http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/2037617.html

殺された もしくは拉致されて行方不明
の12人の自然療法医師 代替療法医師達

医師暗殺事件 AP47

アルシオン・プレヤデス ニュース47
代替療法医師 連続暗殺事件

ワクチンと自閉症の関係を証明した
ワクチン反対医師らが殺されました!

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51964502.html
1)2015年6月19日
Dr.ブラッドストリード:元フロリダの住民、ジョージア州で診療を行っていた。
フロリダ州イーストコーストの川の中で死体が発見された。
胸に銃弾の痕が見つかる。

しかし自殺???と判定された。

医者死体

彼はワクチンに断固反対していた。
医者ワクチン反対

さらに、ワクチンと自閉症の関係を研究していた。

彼はワクチンが自閉症の原因であることを証明した。

また、自閉症を完治させる方法も見出した。

犯人は誰だ?
この犯罪、野放し状態
でいいのか?

https://youtu.be/c4-ORxUdK0s?t=40m1s


医師暗殺 AP47 ニコラスゴンザレス 製薬会社暗殺



アルシオン・プレヤデス人工知能

ロボット 人工知能


暴走する人工知能開発 


ロボット兵器開発




続発した代替療法医 自然療法医の暗殺 



製薬マフィアの犯罪 ロックフェラー 癌産業と新薬

精神薬と大量死

世界医薬産業の犯罪―化学・医学・動物実験コンビナート
 
世界的医薬・医療産業が引き起こした、薬害、医療ミス、過剰治療の現実、

動物実験が人間医療に役立たず、莫大な利益獲得手段と化している現実を具体的に示し

、欧米に一大センセーションを巻き起こした問題の書。
世界医薬産業の犯罪
https://www.youtube.com/watch?v=byLz3rEgsI0

「無益で残忍な動物実験」パート1



  


 

偽善者ビル・ゲイツと人口削減ワクチン 水銀中毒と自閉症



bill wakutin



日本のメディアでは報道されていない世界の最新ニュース 

地球の現在の兆候と警告!

各地の災害 放射能汚染 環境問題 

殺人企業モンサント 発癌性遺伝子組換え作物GMO

モンサント製発癌農薬ラウンドアップ

GMO nezumi
 
 

  


食料支配TPPと地球工学ケムトレイル アルミ中毒アルツハイマー
TPPhantai

TPP自民党嘘

 

 


ケムトレイル

(アルミ バリウム 有害物質ばら撒きと疾病) 動物大量死

 

国際社会の危機的状況 

自称エリート腐敗した権力者集団 


陰の政府の陰謀


DARPA NASA 米軍産複合体のハイテク殺人兵器 

最新軍事テクノロジー 

マイクロチップ
 


ナノ粒子 


電磁波兵器 洗脳マインド・コントロール兵器


精神工学兵器
 



HAARP


GWEN



GWEN

不気味なトランスヒューマニズムの行動計画 新たな優生学か?
機械 コンピュータと人体の融合

フォルクスワーゲンの工場で事故 ロボットが労働者を殺す!

人体に危険で有害なワクチン

自称エリートの闇の計画 

マイクロチップ ナノチップ移植とマインド・コントロール

ヤクザのような製薬業界

 


人工知能 


ナノマシーン  ナノドローン


nano drone


 


アンドロイド 

殺人ロボット兵器
DARPA robot
big_dog


DARPA DOG
 



改造人間サイボーグ兵士


※偽ユダヤ金融マフィアが出資して製作されている

ハリウッド洗脳映画の描写には、

DARPAやNASAの影響が顕著に見られる。


CYBORG

 

UFOの目撃

https://www.youtube.com/watch?v=RVeT6l2zZ9o

広東省の雲の上にUFOが出現?

アイダホ州サイズの巨大な母船がNASAの映像で捉えられた?


  

「UFO極秘情報の開示」を最高裁でドイツ連邦議会が命じられる! すごいことになるぞ…!! 

 遡ること2008年、当時ドイツ内相だったヴォルフガング・ショイブレ氏は、ドイツ政府がこれまでUFOに関する調査を行なったこともなければ関心も持っていないと表明し、 
この件に対する一切の質問を受けつけない態度を硬化させていた。 

 しかしその後、国際的な民間のUFO調査組織「Exopolitics.org」のドイツ代表、ロバート・フライシャー氏が、ドイツ連邦議会の科学情報部門に地球外生命体の存在の可能性を研究する部署があることを暴き出した。 
これはフリーランスジャーナリストのローワー・サキソニー氏が連邦議会のジッタ・コーネンマン議員に接触したことで明らかになったもので、 
1978年に国連で可決された未確認飛行物体と関連現象の研究に関する決議案に関するものや、冷戦時代のドイツでのUFO調査の実態などが含まれているという。 

 これを受けてドイツのブロガー、フランク・レイテメヤー氏は国民の“知る権利”を主張し、連邦議会に対してこれまでに作成されたUFO関連の調査情報の開示を求めて訴えを起こして闘ってきたのだが、 
遂に法廷での最終的な判決が下ったのだ。しかし情報がいつまでに開示されるのかついては明らかになっていないということだ。 

 公開が決まった情報がいったいどんな内容なのか俄然気になるところだが、必ずしもUFO関連情報ではないかもしれないという指摘もある。 
http://tocana.jp/2015/07/post_6946_entry.html 


https://www.youtube.com/watch?v=1cviM-NU2PQ
電磁気と光子のエネルギーの影響

宇宙の放射と光はDNAを修正する?

1984ロシアの科学者がDNAの別の異例の特質を発見した?

 


アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No.44 2015:

UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象

https://youtu.be/7udYGKAtAVc @YouTubeさんから

日本語字幕版

 
 






ALCYON PLEIADES NEWS REPORT 44 - 2015: UFO sightings, conspiracies, stra... 
https://youtu.be/FxQ738NiWk4 @YouTubeさんから


Monsanto GMO Chemtrail Vaccine 

AI Transhumanism Cyborg


(English)


 

 

 
8 Dead, 5 Missing! You Wont Believe What They Knew, Who They Encountered... https://youtu.be/Gof99Kpcyzk @YouTubeさんから

(翻訳  日本や世界や宇宙の動向 より)

アメリカでは、ここ2、3年の間に、何人もの銀行家や科学者が不審死を遂げています。そして、この1ヶ月間で、医師らが政府に連行され、8人の医師が不審死を遂げ、5人の医師が消息を絶っています。その中には、ワクチンと自閉症の関連性を訴えていた医師やホリスティック・ヒーリングを実践していた医師らも含まれます。
 

最近、カリフォルニアではワクチン接種を義務化する法律が成立しましたが、それとこのことは関連しているのでしょうか。医師が殺害された時と、フロリダのウィルソン上院議員がフロリダの公立学校で全生徒にワクチン接種を義務化する法律を導入した時が一致します。しかしそのうちの5人の医師はウィルソン上院議員がいるフロリダ州と繋がりのある医師です。
何か陰謀めいたことが起きているのではないでしょうか。
 


  

  

  

以下貼り付け
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51964502.html 

 アメリカでこの1ヶ月間で、反ワクチンの医師が次々に殺害されました。

昨年あたりから、アメリカでは銀行家や科学者が次々に不審死をとげました。そして、この1ヶ月間に8人の医師が不審死をとげ、5人の医師が消息を絶ちました。
メディアは、多くのケースで事故や自殺などと報道していますが、どう見ても暗殺されたとしか言いようがありません。殺害された銀行家、科学者、医師は、当局(支配層)が隠してきた真実を知っており、いつ当局に反して真実を暴露するかわからないような(当局にとって)非常に危険な存在だったのでしょう。
何しろ、支配層は世界を騙すために嘘に嘘を重ねてきましたから。。。1つの嘘がばれるとみなこけてしまいます。
最近になり、アメリカでは米国民の人口を減らす目的でワクチン接種の義務化が進んでいます。特にカリフォルニアとフロリダでは子供たちにワクチンを強制的に摂取させるような法律ができてしまいましたから、子供たちは無理やり身体に有害なワクチンを接種しなければならず、ワクチンがいかに恐ろしいものかということを認識しており、そのことを人々に知らせていた医師が殺害されたようです。

過去において日本の政治家もCIAに暗殺されましたが。。。アメリカとはなんと恐ろしい国なのでしょうか。当局の意に反することをする専門家は殺害されてしまうのですから。アメリカと中国はどちらもファシスト国家。。。やり方がとても似ています。なぜファシスト国家なのかというと。。。ハザールマフィア(シオニスト)の管理下にあるからです。

ワクチンに関連する事件は、どうせ、ビル・ゲイツが絡んでいるのでしょうね。
アメリカでは、非常に優秀な医師や専門家が暗殺されてしまうのですから本当に惨いことです。ご冥福をお祈りします。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2015/07/8-dead-5-missing-you-wont-believe-what-they-knew-who-they-encountered-and-why-they-were-targeted-a-tie-no-one-has-made-2470938.html



死亡した8人の医師のうち、5人はフロリダ州の医師です。
 

1)2015年6月19日
Dr.ブラッドストリード:元フロリダの住民、ジョージア州で診療を行っていた。
フロリダ州イーストコーストの川の中で死体が発見された。胸に銃弾の痕が見つかる。
しかし自殺と判定された。


彼はワクチンに断固反対していた。

さらに、ワクチンと自閉症の関係を研究していた。

彼はワクチンが自閉症の原因であることを証明した。

また、自閉症を完治させる方法も見出した。

 

2)2015年6月21日
Dr.バロン・ホルト :カイロプラクター、フロリダ州イーストコーストで死体が発見された。死因は不明。彼はノースカロライナで診療を行い、フロリダ州ポートオレンジの大学にも出席していた。

 

3)2015年6月21日
Dr.ブルース・へデンダル(DC PhD):カイロプラクター、フロリダ州イーストコーストで死体が発見された。死因は不明。フロリダ州ボーカラトーンに居住していた。かつて脱税の疑いをかけられた。

 

4)2015年6月29日
Dr.テリーザ・シーバーズ MD ホリスティックヒーリングを実践。フロリダ州の自宅で殺害されていた。

 

5)2015年7月19日
Dr.ロナルド・シュワルツ MD フロリダ州の自宅で殺害されていた。 

 

6)2015年7月6日
Dr.リサ・ライリー フロリダ州から車で数時間のところにある自宅で死体が発見された。
頭部を銃撃された。夫に殺害されたと報道された。

 

7)2015年7月19日
Dr.アマンダ・クルーズ カリフォルニア州モデスト在住 自宅で、クルーズ医師と他4人が殺害された。

 

8)2015年7月21日
Dr.ニコラス・ゴンザレツ 
癌の治療に代替医療を実践している非常に有名な癌専門医。

心臓麻痺?で死亡

 

そして。。。5人の医師が消息を絶ちました。 

 

1)2015年6月19日
3人の医師がメキシコのステートキャピタルに向かっている途中で消息を絶った。当局は彼らの遺体を発見したと伝えたが、遺体を確認した遺族は遺体は彼らではないと主張している。

2)2015年7月3日
Dr.パトリック・フィッツパトリック MDは、ノースダコタからモンタナに向かっている途中で消息を絶った。彼のトラックとトレーラーが道路沿いで発見された。 


3)2015年6月29日
呼吸器科医 Dr.ジェフリー・ホワイトサイド 
MDは肺がんの治療に成功したスペシャリスト

ウィスコンシンで休暇中に消息を絶った。


AP33-2 権力者達


 
2015/12/05 に公開

私達が苦しんでいる多くの葛藤において、世界権力の支配者らは、そのしもべであるハイブリッド達と共に、私達の未来を滅ぼそうとしており、それゆえたくさんの人々が無感覚 - 冷淡 - 自動的な状態に陥っており、その中で人間的な表現が霧散していき、絶え間ない個人主義 - エゴイズムを生きることに加え、 心 - 意識が私達に授ける美徳を、数えきれない人達が失う結果となっている。

重要なのは、私達を高まる緊張や苦悩の状態に陥らせること、さらなるストレス - 息苦しさをもたらすことなのだ。

もしかしてこれは、戒厳令を含む大規模な囲い込みを行-うその一方で、新世界秩序

を課していくために、民衆に迫る恐怖をコントロールするための

別の汚い策術なのか?

それとも、帝国が大いに望んでいる第三次世界大戦のためであり、

それゆえ不安定にさせる目的で、無数の口実を模索しているのか?

しかしながらまた、増大する目覚めも存在しており、国際社会のこの進歩に対抗し、これ-を無効にしようとして、彼らは肉体 - 心理 - 内面の全般的な破綻をもたらそうとしており、そうして私達の全ての注意を、彼らが強化-しているバイオテクノロジー産業に集中させるのだ。

私達をトランスヒューマニズムやロ-ボット技術、バイオニクス技術により惹き付けるためだ。だが、それほどの関心とこの上ない野望をもって人工知能を生み出すのには、何らかの目的があるのか?

ビデオ制作 アルシオン

アルシオン・プレヤデス33-2:

IS イスラム国の脅威、

バイオテクノロジー、ロボット工学、ナノテクノロジー、DNAの修正


 https://www.youtube.com/watch?v=fU-t6LIvAcU
  



 
クローン人間?



米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、DARPAが開発中


| テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

http://m.newsweekjapan.jp/stories/technology/2016/01/darpa_1.php

脳とコンピューターを繋ぐチップを頭に埋め込み、前線の兵士を「サイボーグ」
に変える技術を、米軍が開発中だ。 

このインターフェイスは、米国防総省の研究機関である国防高等研究計画局(DARPA)が開発に取り組んでいる。 
チップを通じて脳細胞とコンピューターを接続できれば「人間の脳と最新電子機器の間に伝達経路を開くことができる」と、DARPAは説明する。 

 DARPAの研究者が脳と機械の接続を試みるのはこれが初めてではない。しかし、これまでの研究成果ではその機能は限られていた。 
新たに設置された「脳科学技術システムデザイン」(NESD)の研究プログラムでは、 
一度に接続できる脳細胞の数を数万個単位から数百万個単位へと飛躍的に増加させることを目指している。 

「脳とコンピューターを繋ぐ現代で最高レベルのインターフェイスシステムを使っても、2つのスーパーコンピューター同士が70年代製の古い通信モデムを使って会話するようなものでしかない」と、 
NESDのプログラムマネジャーのフィリップ・アルベルダは言う。 
「人間の脳とコンピューターの間に伝達経路を確立できれば、とんでもないことが可能になるだろう」 

 DARPAは最終的に、1立方センチメートルよりも小さい(または直径2センチ余りの5セント硬貨を2枚重ねた程度の)、脳に埋め込める大きさのチップを製造することを目標としている。 
このチップが、脳細胞の発信する電気信号や化学信号をコンピューターに伝達する。 

 これで、チップを移植した人の脳に外からデジタル音声やデジタル映像を送るアプリケーションの開発が可能になる。 
しかしそのためには、脳科学、生物工学、省電力技術、医療機器等の各分野で、画期的なイノベーションが必要だとDARPAは語っている。 

 DARPAが最初に製造するデバイスは軍事用になるだろう。しかしそうした技術はしばしば、民間転用され社会に革命的な変化を起こしてきた。 
GPS(全地球測位システム)や音声通訳システム、インターネットはそのほんの一例だ。 

 人間をサイボーグ化することには論議もあるが、その善悪の分かれ目は使われ方次第だろう。NESDプログラムは、オバマ大統領が推進する脳機能障害を治療する研究の一環でもある。 

ソフィアという名のアンドロイドは、

人類を殲滅するかとの問いに対し、すると答えた。


CNBCによると、このロボットが最初に起動したのは昨年4月。

http://jp.sputniknews.com/science/20160321/1819375.html