東西堂鍼灸指圧整骨院 各種保険取扱 在宅リハビリマッサージ AKA療法 交通事故 生活保護取扱 吸玉療法 予約制☎048-6258210 潜在能力開発指導 CQC近接格闘術 護身術 クンダリニーヨガ 氣功

整骨院予約制☎048-625-8210(健康保険 自賠責交通事故 在宅医療マッサージ取扱) AKA療法=関節運動学的アプローチ スポーツマッサージ スポーツ鍼治療 医療氣功ヒーリング(プロ格闘家 スポーツ選手に施術経験豊富) 武術道場「光武館 CQC近接格闘術」さいたま市(最新戦闘術と伝統武術の融合) CombatMMA 軍隊流総合格闘技 拳法 柔術 武器術「陸上自衛隊格闘術教官 海上自衛官 プロボディガード レスキュー隊員、プロ格闘家達への指導実績多数有り」 ホームページ http://cqclabojapan.wixsite.com/touzaidou (東西堂 在宅医療リハビリ鍼灸マッサージ 交通事故自賠責治療)http://blog.livedoor.jp/touzaido/ 護身術 現代忍術 CQC CQB 近接戦闘術 (※学校などのイジメや誘拐 ストーカー 通り魔 強盗など 犯罪者が氣掛かりな お子様から高齢者まで ※個人指導ならでは の指導方法で、各人の身体能力 御要望に応じて丁寧に指導します。) 自衛官 消防官 法執行機関職員 芸能人への個人指導有り※個人情報秘守) 一般民間人 武術初心者へは基礎から丁寧に護身術から指導します! CQC(Close Quarters Combat 近接格闘術)軍隊式総合戦闘術 徒手戦闘術、ストリートボクシング COMBAT-MMA、拳法 柔術 現代式忍術 キャッチレスリング「各種武器術、警棒術 六尺棒 剣術、小太刀、ナイフ戦闘術(ダガー カランビット マシェット ナイフボクシング) クボタン、トンファー等」「凶器対策術、ナイフ&銃ディフェンス」 「逮捕術 拘束法 連行法など」 初心者から自衛官まで幅広く指導中、会員募集中 初回体験3千円から。特別セミナー別料金、申し込み詳細  お問い合わせはメールcqclabojapan@yahoo.co.jp ツイッター @CQC_LABO_JAPAN 練習場所 ほぼ毎日 「会場さいたま市」 個人指導 出張指導随時応相談。 ※会長は、柔道 剣道 空手有段者。  陸、海 自衛官に指導実績 多数有り。 「神秘行法学園 大宮ミステリースクール(武術 クンダリニー・ヨーガ 仙道 氣功 古神道 白魔術 潜在能力開発指導 UFO宇宙人研究」 (※初回受講者 会員の個人情報は秘守します!秘密裏に習いたい方も個人指導プライベートレッスン可能  Private class OK! 併設の東西堂鍼灸指圧整骨院で身体のケア 活法  故障の施術 怪我の応急処置も致します! 17歳でクンダリニー覚醒体験 超常現象に遭遇。


ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が|ニューズウィーク日本版

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/08/post-10862.php?t=1

<プラスチック汚染は海だけではなかった――主要な11の国際ブランドのペットボトル入り飲料水93%からプラスチック粒子が検出>

市販のペットボトル入り飲料水は汚染されていないから安心して飲める――。そんな消費者の信頼を裏切るような研究結果が報告された。目に見えないプラスチック粒子が混入していて、水と一緒に飲み込んでいる恐れがあるという。

ニューヨーク州立大学フリードニア校の研究チームは報道NPOのオーブ・ディアから委託され、11の主要な国際ブランドのペットボトル入り飲料水259本を検査。その結果、93 %にポリプロピレン、ナイロン、ポリエチレンテレフタレート(PET)などのプラスチックが混入していることが分かった。

汚染物質はマイクロプラスチックと呼ばれる微小な粒子で、発生源は服や化粧品、包装材、プラスチック製品の劣化、製造工程などさまざまだ。研究チームは「プラスチックの生産増加に伴って、プラスチックによる環境汚染も増加している。特に海洋汚染が深刻だ」と指摘。「だが最近は淡水湖、内海、河川、湿地、それにプランクトンからクジラまでほぼ全ての生物でも、プラスチック汚染が見つかっている」と言う。


混入したプラスチック粒子の数はボトル1本につきゼロから1万個超まで、ばらつきが大きかった。世界平均では1リットル当たり325個。その95%が6.5~100ミクロンだが、もっと大きいものもある。ちなみに100ミクロンは髪の毛の太さくらいだ。

「1リットル当たりの混入数が非常に多いものもあれば、ごく少ないものもあった」と報告書要旨をまとめたダン・モリソンは本誌に語る。「そのことは、数そのものと同じくらい注目すべき結果だった。ケース買いした場合でも粒子の数が非常に多いボトルもあれば、非常に少ないボトルもあった」

マイクロプラスチックの検出にはナイルレッド法が用いられた。プラスチック表面に付着するナイルレッドという蛍光性の染色試薬を水のサンプルに加え、青い光を照射。それをオレンジ色のゴーグルを装着して顕微鏡で見ると、プラスチック粒子は明るく輝いて見える。

地理的多様性を確保するため、検査用のサンプルはアメリカ、ブラジル、中国、インドネシア、インド、ケニア、レバノン、メキシコ、タイの5大陸・9カ国から集めたという。

プラスチック粒子の正確な発生源は不明だが、研究結果を見る限り、少なくとも製造工程にも原因があるようだ。「100ミクロンを超える粒子の50%以上がポリプロピレン。ほとんどのボトルのふたの原料として使われているものだ」とモリソンは言う。

しかし、水源から混入した粒子もあると、ナイルレッド法の先駆者の1人である英イースト・アングリア大学のアンドルー・メイズ上級講師(化学)は言う。

一部のブランドは、ろ過していない水道水をボトル詰めしていたのかもしれない。

メイズによれば、今回の研究は「私の知る限り、これまでで最も大規模で包括的な水に関する研究だ。環境中のマイクロプラスチックとその有害性に対する意識は向上しているが、それ以外の場所での汚染に関する研究ははるかに少ない。水道水、ビール、その他多くの食品に含まれていることは報告されているが、ボトル入り飲料水もほぼ全て汚染されているようだと知ったら、みんな驚くと思う」。

オーブ・メディアの報告書要旨によれば、ボトル入り飲料水のメーカー各社は、自社製品は安全で政府のあらゆる基準を満たしていると主張している。アメリカ飲料協会も「アメリカのボトル入り飲料水は安全」との声明を発表した。

人体への影響は不明だが

今回の検査対象となったスイスの食品大手ネスレは、オーブ・メディアからの問い合わせを受けて、3カ所の製品6本を検査したが、1リットル当たりのプラスチック粒子含有量は0~5個と報告書の数値よりはるかに少なかったと主張。ネスレ以外のメーカーは検査データの公表に同意しなかった。


ネスレの品質管理責任者はオーブ・メディアに対し、今回の検査ではサンプル中の微生物などを除去しておらず、実際にはプラスチック粒子でないもの(具体的には特定していない)がたまたま試薬に染まり、誤った「陽性反応」が出た可能性もあると主張した。

未知の汚染物質による誤差の可能性もわずかながらあることは、研究チームも認めている。検査では、100ミクロンを超える粒子についてはナイルレッド法のほか、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)でもプラスチックであることを確認。一方、6.5~100ミクロンのものはFTIR法では特定できないため、ナイルレッド法のみで確認した。

それでも研究者らは、小さい粒子もプラスチックであることに自信を持っており、報告書の数値は「非常に控えめ」なものだと主張している。つまり、実際はもっと多い可能性が高いというわけだ。

ボトル入り飲料水は世界中で毎日大勢の人々が飲むものだけに、健康への影響は非常に大きいのではないか。にもかかわらず、研究不足は深刻だ。「私たちが話を聞いた研究者は軒並み、マイクロプラスチックの日常的な摂取が健康にもたらすリスクを示せる研究は、ほぼ間違いなく不足していると考えていた」と、モリソンは言う。「健康には大して影響しないかもしれないし、深刻な影響を及ぼすかもしれない」

例えば、欧州食品安全機関(EFSA)の16年の研究では、魚介類などを食べることで摂取したマイクロプラスチックの90%はそのまま体外に排出されていた。しかし、一部は血液中に入っており、その場合、体にどんな影響を与えるかははっきりしていない。

今回の検査結果を受けてWHO(世界保健機関)は、ボトル入り飲料水に含まれるマイクロプラスチックの潜在的リスクについて検証すると発表した。安全性をめぐるメーカーとの水掛け論に決着がつくことを祈ろう。

<本誌2018年8月28日号掲載>





原発事故 地下水放射能汚染問題 

地下水放射能汚染



放射性物質と発癌 DNA損傷

プラスチックゴミ環境破壊 海洋汚染 海洋生物大量死


マイクロプラスチック健康被害

マイクロプラスチックひどい汚染


マイクロプラスチック汚染AP50



自然に分解される植物性プラスチックに早急に切り替えるべきだろう!




 

地球各地の災害、気象兵器 ケムトレイル HAARP 

地震 火山噴火

UFOの目撃、

UFOaoi AP50

UFOロシア赤


デイビッド・ウイルコック インタビュー

David Wilcock AP50


David Wilcock afraid



影の政府イルミナティNWO国際金融マフィア 

軍産複合体ロスチャイルド家 ロックフェラー家の地政学的陰謀、

イルミナティロスチャイルドDロックAP50

スマホ中毒 スマホ依存症

スマホ中毒AP50

ポジティブ瞑想UFO デイビッドウイルコックAP50

プレアデス人の地球への介入がそろそろ必要だ!

プレアデス人の介入AP50


軍産複合体への蜂起不可能AP50

プレアデス人協力AP50

UFO同盟者助けAP50

原発UFOAP50

ポジティブ介入カップルAP50」

異星人青い同盟者AP50

UFO銀河イラストAP50



偽旗作戦 戦争 テロ 経済危機 金融破綻 奇妙な現象 

エリート逮捕AP50

エリート地球犯罪APN66


https://www.youtube.com/watch?v=YRLL5yFQPmM 

2016/03/07 に公開
http://alcyonpleiades-jp.blogspot.com...

アルシオン・プレヤデスのビデオ−ドキュメンタリーで見ることができるように、私達は­人類にとって最も危機的な時を生きている。というのも、地球が変化の段階を迎えている­からだ。

それは歴史上かつてないほど極端な変化であり、これにまた、私達の惑星に届い­ている大量の光子のエネルギーが伴って、人々の目覚めや、深い遺伝的変化をもたらして­いる。

その一方で、目に見える政府と陰の政府のエリートとその同盟者ら、また私達の地­球をわがものにしようとしている略奪者エイリアン達の、何より急を要する追放と無力化­に必要な無数の世界の事件や地政学的変化、政府や宗教、社会の変化が至る所で起こって­いる。

私達はこれらのビデオを通して、公式の報道機関が私達から隠しているか、誤情報を伝え­ている、私達を取り巻く多くの出来事に対して目を開き、自然や気候のアンバランスや、­次第に劇的かつ危機的になっている社会の状況、様々な国における挑発や戦争、あらゆる­方面の危機や紛争などについての意識するよう促そうとしている。

同じく、隠された陰謀­や策略、大量のUFOの目撃、日増しに明白になる奇妙な現象や光の現象など、アルシオ­ン・プレヤデスのビデオでより広範かつ掘り下げて展開している全てのテーマを伝えてい­る。

これら全てについて、極めて興味深い最新のニュースやルポルタージュ、インタビュー、­ドキュメントを集約して、定期的にアルシオン・プレヤデスの支持者達に伝えていくつも­りである。

ビデオ制作 ALCYON


14カ国の水道水を調査、そのすべてから

「マイクロプラスティック」を検出


── 健康へ悪影響を及ぼす可能性は?



https://wired.jp/2017/09/21/survey-finds-small-amounts-of-microplastics-in-tap-water/


2017.09.21 THU 10:00



欧米やアジアなど14カ国から集めた水道水を分析した結果、すべての国でマイクロプラスティックが検出された。米国の場合、毎日飲み続けると、1年で7,000個を超える粒子を摂取することになる。しかし、いまのところそれが健康にどのような影響を及ぼすのかは明らかになっていないという。

PHOTO:GETTY IMAGES

14カ国から集めた159件の水のサンプルを使った新しい調査によって、世界中の水道の蛇口から、水とともにプラスティックの微小な破片が日常的に流れ出ていることが判明した。

米国とヨーロッパの7カ国のほか、インドネシアの首都ジャカルタ、インドの首都ニューデリー、ウガンダの首都カンパラ、レバノンの首都ベイルート、エクアドルの首都キト、キューバの各地で採取された159件のサンプルのうち、一定の量のマイクロプラスティックが含まれていたものは83パーセントだった。サンプルにプラスティックが含まれていない国・地域はなかった。

各地のサンプルをいくつかテストした結果、汚染率が最も高かったのは米国とベイルートで、94パーセントのサンプルにプラスティックが含まれていた(米国のサンプル数は36件、ベイルートは16件)。最も低かったのはヨーロッパ諸国の72パーセントだった(サンプル数は18件)。

各国から採取した水のサンプル500mlあたりのプラスティック粒子の数の平均をとると、最も多いのは米国のサンプルで平均4.8個。ワシントンD.C.のサンプルには16個もの粒子が含まれていた。最も少ないのは1.9個で、インドネシアとヨーロッパで採取されたものだった。

この調査は、ミネソタ大学公衆衛生学部などが世界各地の開発問題を扱う非営利メディア組織Orb Media(本拠はワシントンD.C.)の依頼を受けて行ったものだ。

プラスティックが健康に与える影響は「不明」

2017年4月に発表された別の調査[日本語版記事]では、海水でつくられた塩から少量のマイクロプラスティック粒子が見つかっている。『ガーディアン』の記事によると、そのほかにも海水や海の生物、海産物、ビール、蜂蜜、砂糖、空気からマイクロプラスティックが見つかっているという(洗顔剤などに使われている微細なプラスティック粒子「マイクロビーズ」が、下水処理を通り抜けて食物連鎖に入り込んでいることも報告されている[日本語版記事])。

2014年の調査によると、甲殻類を好むヨーロッパの人々は、1年に最大1万1,000個のマイクロプラスティック粒子を食べている可能性があると推測されている。今回の調査の数字から考えれば、米国の水道水を毎日2リットルずつ飲み続けると、1年で摂取するマイクロプラスティック粒子は7,000個を超えることになる。

見つかったマイクロプラスティック粒子の平均の大きさは、2.5マイクロメートル程度だ。ナノレヴェルほど小さくはないので、細胞に自由に入れるとは考えにくい。一方で、肺などの臓器に蓄積したり、有害な結果をもたらしたりする可能性はある。

今回の調査を行った、アイルランドにあるゴールウェイ=メイヨー工科大学(GMIT)のアン・マリー・マホン博士は『ガーディアン』に対し、「健康にどのような影響があるのかはわかりません。だからこそ、予防原則に従って十分な労力をかけて、いますぐ本当の危険が何であるかを突き止めなければなりません」と述べている。

マホン博士は2017年にアイルランドの水道水でマイクロプラスティックを見つけた独自の研究も発表している



以下転載

 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51981415.html
 
イスラエルのオルターナティブメディアを調査によると、NATOとアメリカは本気でロシアと対戦するつもりのようです。ロシアは何度も交渉をしたかったようですが、NATOとアメリカはなんとしてもクリミアやシリアをロシアから奪い取りたいようです。また、同時にアメリカは北朝鮮と南シナ海にもB52を送り出しています。まさか。。。シリア、ヨーロッパ、北朝鮮、南シナ海で同時に戦争が起きるのでしょうか?
特に中東シリアは爆発寸前の様相です。
メディアはどうもこのことを隠したいようです。日本政府はもちろん把握しているのでしょうが。。。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/03/bombshell-nato-plans-first-strike-video-2460518.html
(概要)
3月6日付け

NATOが対露との先制攻撃を行います!


ロシア語のニュースサイトにて、世界のリーダーらがトルコと連携してロシアからクリミアを奪還しようとしているとウクライナ政府が明らかにしました

クリミア奪還作戦は、トルコとサウジアラビア軍によるシリアの地上侵攻の過程で行われます。そのためにアメリカがB52爆撃機を中東に送り込んでいるのだと思います。

 (一部)
我々の調査結果で分かったことは、NATOが対ロシアで先制攻撃を行うということです。中東やヨーロッパで武力集結が始まっている理由はまさにこのことを示します。NATOがシリアに先制攻撃を行うかどうかは分かりませんが、ロシアとの戦争を計画しています。
我々が突き止めた今回の情報を公開するのを阻止しようとしている団体がいます。彼らは情報を隠蔽したいのです。

アメリカは核爆弾を搭載したB52爆撃機を中東に送り出しています。その目的はISISを攻撃するためと説明しています。また、中国と紛争中の南シナ海にも、アメリカにとって核の脅威となった北朝鮮の上空にもB52を飛ばし始めました。

アメリカは中東のISISを攻撃するためにこれほど巨大な爆撃能力が必要なのでしょうか。彼らの攻撃対象はISISだけではありません。シリアにはロシアが背後にいます。

ロシアはアメリカやNATOと交渉を要請しましたが、アメリカやNATOはクリミアもウクライナも諦めようとはしません。

US Troops In Israel

(一部)
米軍はイスラエルで軍事演習を行うことになっています。また技術的な面での訓練のためにさらに1700人の軍事要員がイスラエルに到着することになっています。アメリカはイスラエルとの合同軍事演習を行うつもりです。これは、中東でアメリカの同盟国を守ることを目的としていることは確かです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ