アルシオン・プレヤデス ビデオニュースNo.47:

医学界の陰謀、地政学的陰謀、UFOの目撃

https://youtu.be/c4-ORxUdK0s




殺人鬼 悪魔達の犯罪が露呈した!


売国マスゴミと厚生労働省 

石油化学系製薬マフィア 1部の藪医者達に

洗脳されたままの呑気な日本人達は

このまま病気にされて鴨にされて

金だけ奪われて殺されていいのか?


銭ゲバ詐欺師!石油化学系製薬マフィアが薬草の使用を弾圧!


「Cofeprisが
200種類の薬草の使用を禁じるよう主張

   していることに警戒!」

動画 開始後31分

営利目的で私達を殺している

  制御不能の大製薬会社

 

39分「
自然療法医師 ワクチン反対医師 12人連続暗殺事件


公式の医療システムは、製薬業界の

(ロスチャイルド家 ロックフェラー家

 カーネギーなどの)

独占支配に乗っ取られている!

現代医療界において医薬品がこれほど
集約的に用いられるのは何故でしょうか?


それは、石油化学系の医薬品がより良いからではありません!

100年以上前に作られた医学の独占がその理由です!

営利目的で大衆を殺している制御不能の大製薬会社

「癌ビジネスは製薬産業にとってあまりにも利益が

多いため 癌のシステムに人々を取り込み

そこで維持する事が このカルテルの最も

重要な目的と化している!」

医学生達は医学部で洗脳されます。

なぜなら医学部は

教授たちに対する過剰な助成金を受け取っているから

で、それは製薬会社によって支払われています。

前世紀の初頭にロックフェラーグループと
カーネギーのグループが集まってアメリカの
医療教育の改革を決めた時まで
「教育システムを掌握し、医療の独占支配を
生んだのです!」

石油化学系医療教育の特許を得る為に、

基本的にあらゆる競争相手失脚させる事を通して」

「カーネギーとロックフェラーが医薬品の
集約的な使用に基づいた医学部に
何億ドル
配りはじめた事です」
医学陰謀ロックフェラー
 偽薬の行商人 詐欺師ロックフェラー1世

http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/1987947.html 

 世界医薬産業の犯罪 化学・医学・動物実験コンビナート


金儲けの為だけに無意味で 残虐な動物実験

製薬マフィアの元締めは、ロックフェラー ロスチャイルド!

ロックフェラー1世は、石油から作った偽薬の行商人から
成り上がった詐欺師だった!

(重油から作った偽薬で癌が治ると大嘘をついて回って金をだまし取って成り上がった精神異常者の詐欺師)


以下貼り付け

http://blogs.yahoo.co.jp/biguhabit20012337/22053735.html


ロックフェラー家は石油ビジネスのまえは何をしていたのか。


ジョン・ディヴィソンの父は薬の行商人だった。

しかしこれは表向きで、1本25ドルのガンを治すという薬を売っていた。

これは2か月分の給料分の値段に匹敵する。


だがこれはただの下剤だったのである。

そんな偽薬をうりあるいていたのと同時にその町を

さるときは馬泥棒を働いていたと言われている。


またのちには、この詐欺商法に味をしめ別の薬を売り始めた。

二ジョールという薬で重油からできた下剤を売っている。

そんな詐欺や泥棒をはたらき、女好きでも有名
だった。

幾人もの女性と結婚するという
重婚結婚詐欺を働いたり、

強姦罪で起訴までされた。


まさにとんでもない人物だったのである。


息子のジョン・ディヴィソン・ロックフェラーは女より金好きで有名。

彼は父親の薬として売っていた重油に目をつけ、

それを商売にし始めた。


時代は機械にやる石油の大量生産時代となり石油による一攫千金を夢みて油田地帯へと殺到する、オイルラッシュが起こった。

友人と石油の精製会社を設立。がしかし競合他社がたくさんあり、

あまりもうけることができなかった。


にもかかわらず、その競争のなか、複数の共同企業体で

あるスタンダードオイル社を設立石油の独占に成功した。」 引用終わり

ロックフェラー家系図

ロックフェラー1%支配終わり


ロックフェラーがだめにした本
安倍晋三ロックフェラーcfr2





製薬マフィアの臨床データ論文は、ほとんどデタラメ?! 

実験動物の大量虐殺を行う残忍な
製薬マフィアの実態を暴く!


以下貼り付け

世界的医薬・医療産業が引き起こした、
薬害、医療ミス、

過剰治療の現実、


動物実験が人間医療に役立たず、
莫大な利益獲得手段と化している

現実を具体的に示し、


欧米に一大センセーションを
巻き起こした問題の書。


世界医薬産業の犯罪 化学・医学・

動物実験コンビナート


目次 

1 詐欺師の教義
2 化学・医学・動物実験コンビナート
3 健康への脅迫
4 権力の実像
5 大いなる洗脳
6 無用の惨劇
巨大な医療詐欺―第2版のための追補

世界医薬産業の犯罪book

  



  



http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/07/post-10.html 
 

07/16/2007


医学部洗脳


凄まじい環境汚染

福島 原発事故 核降下物地帯内部の実態!

モンサント ネオニコチノイド系殺虫剤による

蜜蜂大量死 農業危機 土壌水質汚染


軍事情勢 金融危機

マインドコントロールのための

脳へのインプラントが目前に迫る!



  「人工衛星を使った洗脳技術」

42分あたりから

「マインドコントロールのための脳へのインプラントが目前に迫る!」


「政府が出資するマインドコントロールが

まもなく自由意志を完全に奪うだろう!?」


43:45~ 衛星からのマインドコントロール

スチュワート スワードロー氏

(政府の秘密プログラムについての情報提供者 作家)

「80年代終わり 及び 90年代初頭になると

マインドコントロールは

衛星通信を通して開発され始めました

APN47多数衛生 洗脳スカラー兵器
APN47衛生 洗脳スカラー兵器



イルミナティが 大衆が超能力に

目覚めないように「フッ素」

などで攻撃する

第三の眼「松果体の秘密」



松果体 ホルスの目


大麻は「痲薬」では無い!

GHQが行った漢字のすり替えトリック

のマインドコントロールである!


Dr.Christina Sanchez explains how cannabis kills cancer cells 

https://youtu.be/1miGzTwK28U 


石油化学系製薬マフィアが

弾圧した
大麻の秘められた治癒力


 
大麻は多くの癌細胞を死滅させると

医師.Christina Sanchezは説明します。



 


  

マリファナはどのように癌と闘うのか?

 http://t.co/zsTrQfLD 

カンナビノイド(THCA THCやCBDなど大


麻の薬効成分)


の4つの抗癌作用は 
 
1. 癌細胞の増殖を抑える
 
2. 癌を新しくつくらせない 
 
3. 癌を転移させない 
 
4. 癌細胞を自滅へ導

Know Your Cannabis Medicine: What is THCA?

https://youtu.be/52KkUrlrpU4 

大麻医学を知っていますか?


有効成分
THCAとは何ですか?
 
 
大麻は、世界で最も栄養の有る野菜で有る事を

疑う余地のない証拠表示 


Indisputable Evidence Showing That Cannabis Could Be The Most Nutritional Vegetable In The World


https://www.youtube.com/watch?v=Pq0Awccfero


 



marijuna

marijuna


marijuna
以下転載

ワクチンは癌 自閉症の原因

ワクチン反対医師が暗殺されました。


http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51980710.html

 
ワクチンと言えば、ビル・ゲイツです。

ワクチン開発に巨額の資金を

投入しています。

ウイルスの感染が拡大するたびに

マスゴミはワクチンの開発の必要性を

唱えます。



新型ウイルスも開発され世界中にばら撒かれていますから、

その都度、新しいワクチンが開発され人々に接種されますから、

益々多くの人々がワクチンの副作用で病気になってしまいます。


今回初めて、アメリカの医師がハグマン&ハグマン・リポートという番組で

ワクチンに何が含まれているかを公表しました。


専門用語で日本語訳はできませんが、

どうやら体内の
ビタミンDを消滅させ、

ガン細胞を作らせたり自閉症を誘発させる

酵素タンパク質(NAGALASE)が

ワクチンには含まれているようです。


どのワクチンも同じようにこの物質が含まれているのかどうかは分かりませんが、少なくとも、アメリカの小学校などで接種が義務付けられているワクチンには必ず含まれているようです。

日本の子供たちは大丈夫でしょうか?
とりあえず、子供たちはインフルエンザワクチンは避けた方が良さそうです。
私はワクチンは絶対に避けますね。

http://tapnewswire.com/2016/02/big-pharma-is-injecting-us-with-cancer-enzymes-doctors-who-made-the-discovery-found-murdered/
(概要)
2月24日付け

ビッグファーマ(大手製薬会社)は癌酵素が混入しているワクチンを子供たちに接種させています。

このことを発見した医師が次々に殺害されました。


専門家の間ではワクチンの中にはNAGALASE酵素タンパク質が含まれてることが知られています。
NAGALASEは、癌細胞を消滅させるビタミンDが体内で生成されるのを阻止します。

そのため体内のビタミンDが不足してしまいます。

NAGALASEは癌細胞によって生成されるタンパク質です。また、NAGALASEは自閉症の子供の体内に非常に多く存在しています。

彼らはこのような有毒物質をワクチンに混入しているのです

つまり、NAGALASEが混入したワクチンを接種すると、体内のビタミンDが不足することで癌細胞ができたり、自閉症になりやすくなります。NAGALASEは免疫システムの働きを阻止します。さらに2型糖尿病を誘発させます。
このようなワクチンを開発・供給している人たちは、癌を完治する方法を発見した医師や自閉症の治療に成功した医師を殺害しています。
なぜなら、これらの医師は、大切な子供たちに接種するワクチンの中に癌や自閉症の原因であるNAGALASEが含まれていることを知っているからです。
もちろん彼らは意図的にこのような物質をワクチンに混入させています。彼らが殺害した医師らはワクチンに何が含まれているかを公表しようとしていたのです。
彼らは世界の人口削減のためにこのような有毒物質をワクチンに混入させています。
しかし学校に通う子供たちはみな義務的にワクチンを接種させられます。ワクチンはゆっくりと人々を殺害する毒薬です。
彼らは最も優秀で健康的な遺伝子を持つ者たちしか生き残ってはいけないと考えています。
このような危険なワクチンを開発し子供たちに与えている連中は人間の魂を持っていません。

テッド・ブロア医師は、ハグマン&ハグマン・リポートという番組に登場し電話を介してワクチンの実態をついに暴露しました。番組の途中で何回も電話が切れたりサーバーがダウンしたりしました。彼らの妨害にあいました。


このような妨害を受けながらもブロア医師はなんとかワクチンの実態を伝えることができました。彼が番組で冒頭に語ったことは、私は全く自暴自棄に陥ってはいない、でした。医師は1時間にわたり非常に慎重に神経質に事実を語ってくれました。
以下のビデオでご覧頂けます。特に最初の10分間は重要な情報が伝えられています。

 

Source: http://humansarefree.com/2016/02/big-pharma-is-injecting-us-with-cancer.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+HumansAreFree+%28Humans+Are+Free%29

転載終わり