緊急に必要な目覚め 地球の危機 地球人への警告!


アルシオン・プレヤデス35:

ジカ熱ウイルスは生物兵器か?

「イルミナティのNWO新世界秩序にブラジル政府が従わなかった為に

 
遺伝子操作された蚊ジカ熱ウイルスを注入されブラジル
 
 でばら撒かれたのか?」

NWO 5jigen Bunko

Zika BRAZIL


小頭症は特殊な殺虫剤が原因か?

インターネット閉鎖計画、情報操作 

洗脳 マインドコントロール

戒厳令(FEMAの強制収容所 大量虐殺計画)


難民に偽装したイスラム国のテロリスト

第三次世界大戦危機

STAR WARS ジェダイ教、

イルミナティの悪魔崇拝
https://www.youtube.com/watch?v=ljAUcJstWyY

(16分後)オバマとNew World Orderの行動計画が露呈 

腐敗した政府へのデモ抗議者 アメリカ市民大量虐殺計画
 
(20分)アメリカ全土で戒厳令の模擬演習が行われる。

(28:47)アルゼンチンとブラジルの医師が蚊の殺虫剤が小頭症の原因である可能性を示唆する。 
(以下参考ブログ転載)

Doctors Name Monsanto’s Larvicide As Cause of Brazilian Microcephaly Outbreak
http://www.march-against-monsanto.com/doctors-name-monsantos-larvicide-as-cause-of-brazilian-microcephaly-outbreak/ #MAM @MarchAgainstMさんから

ブラジルの健康の専門家は、ピリプロキシフェンが主要な容疑者であることに同意します



http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12131096532.html

「モンサントの殺虫剤が小頭症の原因の可能性」 アルゼンチンとブラジルの医師ら
Argentine and Brazilian Doctors Name A Monsanto Larvicide As Potential Cause Of Microcephaly

2月15日【David Wolfe】http://www.davidwolfe.com/monsanto-larvicide-potential-cause-microcephaly/?c=pwf&vp=mam より翻訳


ヤブカによって感染するジカウィルスは、アフリカや東南アジア、太平洋諸島、そしてブラジルに影響を与えてきました。

米国疾病対策センター(CDC)の報告によれば、ジカウィルスはアメリカ国内に土着の蚊とは関連付けられてはいないものの、旅行に関係した発症例が国内でも発見されているとしています。

世界保健機構(WHO)の報告
ではジカウィルスの症状は軽いとしていますが、CDCはまた、ジカウィルスと新生児の小頭症に関連性がある可能性があると伝えています。


小頭症とは出生後、頭部が異常に成長し、同時に脳の成長が異常になる可能性もある症状のことです。



WHO: Microcephaly and Zika virus infection - Questions and answers (Q&A)


 しかしジカウィルスが小頭症と関連性があると考える専門家が一部存在している一方で、「農薬散布された町の医師会(Physicians in the Crop-Sprayed Towns)」として知られているアルゼンチン内科医会は最近、CDCの見解に異議を申し立てる内容の報告を公開しました。この内科医会は小頭症の発症例の増加に対し、その他の可能性のある広範囲な理由をリスト形式で提示したのです。

そのリストの中には、最も影響を受けた地域と、飲料水に含まれる化学的幼虫駆除剤の使用の間の相関関係が含まれています。

ピリプロキシフェンという化学物質は、感染症を媒介する蚊を殺す取り組みの一貫として国によって義務付けられているものの、アルゼンチンの内科医会はこの国の取り組みに関し、「蚊を供給している企業を除いては、完全な失敗」と表現しています。

では、どの企業のことを指しているのでしょうか?

そう私たちの古きよき友人であるモンサント社の、日本にある子会社、住友化学株式会社です。

この重要な報告書には次のように記されています。


ブラジルの州で飲料水にピリプロキシフェンを添加している地域に居住している妊婦から生まれた数千人の子供
に先天性異常が見られるのは偶然ではありません。


ブラジル厚生省はこの被害についてジカウィルスを直接的に批判していますが、何年もの間、直接的に蓄積された化学物質による被害として影響を受けた地域で内分泌腺および免疫の阻害が原因であるという仮説を除外し、自らの責任を無視しようと試みているのです。

伝染病学者、公衆衛生の専門家、化学者、一般的な政治家、あるいはPAHO(全米保健機構)やOMSといった政策立案者であったとしてもその多くの者は、私たち人間の一人ひとりが胎児発育期の過程で非常に異なったステージを通過する、ということを容易に忘れてしまいます。

受精卵から胚(訳注:受精卵の分裂から8週までの間)、そして胚から胎児(訳注:9週目以降)、胎児から新生児までという進化は、ピリプロキシフェンから影響を受けた蚊の発達過程と大きな差はありません。

ブラジル国内で小頭症の症例のうち、ジカウィルス検査が陽性だと報告されているのはわずか4.2%にすぎず、同医師会の発見は統計からも裏付けされているようです。



ブラジルの健康の専門家も先天性異常の原因はピリプロキシフェンが原因である可能性が高いと同意

ブラジルの医師および健康に関する市民研究家から構成される組織Abrascoもまた、広範囲におよぶ出生異常の原因として相当の可能性があると同意しています。

同機関の報告書では、ピリプロキシフェンが小頭症の原因である可能性が高いとし、ジカウィルスを媒介する蚊の撲滅には役に立たない上に環境を汚染しているとこの化学物質の使用を糾弾しています。

この報告書はアルゼンチンの内科医会と同様に、かかる物質の使用は「貧困層に毒を与えている」とし、世界保健機構や全米保健機構と言ったを含む利害関係者の利益しか考えていないと主張しています。

同報告書はまた、感染症の大流行によって最も影響を受けるのは、常に衛星的な環境や安全な飲み水にアクセスできない最も貧しい人たちであると論じています。

不平等さは欲深い企業によって資本化され、そのような企業が貧困な地域に対し、支援を提供するという建前の元で化学物質まみれにされている
のです。


より望ましい他の選択肢

アルゼンチンの内科医会は、影響を受けるコミュニティ特有のニーズをほとんど考慮しないような、企業が後援する取り組みではなく、その代わりにコミュニティを基盤にした取り組みがより適切であると考えています。

BBCが報道したとおり、こういった取り組みを選ぶのが賢明でしょう。



How mums-to-be in Brazil are tackling Zika - BBC News



この立場を採択した場合の影響は、企業中心の取り組みのようにはるかに有害なものとは対照的なものですが、より魅力的なものだといえるのではないでしょうか。
(翻訳終了)

***

【関連記事】


2月1日
★ ジカウィルスではなくビル・ゲイツのワクチンが小頭症の原因?

1月236日
プーチン:人類の進化はGMO、医薬品、ワクチンによって危機に面している


モンサント関連記事一覧リンク
(転載終わり)

(以下転載)
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1527

「ジカ熱」に関係していた日本企業

  メコン・デルタの旅を終えサイゴンに戻ると、とんでもない情報が待っていました。

ブラジルの医師たちが、小頭症多発の本当の原因は殺虫剤、しかも日本企業の製品だ、

と詳細なデータつきで暴露していたのです。↓はそのリポートの要点ですが・・・


1.ブラジルではデング熱の流行が今も続いているが、これは見捨てられた貧困世帯が何百万人も暮らしている東北部で特に多い。その上に加わったジカウイルスは、同じような病気をもたらすが、デング熱にくらべてずっと軽い。

2.新生児の先天性奇形、特に小頭症の劇的な増加がわかると、ブラジル健康省は、ただちにジカウイルスと結びつけた。

しかし、同省は、もっとも病気がひどい地域には、蚊の幼虫(ウジ)に
先天異常をもたらす防虫剤(防ウジ剤)

18ケ月にわたって散布されたこと、さらに、政府はこの毒物(ピリプロキシフェン)

を飲料水にも散布したこと、
それによって人々が影響を受けたことを認めていない。

3.これまで、ジカ熱の伝染国では、人口の75%がジカウイルスに感染しているにも関わらず、その流行によって先天異常が起きたことはなかった。


また、他の国、たとえばコロンビアでは、ジカ熱の症例は非常に多いが、小頭症の記録はない。

3.防ウジ剤として使用されているプリプロキシフェンは、モンサントの子会社である住友化学

      が製造している(
WHOが推薦している)。


4.
ブラジルの医師ら(Abrasco)は、防虫剤による防虫戦略は、環境と人々を汚染し、蚊の数は減らないどころか、

実際は、
ラテンアメリカの健康相やWHO,PAHOに深く食い込んでいる化学毒物業界の商業的ペテンだと主張している。

5.飛行機を使った(防ウジ剤の)大規模噴霧は、メルコスール政府が考えているように、犯罪的であり、役に立たず、それらの行動が実行された場合をシミュレートする政治工作である。疾病が広がる底辺には不平等と貧困があるので、コミュニティをベースにした行動がもっとも良い防衛法である。

6.ブラジルが行っている現在の戦略ー遺伝子組み換え蚊の使用ーは、他の国々でも実施されるだろうが、これは完全な失敗である。


 ジカウイルスは前記事で書いたとおり、1947年に「発見」され、それによる最初の症例は1960年代、アフリカで報告され、その後、アジアやポリネシアで散発的な伝染があったくらいでした。それが2015年5月になって、WHOが突然、ブラジルでの流行を認め、2015年12月にはブラジル政府が44万人~130万人がジカウイルスに感染していると発表したのです。

 しかし、実際は、「ジカ熱の臨床症状はデング熱の症状と似ているし、信頼できる診断キットがないのでよく知られていない」「流行地帯では多くの人がジカに対する抗体をもっている(感染者が多く、すでにそれに対する免疫ができている)」「症状が出るのは感染者の18%ほど」というような状態でした。誰も「ジカ」と判断できないのに、政府が勝手に「ジカと小頭症」を結びつけてしまったのです。

 そこでBrazilian Association for Collective Health (ABRASCO)は、2016年1月、ブラジル健康省に公開質問状を出し、①ジカウイルスと先天奇形を関係づけることになった線形分析ーなぜ太平洋諸国やコロンビアには小頭症が発生していないのかも含め、②媒介生物駆除のための化学物質による影響を無視している理由、を聞きただしたようです。

 ブラジルでは過去40年にわたって、蚊の駆除のために化学毒物を大量に用いていましたが、2014年前半に、残留毒性で知られる有機リン系のテメホスの使用を中止しています(蚊も耐性をもってきたため)。問題は、その後に使われ始めたピリプロキシフェン、製品名スミラルブでした。製造企業はモンサントの関連企業あるいは子会社である日本の住友化学。それが大量に散布されたのが、人口密度が高く、伝染病や貧困、社会的無視が蔓延しているブラジル東北部、とくにペルナンブーコ地方でした。人口増加に衛生施設や上下水道などの都市整備が追いつかず、特に水の汚染がひどく、そこが蚊の発生源になっていました。ブラジル健康省は、ただでさえ不潔な貯水池に、じかにピリプロキシフェンを散布したのです・・・到底、信じられません。住友はそのような使用を止めもしなかったのか?

 WHOが推薦するこの毒物は、蚊の幼虫の成長抑制剤であり、蚊がウジから幼虫ー成虫に発達するプロセスを阻害し、奇形や死亡、不妊など、内分泌かく乱物質(環境ホルモン)と同じような影響をもたらします。

飲料水にピリプロキシフェンを撒いた地域で、多くの小頭症患者が出たのは偶然ではありませんが、

政府があえてその事実に触れないため、ABRASCOはこれらの毒物の影響に関する調査を求めたのでした。

今年1月20現在の小頭症児3893人(死亡49人)のうち、ジカウイルス感染が確認されたのはわずか5人に過ぎなかったのです。

 

いかがでしょうか。「ジカ熱」という聞いたこともないような病名と共に振りまかれた「小頭症」の恐怖。


そこには、農薬メーカー(住友、モンサント)

バイオエンジニアリング企業(Oxtec)、ワクチンメーカー(サノフィ、GSK

など札付きのグローバル企業が相乗りしているという構図がありました。

もちろんゲイツ財団、WHO、米のCDCなどの

グローバル組織の後押しがあって可能な事件の展開。

これらを組み合わせると、この件、「人口削減戦略」を否定する方が難しい。2016.2.13。

(参考資料)
http://www.reduas.com.ar/wp-content/uploads/downloads/2016/02/Informe-Zika-de-Reduas_TRAD.pdf 

http://www.longisland.com/news/ap-news/the-latest-zika-virus-reporting-mandatory-brazil-020116.html

(転載終わり) 

 
http://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/66012437.html
 

モンサントの手先の住友化学、ジカ熱へのすり替え疑惑

イメージ 1


 ブラジルで急増する小頭症の子どもが生まれる原因は蚊が媒介するジカ熱ウイルスではなく、住友化学が開発した昆虫成長制御剤ピリプロキシフェンによる汚染だとアルゼンチンの学者が指摘。ジカ熱は微々たる症状をもたらすのが普通であり、出生異常とはつながったことがない。このような出生異常が作られる原因は蚊の大量発生に対して使われた昆虫成長制御剤ピリプロキシフェンによる人体の汚染が主要な原因であろうとしている。
 そしてブラジルの専門家組織Abrascoもその見方を支持している。
 
 さらに現在、オリンピックに向けて大量に殺虫剤が撒かれている。蚊に対する殺虫剤の投与は害があっても効果が薄いという批判は多く出ている。この大量の殺虫剤噴霧は直ちに中止すべきだろう。さらなる汚染が生み出される。
 蚊の発生しそうな沼にボウフラを食べる魚を入れるなどの措置によって効果的に蚊は抑えることができる。

 ここで住友化学の名前が出るとは衝撃だ。もちろん、その因果関係が確定したわけではないが、どれだけ住友化学の製品が世界の汚染に関わっているか心配になってくる。

Argentine and Brazilian doctors name larvicide as potential cause of microcephaly
http://gmwatch.org/news/latest-news/16706



(32:45) ジカ熱ウイルスビル・ゲイツ財団 ロックフェラー財団
     の生物兵器か?
Rockefeller+Bill Gates620x350


bill devil

ワクチン ビル・ゲイツ


 (31:56)
ジカ熱ウイルスは1947年にロックフェラー
    が特許取得
http://www.lgcstandards-atcc.org/products/all/VR-84.aspx?geo_country=dk#history
zika-virus-rockerfeller


ZIKA ROCK CQC

以下転載
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%B8%E3%82%AB%E7%86%B1
ジカ熱

読み方:ジカねつ
別名:ジカ・フィーバーZika熱ZIKV感染症ジカウィルス感染症ジカウイルス感染症
英語:Zika fever

ジカウィルス(ZIKV)によって引き起こされるヒト感染症ネッタイシマカヒトスジシマカなど、複数病原体媒介することが知られている。

ジカウィルス存在1947年から知られていたが、感染症報告従来ほとんどなく、

2007年
ミクロネシア連邦ヤップ島で、島民の約7割が感染したアウトブレイク大規模感染)が起こったことで、初め広く認知されるようになった2013年11月には、仏領ポリネシアアウトブレイク発生し、患者数は数万人にも及ぶとされた。2014年1月に、仏領ポリネシアから帰国した日本人がジカ熱を発症し、日本国内における輸入感染症として、初の症例となった。

ジカ熱の症状発熱発疹筋肉痛下痢浮腫などで、デング熱類似している。「ジカ熱」の病名呼ばれているものの、時に発熱症状伴わないこともある。ジカ熱に対すワクチンや有効な治療薬開発されていないが、適切に治療すれば死亡率1%未満とされるデング熱よりも症状が軽いため、生命の危険はほぼないとされている。4日から7日程度で完全に回復し、発症しても病院に行かない人も多いという。また、一度ジカ熱に感染すると体内で抗体産生されるため、二度と罹ることはないといわれる

ジカ熱のアウトブレイク感染を防ぐために、防除水溜まりなどの産卵場所の除去虫刺されへの注意喚起などの手段がとられている。

関連サイト
<速報>フランス領ポリネシア・ボラボラ島帰国後にZika feverと診断された日本人旅行者の2例 - 国立感染症研究所
(転載終わり)

MERSコロナウイルス エボラ デング熱 鳥インフルエンザ 豚インフルエンザ HIV(AIDSウイルス)
は生物兵器? 

細菌兵器 遺伝子操作人工ウイルス兵器か?
aids nagaiakira
AIDS bakuro

http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/46081070.html


 http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/44725469.html
 


(30:45)スカラー波兵器 精神工学洗脳兵器 

    気象兵器 地震兵器
ケムトレイル本
HAARP
HAARP311
311

 
cern-666
     
表向きはレーダーだが、、海上移動型HAARP?
 
HAARPIDOU

 


(33:28)ジカ熱の発生は遺伝子操作された蚊がブラジルで放たれた事によって生じたのか?

(33:33)ジカ熱ウイルスは毒入りワクチンの強制 不妊化 

          人口削減計画の為の新たなる生物兵器


(44:21) スパイ衛星 エシュロン
Satellite weapon


 
エシュロン 世界地図
エシュロン 石原慎太郎



2016/02/19 に公開
 
緊急に私達の目を開く必要性について続け

るが、ここでのべるのは、

ひどい偽りの形で何十万人もの難民達に起こってきたことであり、

難民達には明らかな信頼と支援をもって、保護あるいは亡命を要請

する国際的な権利が与えられた。

だが予期せぬ変化があり、それが世界中にさらなる憎しみと人種差別

を生む原因となっている。

アメリカや世界に到着した何百万人もの亡命者達に行なわれたよう

に、彼らを支援し、仕事を与えるのではなく。

彼らの中に潜入者達がいて、強烈なテロを実行する

目的を持っており、

そうして民衆の反応を生もうとしており、

いつもながら罪のない者達が被害を受けるのか?

あるいはそれが、執拗なNWOを作り、そうして彼ら曰く地球に新たな

規範を確立する計画の一端なのか

、もしくは、単に国境を閉鎖するために用いる形なのか?

現在は世界的な変化の決定的な瞬間であり、その変化は、

全般的な戒厳令という目的に向かっている。

このことは、現在軍国化している様々な国で見ることができる。

私達はひどい戦争や死、危機、飢えに陥っていた

おぞましい歴史的事実を、今一度体験しているのだ。

それを同じようにくり返しているのであり、

その一方で、民衆は完全に見捨てられており、

その間にも毎日さらに何百万人もが飢えや病気、

流行病などによって亡くなっている。

では、急速に拡大しているジカ熱の感染については、

何が言えるだろうか?

彼らはその世界的な行動予定にあまり賛同していない大陸に、

汎流行病をもたらそうとしているのか?

もっぱらよりひどい恐怖を生み、

またワクチン - マイクロチップ ナノチップ

を投与する目的で。

ビデオ制作 アルシオン



 





 



 

 <externalvideo src="YT:ljAUcJstWyY:D">