日本戦闘術協会(CQC近接格闘術 逮捕術 武器術指導※自衛官割引 )東西堂鍼灸指圧整骨院(健康保険 腰痛 スポーツ傷害 自賠責交通事故治療 在宅医療マッサージ取扱 AKA療法)潜在能力開発

CQC-LABO-NIHON 近接格闘術新技開発研究所(最新戦闘術と伝統武術の融合) 東西堂鍼灸師圧整骨院(健康保険 自賠責交通事故 在宅医療マッサージ取扱) 武術道場「練武館」さいたま市  総合戦闘術 軍隊格闘術「陸上自衛官 海上自衛官 格闘術教官プロボディガードへの指導実績有り」 ホームページ http://cqclabojapan.wixsite.com/touzaidou (東西堂 在宅医療リハビリ鍼灸マッサージ 交通事故自賠責治療)http://blog.livedoor.jp/touzaido/ 護身術 現代忍術 埼玉 練武館 CQC-NIHON 近接戦闘術研究会 (※学校などのイジメや誘拐 ストーカー 通り魔 強盗など 犯罪者が氣掛かりな お子様から高齢者まで ※個人指導ならでは の指導方法で、各人の身体能力 御要望に応じて丁寧に指導します。) 自衛官 消防官 法執行機関職員 芸能人への個人指導有り※個人情報秘守) 一般民間人 武術初心者へは基礎から丁寧に護身術から指導します! CQC(Close Quarters Combat 近接格闘術)軍隊式総合戦闘術 徒手戦闘術、ダーティボクシング COMBAT-MMA、拳法 柔術 現代式忍術 キャッチレスリング「各種武器術、警棒術 六尺棒 剣術、小太刀、ナイフ戦闘術(ダガー カランビット マシェット ナイフボクシング) クボタン、トンファー等」「凶器対策術、ナイフ&銃ディフェンス」 「逮捕術 拘束法 連行法など」 初心者から自衛官まで幅広く指導中、会員募集中 初回体験2千円から。特別セミナー別料金、申し込み詳細  お問い合わせはメールcqclabojapan@yahoo.co.jp ツイッター @CQC_LABO_JAPAN 練習場所 ほぼ毎日 「会場さいたま市」 個人指導 出張指導随時応相談。 ※会長は、柔道 剣道 空手有段者。  陸、海 自衛官に指導実績 多数有り。 「神秘行法学園 大宮ミステリースクール(武術 クンダリニー・ヨーガ 仙道 氣功 古神道 白魔術 潜在能力開発指導」 (※初回受講者 会員の個人情報は秘守します!秘密裏に習いたい方も個人指導プライベートレッスン可能  Private class OK! 「CQB指導は当会初段以上!」 併設の東西堂鍼灸指圧整骨院で身体のケア 活法  故障の施術 怪我の応急処置も致します!

おぞましい犯罪者ども!
欧米植民地主義の凄まじい実態─学校が教えてくれない戦争の真実 
白人侵略者による先住民大量虐殺
https://youtu.be/MOwj5i7jlu8 



児童虐待 BBC
 表の顔はBBC人気司会者 
裏の顔は小児性愛犯罪者



児童虐待を告発されたイギリスの深刻な

悪魔的犯罪者集団 

偽善者の仮面を被った王室関係者や

政治家 芸能人 BBC人気番組司会者

https://www.youtube.com/watch?v=cObnTp6e2Wg
 

イルミナティ悪魔崇拝カルトの小児虐待儀式を告発

元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン


https://youtu.be/B83TVnEZeQY @YouTubeさんから




http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51992143.html
 
世界最大規模の小児性愛犯罪組織が明らかになりました。

世界的規模の小児性愛犯罪組織の1つが明らかになりました。
7万人の会員がいるそうです。もちろん、欧米が中心ですが。。。
これだから、世界がよくならないのです。

このように性的犯罪者、サイコパス、精神異常者、悪魔崇拝者が、世界を支配しているのですから。

世界のエリート層は、犯罪組織によって拉致された子供たちを買い、自分の性欲を満たすために彼らに対する性的虐待をくり返しています。

以前、カナダでも大量のネイティブの子供たちが拉致され殺害されたことがあきらかになりました。彼らは小児性愛犯罪の被害にあい、最後には生贄として殺害されました。。


カナダの政治家、宗教家、エリザベス女王もこの犯罪に関与していたそうですが、誰一人として逮捕されません。

今回は670人の容疑者が特定されたようですが。。。7万人の会員のうちのほんの一部です。7万人全員が特定され逮捕される時が来るよう願ってやみません。

今回発見された小児性愛犯罪組織のネットワークは、いかにも、左翼っぽい、ニューエイジっぽい組織が運営するサイトを介して繋がっていたようです。
その背後には数々のイルミナティ秘密結社が存在します。


http://beforeitsnews.com/alternative/2016/08/vt-exclusive-largest-pedophile-ring-in-history-70000-members-heads-of-state-the-rats-scramble-3403618.html
(一部のみ)
8月24日付け

NBC News:から


そして230人の子供たちが救出されました。

水曜日にインターネット上に巨大小児性愛犯罪ネットワーク

       (7万人の会員がいる)


が存在することが警察の捜査で明らかになったと報道されました。

これは世界最大規模の小児性愛犯罪組織です。

欧州警察機関のユーロポル(Europol)によると、彼らの救出作戦にて、30ヵ国で670人の容疑者が特定され、230人の被害者(子供たち)が救出されました。今後もさらに多くの被害者(子供たち)が発見、救出されるしょう。

インターネット上の小児性愛犯罪組織ネットワークは主にFree Energy Communityのウェブサイト(フランスのパリ、オランダ、ベルギーが拠点)を介して繋がっています。

ただし、記事の中で伝えられていないことがあります。この小児性愛犯罪組織(Red Circle)は、

以下の秘密結社によって運営されているということです。

ビルダーバーグ
 
サント・ウベルトス

連邦主義結社?(Federalist Society)

ローマのマルタ騎士団

CFR外交問題評議会

FRB連邦準備銀行

NATO

ベルギーとオランダの王族

アメリカ合衆国最高裁判所(SCOTUS )

エリザベス カナダ原住民殺人


http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col99982.html


エリザベス女王とバチカンによる
モホーク族子供達大量虐殺が
カナダで明らかに
Alfred Lambremont Webre

独立系メディア 
E-wave Tokyo
掲載月日:2013年2月28月


 以下はモホーク族の子供達の大量虐殺に関する市民法定審理の関連論考(2011年10月8日)です。

◆エリザベス女王とバチカンによ

るモホーク族の子供達の

 大量虐殺がカナダで明らかに

   -By Alfred Lambremont Webre, JD, MEd (2011年10月8日)
    カナダのブラントフォードにて

 モホーク族の為に1970年に閉鎖されるまで英国国教会とバチカンによって運営されていたモホーク研究所の寄宿学校内で、

モホーク族の子供達の集団墓地が
地中探知レーダーによって発見された。



地中探知レーダー

 教会と国家の犯罪国際法廷(www.itccs.org)の秘書であるケビンアネット-牧師によると、モホーク族の研究所は1832年、イギリスの英国国教会によってモホ-ーク族の子どもたちを投獄し、命を奪う為に設立された。

 カナダで最も早く設立されたこのインディアンの寄宿学校は、1970年まで続いた。そして全寮制学校に入れられた子供達の半数以上はけっして戻る事はなかった。子供達の多くは学校の周辺に埋められている。

 地中レーダーによるスキャンによりモホーク研究所本館を閉じることになったが、1970年にモホーク研究所が閉鎖される直前、モホーク族の子供達の集団墓地の存在をカムフラージュし、またジュネーブ条約、国際刑事裁判所および協力国の裁判所などに大量虐殺と人道に対する罪で追訴される事を回避する為に15から20フィートの土が運び込まれ、集団墓地の上にかぶされたとモホーク族研究所は明らかにしている。

 今年(2010年)の10月下旬、ベルギーのブリュッセルとアイルランドのダブリンにて「教会と国家の犯罪に関する国際法廷」(ITCCS.org)は、司法手続を開始する予定である。

 法医学的な証拠によると、この司法手続きは、人道に対する子供達への大量虐殺の罪を審理するためとされている。

故意に子供の大量虐殺計画と隠蔽工作に参加したとされる

カナダと英国国教会のトップであるエリザベスウィンザー

と教皇ヨセフラッツィンガーらに対してこの司法手続は進められている。


 裁判の公判は、もともとイギリスのロンドンで開催されるとされていたが、英国政府は理由もなしに犯罪に関する国際法廷の国務長官と主要な法律家とスタッフへの入国を拒否した。

 モホーク研究所内での地中探知レーダーによって発見されたモホーク族の子供達の大量埋葬地は、目撃者であるウィリアム・クームズのビデオテープ証拠にもとづくものである。

 それは1964年10月、カナダと英国国教会のトップであるエリザベス・ウィンザーがブリティッシュコロンビア州にあるカムループスの先住民学校を訪れ、10人の若い先住民の子供達を選び彼女の足にキスをさせている。伝えられるところによると湖のピクニックと称して彼らを学校から連れて行ったというものだ。

その10人の先住民の子供達は、決して姿を見せることはなかった。エリザベス・ウィンザーに対する「子供達の虐殺を教会と国家の犯罪国際法廷」(ITCCS.org)に証拠を提供したクームズ氏は2011年2月、殺害されている。幸いな事に、クームズ氏の証言は生前にビデオに録画され、裁判で有効なものになっている。



探索された泥のアナからの発掘物

 儀式でモホーク族の子供達を拷問するため使う体を引き裂く形式の拷問台のような器具も現在閉鎖されているモホーク研究所内で発見されているとケビンアネット牧師は述べている。

モホーク族の地域社会における目撃者達は、子供達に対する拷問儀式において赤いローブの司祭達を見たことがあるとはっきり述べている。

 これらの問題の共通類似点は、英国と英国国教会のトップであるエリザベスウィンザーが関与していることにある。彼女はこの組織的な大量殺害計画と儀式的拷問や英国国教会とバチカンにより運営された英国国教会の寄宿学校での殺人を個人的にも知っており、命令し、参加していたと推察される。

 インタビューでアネット牧師は、カナダの主なメディアやカナダ政府は隠蔽工作を行い、モホーク子供達への大虐殺発見についても報道管制を続けていると述べている。
 


 
エリザベス 目シェイプシフター
※2013年の過去記事だが 権力者特権で逮捕されずに
 自由に歩きまわっているようだが、、、

英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンetc.が25年の懲役刑を受けます。

2013年2月

なんだか、すごいニュースが密かに報道されています。主要メディアでは一切報道されません。
カナダの事件です。数年前に、あるカナダのウェブサイトでバチカンや英王室や他の教会の関係者らによってカナダの子供達が大量に虐待され、殺害されているという情報が発信されていましたので、このような犯罪があったことは知っていましたが。。。ついに大物達に法的な処置がとられることになったのですね。それにしても、本当に裁判所の判決が実行に移されるのでしょうか。もし実行に移されたなら、3月4日以降が見ものです。

世界有数の犯罪者妖怪集団である英王室の代表エリザベス女王、ベネディクト法王、カナダ首相、バチカンやその他の教会の関係者が全員投獄されることになるのです。なんだか信じられませんが。。。そして彼等の資産が全て没収されるのです。これって、本当に実行に移されるのでしょうか?

これまでの彼等の陰謀の数々を考えると、どこかに落とし穴があるのではないかと心配してしまいます。汚い支配者が作った世の中を見ていると、どうも疑い深くなってしまいます。何しろ、彼等は何をやっても法の外でしたから。彼等は法の上に君臨しているため、誰も罰することができませんでした。たぶん、権力者ならこのような判決は出さなかったでしょう。一般市民の裁判
だからこそ、このような有罪判決が出たのだと思います。やはり、私達一般市民の正当な活動によってのみ、悪者達が裁きを受けることになるのですね。
もし彼等が本当に投獄されるなら、国際金融詐欺集団も何とか逮捕されないものでしょうかねえ。それにしてもベネディクトもエリザベス女王も十分に長生きをしたので、もういいんじゃないですか、地球からお離れになっても!

http://www.syncrenicity.com/2013/02/25/pope-queen-and-canadian-prime-minister-found-guilty-of-crimes-against-humanity-and-sentenced/
(概要)
2013 2月25日付け:

集団虐殺を行ったバチカンとカナダの関係団体に対する初めての
普通法裁判事例で最終判決が下されました。

ローマ法王、英女王、英国教会、カトリック教会、カナダ統一教会及びカナダ首相らは、カナダにおける人道に対する犯罪で有罪の判決が下され、被告人全員に25年の懲役刑が言い渡されました。
裁判所はこれらの犯人らに対し3月4日までに降伏するように命じました。降伏しなければ、シチズンズアレスト(民間人による逮捕)が行われます。
ブリュッセル発:

本日、国際普通法裁判所により歴史的判決が下されました。ベネディクト法王に対しても人道に対する犯罪で25年間の懲役刑を命じました。そしてバチカンの富と資産は全て没収されます。ブリュッセルの裁判所では市民裁判員が全会一致で有罪の判決を下しました。また、3月4日より30人の被告人に対するシチズンズアレスト(民間人による逮捕)を開始するよう裁判所が命じました。

判決文の一部:

「我々、市民裁判員は、被告人らに対する2つの起訴状に有罪判決を言い渡します。被告人らは人道に対する犯罪を共謀、扇動或いは実行し、また、現行の犯罪的陰謀の数々に加担したことにより有罪判決が下されました。」
裁判員は各被告に対し、陳述なしに25年の懲役刑を言い渡しました。また被告の財産の全てが没収されます。
被告人らは本裁判所が許可する保安官とエージェントへ任意で降伏するように命じられました。被告人らは裁判所命令が発令されてから7日以内(3月4日)に降伏しなければなりません。3月4日を過ぎても出現しない場合は、被告人らに対し国際逮捕状が発令されます。
有罪が下った被告人らは、英エリザベス女王、カナダのステファン・ハーパー首相、カトリック教会、英国教会、カナダ統一教会の幹部らなどです。裁判所の検察官が提出した150もの証拠物件に対して30人以上の市民裁判員が1か月間の審議を経た上で、このような有罪判決が下されました。

popepic

これらの証拠物件は被告人らが大規模な犯罪的陰謀を行った動かぬ証拠とされ、
カナダ国内のインディアン居住区の学校で何世代にもわたり
子供達の大量虐殺を行ってきたことが明らかになりました。


被告人らは昨年9月の公開喚問で、異議や異論を唱えたり、告訴状を否定したり、或いは反証を提出したりすることはありませんでした。彼等は沈黙してきました。彼等が無罪であるならば、このような悍ましい犯罪で告訴され面目を潰されたのですから対抗処置を考えるべきなのです。彼等の犯罪により多くの子供達が犠牲となりました。
彼等はキリスト教徒でないインディアンの子供達を絶滅させるために冷酷な計画的犯罪を行いました。そして今でも被告人らは明らかに彼等の犯罪を隠ぺいしています。 我々は彼等の手首をたたくだけでは不十分と感じました。
法の適用を受けずにカナダ政府が支援する教会の関係者が行ってきた恐ろしい犯罪の数々を今、終焉させなければなりません。犠牲者の子供達は今でも彼等による犯罪に苦しんでいるのです。
裁判所は、カナダで大量虐殺を行った教会の富と不動産を全て没収・国有化し、インディアン居住区の学校で死亡した計5万人の子供達の遺族の賠償金にあてることを決定しました。
有罪判決を実行に移すために、裁判所は、カナダ、アメリカ、イギリス、イタリア、その他数十か国の市民らに、武器の所持を許可し法的代理人としての権限を与え、大量虐殺の首謀者であるローマカトリック教会、英国教会、カナダ統一教会の全ての資産を平和的に没収し占拠することを許可しました。
今回の裁判所の判決により、犯罪者集団である教会が法的に廃止されるこべきであり、人々から奪い取った資産が没収されるべきであることが明確になりました。
司法がやっと動き始めました。犠牲になった子供達がやっと安らかに眠ることができます。裁判所は今週中に被告人全員に裁判所の命令を送ることになっています。f3月4日までに降伏しなければ、彼等は民間人によって逮捕されます。ローマ法王は、このような逮捕を免れたいがために、2週間前に突然引退を表明しました。これらの一連の動きはwww.itccs.org で報道

 

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ