UFOAPN58ロシア大将

フェイク CGも混ざってるのか?



アメリカ軍のハイテク特殊戦闘機TR-3B
墜落した異星人の宇宙船から
リバース・エンジニアリング?
エリア51で開発?
動力源と武装はどうなっている?
反重力エンジン搭載?
電磁波スカラー兵器搭載?
音響兵器 洗脳兵器搭載?
ビーム兵器搭載?
湾岸戦争で実戦投入?
 

http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/2121040.html

驚異的な雲 発光現象を数例紹介
自然現象か?
それとも異星人の宇宙船と関係があるのか?
UFO雲3分割
UFO雲コスタリカ
http://bit.ly/2lAOvl4

そしてこれは雲に隠れたプレアディアンの
ライトシップです。
コスタリカのサンホセに現れました。

そこはプレアディアンの主要な
エネルギー・ボルテックスです。by COBRA

 http://www.epictimes.com/2015/09/mysterious-iridescent-cloud-phenomenon-spotted-over-skies-in-escazu-costa-rica/

 Victory of the Light!
https://www.youtube.com/watch?v=jAcAMfwBRZY
 

 

 


http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/02/etheric-liberation-update.html

エーテル界解放瞑想・続報

2017年2月26日
エーテル界解放瞑想の時間が刻一刻と近づいています。瞑想への参加を決断した人数がどんどん増えていくのにつれ、エネルギがますます高まり、勢いづいています。
この瞑想の数日前から、特にアジアでは、
虹色のクラウドシップという形で空に数多くの兆候が現れました。

この我々の努力を光の勢力が支援を表明しているのです。
どれだけの人数が我々に加わるか、この瞑想がどれだけ惑星の情勢に影響を与えるか、瞑想が始まる(日本時間では23時55分)までの残り時間が大きく左右することになります。そのため、皆さんには是非この瞑想のことをなるべく遠くまで、多くの人に広めて頂きたいです。これを拡散するのにうってつけなのは、YouTubeの動画です。すでに25カ国語に翻訳されています。
以下 TOCANA より転載

自然現象か、UFOか、HAARPか?
リアル『インデペンデンス・デイ』
のような雲が激写される!
http://tocana.jp/2016/10/post_11297.html 

地球上の各都市に突如巨大な雲が現れ、大地を影で覆い尽くす。そして、群衆が呆然と見つめるなか、ビルにぶつかりそうなほど低空をゆっくり移動する雲の中から、直径24キロに及ぶ巨大UFOが姿を現す――。1996年の世紀末的SF大作『インデペンデンス・デイ』の印象的なUFO登場シーンだ。

 この『インデペンデンス・デイ』を彷彿とさせる、まるでUFOが隠れているかのように奇妙な動きを見せる雲は過去にトカナでも報告したように、度々発見されている。


■UFOか!? 不吉な形状の雲が撮影される

 今月10日に南カリフォルニアで捉えられた雲もまた、見る者に不吉な印象を残す雲だ。動画を紹介しているのは、UFO情報サイト「UFO Sightings Daily」で、UFO研究家スコット・ウェアリング氏は記事内でUFOだと断定しているのだが、果たしてこれは『インデペンデンス・デイ』のように雲をまとったUFOなのだろうか。まずは問題の動画をご覧いただきたい。

今月10日に南カリフォルニアで捉えられた雲 動画は「YouTube」より

 動画では、真っ青な空に薄くかかった雲の中に、明らかに異様な楕円形の模様が確認できる。さらに、次のシーンでは形状を変え2つに増えているではないか。また、この楕円形の雲が発生する様子も捉えられており、これを見る限り、ウェアリング氏も指摘するように、これが雲の中にできた模様ではなく、独自に生まれ、その後雲に覆われたことがわかる。周りを流れる雲とは動くスピードが違うのだ。

 このような形状になった理由として、ウェアリング氏は「(楕円形の中心線に沿うように雲ができるのは)UFOの中心部分が突き出ているためで、外側の縁部分がくっきりしているのはUFOと周囲の雲のスピードの誤差により生じているのではないか」と憶測している。

 確かに不思議であり不気味な光景ではあるが、はっきりとUFOの姿が確認できるわけではなく、これがUFOだと断定する根拠としてはやや弱い感も否めない。動画に寄せられたコメントにも「これはUFOではなく、(人工地震を起こすと噂されている)HAARPによるものではないか」といったものや「私にはUFOではなく、空に浮かぶ女性器にしか見えない」などUFO説には懐疑的な意見も目立っている。

holesinthesky1.JPG
画像は「YouTube」より

 自然が作った偶然の産物とは考えにくいが、かといってUFOによるものだと即断するには疑問が残る。謎多いこの楕円形状の雲をどう判断するかは読者に委ねる他ないが、この雲の正体について考える材料になるかもしれない、よく似た現象が、イギリス・ボーンマスで発見された。

 【衝撃】UFOが雲に完全偽装! 自ら雲を作り、その中に隠れる瞬間が激写される http://tocana.jp/2016/11/post_11339.html 
 
トカナでは、これまでにも雲にカモフラージュするUFOを何度もお伝えしてきたが、またしても完璧に擬態した円盤UFOが激写されたとの情報が入ってきた。

 問題の動画が公開されたのは、昨年12月UFO研究チャンネル「Alien Sightings」がYouTubeに投稿したのが最初のようだが、今月に入り英「Daily Star」紙が取り上げたことで、話題が再燃している。詳しい撮影場所は判明していないが、動画のキャプションによると北米で撮影されたものであるようだ。

 ともかく、その完璧な擬態っぷりをご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
cloudufo1101_02.jpg
画像は「YouTube」より引用

 時間は夕方ぐらいだろうか、雲の切れ間から何やら円盤のようなものが見え隠れしているのが確認できる。その形は他の雲とは違い、どこか「個性」が感じられはしないだろうか? 映像からはこの機体が飛行しているのか、ホバリングしているのか判別しづらいが、ドローンや飛行機とは明らかに違うことだけは確かだ。一体この物体は何なのだろうか?

「Daily Star」は、有名UFO研究家のスコット・ウェアリング氏の言葉を引用しつつ、UFO説を支持する構えのようだ。

「UFOは自ら雲を作り出して、その中に隠れることがあります」(ウェアリング氏)

 すると、動画に映っている大量の雲もこのUFOが生み出したというのだろうか……? 確かにウェアリング氏の指摘は鋭いかもしれない。先日トカナでもお伝えしたが、人工的に雲を生み出すことは技術的に可能であると未来学者でニューヨーク市立大学教授のミチオ・カク氏が米「CBS」のニュース番組で発言している。そのためには、超高電力のレーザーを大気中に照射する必要があるが、プラズマをエネルギー源にしていると噂される宇宙船ならば不可能なことではないだろう。

 円盤自体も白いことから、機体の周囲に雲をまとっていることも考えられる

昨年7月には「
高速で移動するゼリー雲型UFO」が目撃されている。

どうやら、宇宙人の技術では、雲を周りに作り出すだけでなく、機体にまとうことも可能なようだ。

cloudufo1101_03.jpg
高速で移動するゼリー雲型UFO「Express」より引用

そのことは、今年6月にコロンビアに出現した、映画『インデペンデンス・デイ』を髣髴とさせる「超巨大UFO」に顕著に現れている。規模こそ違うが、機体の形状に沿うように雲をまとう姿は、今回撮影されたUFOとそっくりではないだろうか? しかし、これほど大量の雲となると、カモフラージュとして機能しているか疑問ではあるが……。

 

雲でカモフラージュするUFO(コロンビア)「YouTube」より引用

UFOは雲に擬態するほかにも、光学迷彩のような透明化カモフラージュを用いることもウェアリング氏などが指摘している。UFOのカモフラージュ機能が低下する時間帯は、早朝と夕方。朝焼けや夕焼けで光の屈折がうまく出来ず、その姿を現すそうだ。

トカナでもお伝えしてきたように、東京の空にもUFOは出現している。興味のある読者は、そのぐらいの時間帯に空を眺めてみるのも良いかもしれない。
(編集部)
参考:「Daily Star」、「YouTube」、ほか

UFO南極航空機関士語る
UFO SUN suitoru
UFOの目撃AP NEWS
UFO AP55england
UFO-Fukushima2016-1121_640x360
 
UFO SUN suitoru

UFO SUN EAGLE
UFO木星
UFO沖縄
UFO偽旗作戦


UFO APN58巨大青い球体NASA
UFO何だこれ
UFO何だこれ人間に見えていない



 


UFO mothership portal in Turkey
 

 
銀河連盟とアガルティの同盟者達は、細胞、心理、内面を修復し、再構成を行い、できる限りの広範囲な遺伝的変異を行うという急を要する任務に従事している。もしその努力が深く、また本当に誠実な感情-事実の下に日々のポジティブで重要な貢献をもって行われるなら、その結果は私達のコスモスの起源へ帰還するよう私達を導くだろう。
最も暗い闇の操作者らは、不正にも公然と私達の基本的な-星の遺伝子を修正したことを思い出そう。だが、今や再コード化するプレヤデス人の助けをもって、原初の構造が明らかな心理-遺伝的差し替えに入っている。だがこれは、協力することで、また粘り強さ、決意およびたゆまぬ努力を発育することによってのみ達成される。
問題は、私達が容易にリラックスし、無関心になることだ。実際内面的な心の美徳により大きな栄養を与えるなら、このことは、同時にまさに行われつつある遺伝的変異をもって、退化した力が私達に種まき、現在では私達が大いに進化させたそれらの恐ろしいネガティブさを減らしていくだろう。
同じく、人類は皆実に完全な遺伝子地図を持つと知ることが肝要だ。私達を助け、導くその星の助言-指導から、各自が日々行うその進化-進歩に応じて、完全にそれを解読することができるだろう。
ビデオ制作:アルシオン
UFO NAZI real

TR3B

cloud SHIP

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/02/pfc-interview.html

クラウドシップ~エーテル界の母船
Lynn – さっきの雲の写真は届きましたか?
COBRA – はい、いま開いているところです。どんな質問ですか。
Lynn – 参考リンクはこちらです。
このような雲について何か教えて頂けませんか。

 COBRA – これはクラウドシップですね。クラウドシップはエーテル母船の周りに集まる雲のことです。物質界でエーテル宇宙船を視認できる方法の一つです。これはいま進行しているソフト開示の一つの形態です。
Lynn – この丸い物体はかなり長い痕跡を引きずっているようですが、宇宙船と関係ありますか。排気でしょうか。この痕跡は何ですか?
COBRA – 雲の形は母船の形を完全に反映しているわけではありません。雲の形は、自然の力や湿度、風の方向など他の要素によって決まります。母船の基本的な形状はそれでも識別可能です。(訳注:つまり、長い痕跡は風や湿度・慣性などによるものという意味だと思います)