クローン兵士 サイボーグ兵士
無人殺人兵器ドローン、
ロボット兵器など作るべきではない!

残酷な殺人 マインドコントロールを止めろ!
米軍 DARPA 開発のロボット兵器
DARPA robo
 

DARPA robot
DARPA DOG

transhumanism05_01

人体改造サイボーグ兵士
 

洗脳操作 MK-ULTRAで洗脳された
殺人鬼スーパーソルジャー クローン兵士

 
人類を滅ぼすのか?人工知能の危険 

以下転載

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160122-00163193-newsweek-int

米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、DARPAが開発中

ニューズウィーク日本版 1月22日(金)16時0分配信

  •  

脳とコンピューターを繋ぐチップを頭に埋め込み

前線の兵士を「サイボーグ」に変える技術を、米軍が開発中だ。


このインターフェイスは、米国防総省の研究機関である
国防高等研究計画局(DARPA)が開発に取り組んでいる。
チップを通じて脳細胞とコンピューターを接続できれば「人間の脳と最新電子機器の間に伝達経路を開くことができる」と、DARPAは説明する。


 DARPAの研究者が脳と機械の接続を試みるのはこれが初めてではない。
しかし、これまでの研究成果ではその機能は限られていた。新たに設置された「脳科学技術システムデザイン」(NESD)の研究プログラムでは、一度に接続できる脳細胞の数を数万個単位から数百万個単位へと飛躍的に増加させることを目指している。


「脳とコンピューターを繋ぐ現代で最高レベルのインターフェイスシステムを使っても、2つのスーパーコンピューター同士が70年代製の古い通信モデムを使って会話するようなものでしかない」と、NESDのプログラムマネジャーのフィリップ・アルベルダは言う。「人間の脳とコンピューターの間に伝達経路を確立できれば、とんでもないことが可能になるだろう」

 DARPAは最終的に、1立方センチメートルよりも小さい(または直径2センチ余りの5セント硬貨を2枚重ねた程度の)、脳に埋め込める大きさのチップを製造することを目標としている。このチップが、脳細胞の発信する電気信号や化学信号をコンピューターに伝達する。

 これで、チップを移植した人の脳に外からデジタル音声やデジタル映像を送るアプリケーションの開発が可能になる。しかしそのためには、脳科学、生物工学、省電力技術、医療機器等の各分野で、画期的なイノベーションが必要だとDARPAは語っている。

 DARPAが最初に製造するデバイスは軍事用になるだろう。
しかしそうした技術はしばしば、
民間転用され社会に革命的な変化を起こしてきた。GPS(全地球測位システム)や音声通訳システム、
インターネットはそのほんの一例だ


人間をサイボーグ化することには論議もあるが、
その善悪の分かれ目は使われ方次第だろう。
NESDプログラムは、オバマ大統領が推進する脳機能障害を治療する
研究の一環でもある。

アンソニー・カスバートソン

https://www.youtube.com/watch?v=UKkjhMF1OYw



 
https://www.youtube.com/watch?v=fU-t6LIvAcU

アルシオン・プレヤデス33−2:
イスラム国ISの脅威、
バイオテクノロジー、
ロボット工学、
ナノテクノロジー、DNAの修正


2015/12/05 に公開
 

私達が苦しんでいる多くの葛藤において、

世界権力の支配者らは、

そのしもべであるハイ­ブリッド達と共に、

私達の未来を滅ぼそうとしており、


それゆえたくさんの人々が無感覚 − 冷淡 − 自動的な状態に陥っており、

その中で人間的な表現が霧散していき


絶え間ない個人主義 − エゴイズムを生きることに加え、 心 − 意識が

私達に授ける美徳を、


数えきれない人達が失う結果となっている。


重要なのは、私達を高まる緊張や苦悩の状態に陥らせること、

さらなるストレス − 息苦しさをもたらすことなのだ。

もしかしてこれは、
戒厳令を含む大規模な囲い込みを行­うその一方で、

NWO新世界秩序を課していくために、民衆に迫る恐怖を

コントロールするため
­の別の汚い策術なのか?

それとも、帝国が大いに望んでいる

第三次世界大戦のためであり
­、


それゆえ不安定にさせる目的で、無数の口実を模索しているのか?


しかしながらまた、
大する目覚めも存在しており、

国際社会のこの進歩に対抗し、


これ­を無効にしようとして、彼らは肉体 − 心理 − 内面の

全般的な破綻をもたらそうとしており、

そうして私達の全ての注意を、


彼らが強化­しているバイオテクノロジー産業

に集中させるのだ。

私達をトランスヒューマニズムやロ­ボット技術、

バイオニクス技術により惹き付けるためだ。


だが、それほどの関心とこの上­ない野望をもって

人工知能を生み出すのには、

何らかの目的があるのか?


ビデオ制作 アルシオン

 


アルシオン・プレヤデス34−1:
ロボット人間、サイボーグ−スーパー兵士、
古代の巨人ネフェリム
https://www.youtube.com/watch?v=Dk3GALmznAc

このドキュメンタリーにおいて、その漸進的な社会工学あるいは

人工のクローン
の新たな­世代について、

さらに驚くべき事実の新たな証拠を伝えたいと思う。


それらはバイオテク­ノロジーや、また謎めいた人工知能の手法に従って、
まさに開発中である。つまり、本当­の人間であるかのような特徴を持つ
クローニングされた−人を模したロボットであり
そ­のかたわら人類は、どうやらもはや時代遅れとなっているようだ。

もしかして、人類の衰退のこの悪化ゆえに、私達はより能動的で、準備された、加えて、­人類のように問題を起こすことがなく、複雑でもろく、感じやすくもない無数のヒューマ­ノイド・ロボットと緊急に交代させられるべきなのか?

このドキュメンタリーにおいて、私達はしかるべき形で進化するか、

あるいは人工のロボ­ットの新たな世代に取って代わられるかという、

二者択一に直面していることが確認でき­る。

それらのロボットは、家庭内や台所、業務においてなどの様々な日常の用途のために­次第に多く製造されるようになっており、

またスーパー兵士サイボーグは、エリートがそ­のNWOを
作ると決める決定的な瞬間のために訓練されている...


はたして私達は、私­達人類に彼らが行なっている全てに気づくことができるだろうか、それとも無意識があま­りにも大きいため、

人工知能が永遠に私達を支配するようになるのか?

ビデオ制作 アルシオン




アルシオン・プレヤデス34−2 
人間のクローン、進歩したロボットや人工物、ポストヒューマン、不死

https://www.youtube.com/watch?v=SC1Hc-hOxvU

2016/01/23 に公開
 

全ての人に大いに関係する、このドキュメンタリーの第二部を続けるが、

たとえ私達の心­理や人生、意識を虐待する者達には関心がないとしても、

彼らこそが、人類がどうすれば­良いのか判らずにいる間に、私達を絶滅させる目的をもって私達を服従させている存在な­のだ。

もしこれに、激化しているひどい感情的、倫理的、精神的なもろさを加えるなら、


陰鬱な­闇の者達にとっては、私達を完全な自動化に至らせる絶好の機会であり、

言い換えるなら­、何百万人もが、人間のロボット化を増大

させる媒介となるだろう。


もしかして私達は、人間からポストヒューマン − ロボット

への遺伝的変異を経験せざるを得ないのか?


光の存在が予定していたように、

­達のDNAの向上を遂げ、

そうして闇と光を区別させる、

目覚めた意識を持つに至るので­はなく。


私達は、考え、感じる人間として生き延びるのか、

あるいは機械やロボット − アンドロイド、

クローン、人工の模擬人間と交代させられるはめになるかの、

前代未聞の定義の時を迎えている。


 


アルシオン・プレヤデス34−3:

FEMAのギロチン、著名人の複製−クローン、
アクエンアテン−オバマ、ビヨンセ

https://www.youtube.com/watch?v=nWnzDrPCXbA

2016/02/05 に公開
 

私達が知らせているのは、解決の望みが少しもない、ひどい地球規模の状況についてであ­る。

というのも、闇の力が前進し続けている上に、罪のない民衆や、また同じく彼らに賛­同しない多くの国々も脅し続けているからで、彼らが求めているのは、世界をありとあら­ゆる方法で恐怖の下に置き、緊迫した状態にさせることであるからだ。
もしかして彼らが大いに模索している目的 − 意図は、至る所で私達を破壊しようとしているテロリズムを通して、私達を恐れや不安、­恐怖の下に生きさせることなのか?その国民達に向けた、いつの瞬間にも起こり得る、差­し迫った − 恐ろしい何かが準備されているのか?
だがこのことに加えて、もしかして、彼らがその達成を切望していた、


名高い未来の模擬­人間が既に進行しており、

それを、広大な芸能界で見ることができるのか、


それともクロ­ーン −人工物にまつわる、何ら論理的意味を持たない、

偶然の一致の一つの形にすぎないのか?


では、大物セレブのある者達は、本物であった、

かつての別のオリジナルの人々のよくで­きたクローンであるとしたら、

どうなるだろうか?

もしかしてオバマとその家族全員も、ビヨンセも、エジプト人のクローンであり、

これら­の信じがたいクローニングの事実は、他の名高いアーティスト達や、

同じくまたその複製­をもっていたアメリカの大統領や要人達にも起こってきたのか?


ビデオ制作:アルシオン


http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/48203585.html

秘密を暴露しようとした

メイクアップアーティストPaul Starr氏は、

イルミナティに暗殺された?

Paulstarr

アンジェリーナ・ジョリー

AP34-3 Cloning


「イルミナティはクローンや人工の人間 サイボーグ ロボット 影武者を用いている。

アンジェリーナ・ジョリーのメーキャップ

アーティスト ポール・スター氏は

その陰謀の全てや影武者と

クローンの策略に気づき

それを公表しようとした2008年8月

にその暗殺が命じられた。

クローニングは現実に存在する。

それは科学が示すものではなく
NSA 空軍およびMI6 モサド CIA
の知るものだ。
(ルイス・カルロス・カンポス スペインのジャーナリスト)


アンジェリーナ・ジョリーAP34-3





Paul Starr – Makeup Artist to Angelina Jolie, Jennifer Garner – Found Dead


http://www.people.com/people/article/0,,20220272,00.html @Peopleさんから
機械翻訳

午前7時50分AM EDT AT 2008年8月20日

ポールスター 有名なメイクアップアーティスト

アンジェリーナ・ジョリー
ジェニファー・ガーナージェシカ・アルバ達を担当

火曜日ロサンゼルスで死体で発見された。

報告
レディス毎日を。 ファッション業界紙によると、友人が数日でスターから聞いたことがなかったです。彼は伝えられる彼のアパートの中に発見された-と死の原因は不明であった。

 
スターは映画やファッション業界で幅広く活動-ジャン=ポール・ゴルチエとドルチェ&ガッバーナとのコラボレーションを含みます。2005年に、彼は解放美容のポールスター:三十有名女性との会話。有名なファン・ジョリーとガーナーからの推薦状を含め、 開発します...


http://nymag.com/thecut/2008/08/angelina_jolies_makeup_artist.html
Angelina Jolie’s Makeup Artist Found Dead

B

















http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51983317.html

アメリカ、ロシア、中国以外にもクローン人間を造ろうとしている国があります。
そしてアゼルバイジャンでは、どうやら、多くのクローン兵士が登用されているように見えます。

以下の画像に写っているアゼルバイジャンの兵士たちの中には顔や体つきが似ている兵士が複数いるのが分かります。
単に顔だけなら、単なる偶然かと思いますが。。。身体つきや身体の姿勢まで良く似ているのですから驚きです。実際には多くのクローン兵士が用意されているのではないでしょうか。彼らは魂のないロボットと同じようなものです。


残酷な事も出来てしまいますし、死を恐れることもないでしょう。

感情が抑制されていますから表情がないの特徴でしょう。

別の記事では、今年中に動物や人間のクローン化が始まると伝えていますが、既にクローン人間は造られています。まるで、科学技術が発展しすぎて神の領域を越えたために海に沈んだアトランティスの再来のようです。恐ろしいことです。
日本の自衛隊にはそのようなロボットはいないと思います。


http://beforeitsnews.com/alternative/2016/04/azerbaijan-flaunts-human-cloned-soldiers-for-the-world-to-see-see-them-for-yourself-3332055.html
(概要)
4月5日付け

クローン人間の兵士を登用しているのは中国だけではないようです。
アゼルバイジャンでもクローン人間の兵士らが誇らしげに行進しています。

一体、何ヶ国の軍隊に何人のクローン人間の兵士らがいるのでしょうか。
http://loohan.com/blog4-16.htm

上記サイトでクローン人間の兵士がいることが画像と共に伝えられていますが本当に実在するのかもしれません。まさに、これらの兵士は良く似ています。身長まで同じです。 
これらの画像に写った男たちはみな良く似ています。まるで同じ男を何枚もコピーしたような感じです。

 

この情報にショックを受けた方は、まだ、Hantonn又はPhoenix Journalsを読んだことがないのでしょう。
皆さん、これは事実なのです。この地球上では長い間、人間のクローンが造られてきたのです。特に政治家、セレブそして軍隊ではクローン人間が使われています。

https://www.reddit.com/r/FutureWhatIf/comments/3kemch/fwi_it_is_revealed_that_the_us_russia_and_china/
(概要)
2015年9月

スノーデンと同じようなCIAの内部告発者がリークした秘密情報によると:

世界の大国では、軍隊にクローン兵士を登用しています。

最初にクローン人間を造ったのはアメリカです。


1978年に、米当局は、クローン人間の兵士を造るために、米軍の各部隊から200人以上の兵士のDNAを採取しました。
そして1987年に人間のクローン化のための実験が実際にスタートし、1997年に完成しました。
当時、米海軍特殊部隊、グリーン・ベレー、デルタフォースに所属していた(既に亡くなっていた)兵士らのDNAでクローン兵士(6人以上)が造られ、秘密工作部隊としてアフガニスタンとイラク戦争に派遣されました。

1982年にソ連が雇ったCIAの三重スパイがアメリカのクローン・プログラムについてKGBにリークしました。
そして1986年に、ソ連でスパイ活動を行っていた中国のMSSスパイがアメリカのクローン・プログラムについての情報を入手しました。

これらの関係国は裏取引により秘密裡にクローン・プログラムを実施することにしました。
しかしエリツィン大統領は資金不足を理由にクローン・プログラムを一時中断させました。そしてプーチン大統領の就任後に、クローン・プログラムが再開され、3人以上のクローン兵士が秘密作戦のためにチェチェンに派遣され、東部ウクライナにも1人のクローン兵士が派遣されました。

中国は10人以上のクローン兵士を造ったと言われています。
しかしCIAの情報では、彼らはまだ兵士として現地に派遣されていないようです。CIAエージェントの情報では、チベット、シンチアンウイグル、カシミールで、複数のクローン兵士(PLA)が目撃されたらしいのです。


クローン兵士は、プロジェクトMKUltraが開発した最先端の催眠物質を投与されているため、性格が抑圧されています。

現在、クローン人間の多くが低温保持装置によって生命が維持されています。

しかし一部のクローン人間は一般社会に潜伏し、別人に成りすまして、

テロリスト或いはスパイとして活動しています


CIAの調査により、現在、イスラエル、イギリス、インド、イランも

同じようにクローン・プログラムを開始する準備をしていることが明らかになりました


(転載終了)

http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/47324613.html