋とは一線を画し、日本にとってのアジア近隣諸国との、
「独自ルート」を持つ政治家が、橋本龍太郎、加藤紘一に続き、
西松建設違法献金事件等で、小沢一郎、二階俊博と、
次々に「葬られて行く」。

 「米国石油メジャーとは別口ルートで」、インドネシアから
日本への原油輸入に動いた田中角栄がロッキード事件で逮捕・
下獄「させられた」事は、まだ日本人の記憶に新しい。

同様に、「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を
画策した北海道選出の、かつての「大物政治家」中川一郎は、
何者かによって入浴中、絞殺されている。

中川の秘書として、その「遺志」を引き継ぎ政治家となった鈴木宗男は、斡旋収賄罪等で逮捕・失脚させられ、今回、下獄の憂き目を見ることになる。

そして、絞殺された中川の息子として父親の意志を継いだ中川昭一・元財務大臣は、何者かによって薬物を「盛られ」、
国際会議において「ロレツが回らない失態を世界中に報道され」、失脚させられた。

この失脚「劇」に怒り狂った中川昭一は、事実関係を調べ上げ、
確実な証拠をツカミ、米国スジによる「毒盛り」であった真実の公表を準備し、自己の汚名を返上する活動を水面下で展開していた。

その活動の最中、中川昭一は自宅の寝室で
「何者かによって毒殺されている」。


マスコミの常として、中川昭一の死は「変死」とだけ、
デマ報道が行われている。
報道規制が敷かれているため一切、報道されていないが、
中川昭一の屍体からは化学兵器の「VXガス」が検出されている。
アジア極東での「老舗の毒ガス部隊=神奈川県キャンプ座間の
米陸軍第406部隊」直伝の毒ガス部隊がVXガスを装備し、
東京世田谷の中川の自宅まで深夜移動するのに要する時間は
極めて「短い」。

中国、朝鮮半島、ロシア等、アジア近隣諸国と「善隣関係」を持とうとする政治家は、ことごとく
「失脚させられて行く」。

善隣を嫌い、時に強硬論を唱える政治家だけが「生き残って行く」。

オバマ政権のブレーン=ジョセフ・ナイの「対日戦略文書」の計画通り、
日本と中国・朝鮮半島との「熱戦・冷戦」戦略の
意図のままに、
日本の検察、マスコミ、司法=裁判所の売国組織は
「家畜の番犬」として動かされている。


http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/378.html

21. 2010年9月20日 
中川氏の遺体発見時、嘔吐物が認められたが、これはサリン同様、神経ガス特有の症状でもある。そして身体には直接痕跡を残さないという特徴もある。

中川氏の遺体、血液検査が行われたのは事実だが、小沢氏、宗男氏の受けた、検察、裁判の実態を見るまでも無く、一議員の遺体検査結果を、何事も無く、恣意的に”捻り潰す”ことなど、朝飯前。

今現在ハッキリ言えるのは、中川氏の死因は「不明」ということだ。「不明」何と便利な言葉だろうか。
 

ちなみに中川氏の遺体は、司法解剖ではなく、事件性が無いと判断された場合の行政解剖である。ここでも既に、日米国家支配組織(実行は東洋人種)による完全犯罪隠蔽プレーが確認できる。
 

腰痛以外特に持病も無い人間が、まして酒豪の者が急性アル中などで死に至るなど絶対に有り得ない。心臓、脳、その他にも異常は無かった。

死亡時56歳、普通に健康な人間がそう簡単には死ぬことは無い。

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/905.html 
小渕元首相「暗殺説」の点と線  
殺された代議士は何を知っていた------!?

重なり合う「3人の死」の影
こうした秘密主義から生じた疑惑は小渕首相〝暗殺説〟にまで発展する。アメリカで医師となった人物は語る。
「診療経過を見ると自然に発症したようには見えないのですよ。問題は脳梗塞から出血性梗塞になった。つまり溶けた血の塊が血管細胞から漏れ出して止まらない状態になり、容態が急激に悪化した。こういう状態を見るとどうも人工的な薬が予め使われたのではないかと疑いたくなるものです」
この医師によればCIAが暗殺に用いる〝F〟という薬が存在するという。この〝F〟は確実に脳梗塞を引き起こす薬で、それが使用された可能性は否定できないと語った。

さらに「小渕が倒れたのは向島の料亭」という怪文書が流れた。
≪「4月1日、小渕首相が病気で倒れる直前の夕刻、小渕首相は向島の料亭で〝数人〟を相手に〝激論〟を闘わしていた。登場人物はフィクサ-・福本邦夫ほか、複数の〝右翼関係者〟、野中幹事長、鈴木宗男総務局長、小沢一郎党首ら数人の政界関係者だった。そしてこの日のテ-マは、北朝鮮との国交回復と戦後補償も含めた経済援助だった。この日の〝激論〟の原因は、北朝鮮への援助が当初予定の5兆円が3兆円アップされ、コメ援助の1兆円も含めて合計8兆円を〝主張〟する野中、鈴木両者に対して、当初予定通りの5兆円でも多すぎると反対する小渕、小沢両者の〝対立〟からだった。こうしたことから永田町の一部で、今年4月の〝小渕緊急入院は、この向島の密談ではないか〟と噂された訳だ。」≫

小額面通り受け取るのは危険だが、偽名による入院と一国の首相を食材運搬車で運んだことを鑑みれば、この怪文書は俄然真実味を帯びてくる。
筆者がこの料亭を調べようと向島へ向かった時のことである。
「4月2日の午前4時ごろ、世田谷から代議士風の人を乗せたんですよ」
乗車したタクシ-の運転手が話し出した。その人物が向かった先は小渕首相が入院中の「順天堂病院」だった。

「お客さんは携帯で向島でどうしたこうしたという話をしていて、『記者に見つからないようにタクシ-で来い』というようなことを話していました」
運転手によれば、その人物の風貌が02年10月25日に刺殺された民主党・石井紘基 議員に似ていたという

石井議員は、5人組の密談により誕生した森政権を批判する急先鋒だった。しかし、02年10月25日午前10時過ぎ、自宅前で自称右翼・伊藤白水なる人物に刺殺された。事件の後、ある民主党議員は筆者に語った。
「石井代議士が追究していたのは自民党の大物議員の政治資金問題だと聞いています」

石井議員は週刊誌の記者に「自民党がひっくり返るネタがある」と話していたという。小渕首相の怪死と森政権の誕生までの〝黒いプロセス〟にその影がちらつく石井議員の存在・・・・・・彼は何を告発しようとしていたのか。

4月1日午前10時ごろ、小渕首相の後を引き継いだ森喜朗の派閥の事務局長が急死している。様々な事情を知る事務局長が急死した夜、小渕首相が脳梗塞で倒れたのは、ただの偶然だろうか?奇怪な事件と3人の死は全て一本の線で繋がっている------筆者にはそう思えてならないのである。

取材・文  永島雪夫


実話GONナックルズ 2007 4月号









 
橋本龍太郎氏が
「米国債を売ろうという誘惑に
駆られたことはある」

 と発言後 CIA工作員が暗殺?
http://bit.ly/2laB080

橋本龍太郎元総理は米国に毒殺された?

大物右翼などからの情報によると、橋本龍太郎元総理は米連銀組に毒殺されたそうだ。橋本元総理の元秘書は「橋本は原因不明の腸の病気で亡くなった」と語る。彼は日本の外貨を永遠に続く米国の戦争以外の目的のために使いたかったために殺されたようだ。

米連銀組が暗殺した国の指導者のリストの一部は以下だ:ルーズべルト大統領、ケネディ大統領、イランの王様、マルコス大統領、サダムフセイン、イタリアのアルドモロ総理、など。日本では:小渕、大平、田中、竹下、橋本。

米国は現在犯罪的な精神病を患っている米連銀組という悪魔教組織に支配されている。彼らは権力を維持するために50億人を殺そうとすることををまだ諦めていない。オバマ大統領も彼らの奴隷である。

このグループは私のことも三度暗殺しようとした。彼らは地球の癌である。手術をするしかないかもしれない。

Former Japan Prime Minister Hashimoto was murdered by the US senior yakuza say

Former Prime Minister Ryutaro Hashimoto of Japan was murdered by the US, according to two of Japan’s most senior right wing power brokers (or yakuza). A poison was inserted through his anus by a female agent. The poison caused his entire digestive system to rot. His former secretary also confirms Hashimoto died of “an unknown intestinal disorder.” His crime was to try to use Japan’s overseas financial assets for something other than financing the US war-machine.

Other heads of state murdered by the Federal Reserve Board crime syndicate include: President Roosevelt, President Kennedy, the Shah of Iran, President Marcos, President Saddam Hussein, Prime Minister Aldo Mori, Prime Minister’s of Japan Obuchi, Ohiraha, Tanaka, Takeshita and Hashimoto. This is just a partial list.

The United States in under the control of criminally insane mass murderers belonging to a Satan worshipping cult. International society must remove them from power before they can carry out their planned genocide of 5 billion people in an effort to cling on to power. Obama is their slave, he is not a savior.

By the way, they tried to murder this writer three times. Perhaps it is time for the Chinese to play their deck of cards.


橋本龍太郎 中


犬丸勝子

https://www.youtube.com/watch?v=OEpViLUdTO0



石井紘基著 日本を食い尽くす寄生虫