CQC日本近接戦闘術研究会(埼玉 東西堂鍼灸指圧整骨院AKA療法 関節運動学的アプローチ ヒーリング氣功経絡指圧)軍隊流護身術 凶器対策 逮捕術 武器術 クンダリニーヨーガ氣功指導

「陸上自衛官 海上自衛官 プロボディガードへの指導実績有り」 ホームページ http://cqclabojapan.wixsite.com/touzaidou (東西堂 在宅医療リハビリ鍼灸マッサージ 交通事故自賠責治療)http://blog.livedoor.jp/touzaido/ 護身術 現代忍術 埼玉 練武館 CQC-NIHON 近接戦闘術研究会 (※学校などのイジメや誘拐 ストーカー 通り魔 強盗など 犯罪者が氣掛かりな お子様から高齢者まで ※個人指導ならでは の指導方法で、各人の身体能力 御要望に応じて丁寧に指導します。) 自衛官 消防官 法執行機関職員 芸能人への個人指導有り※個人情報秘守) 一般民間人 武術初心者へは基礎から丁寧に護身術から指導します! CQC(Close Quarters Combat 近接格闘術)軍隊式総合戦闘術 徒手戦闘術、ダーティボクシング COMBAT-MMA、拳法 柔術 現代式忍術 キャッチレスリング「各種武器術、警棒術 六尺棒 剣術、小太刀、ナイフ戦闘術(ダガー カランビット マシェット ナイフボクシング) クボタン、トンファー等」「凶器対策術、ナイフ&銃ディフェンス」 「逮捕術 拘束法 連行法など」 初心者から自衛官まで幅広く指導中、会員募集中 初回体験2千円から。特別セミナー別料金、申し込み詳細  お問い合わせはメールcqclabojapan@yahoo.co.jp ツイッター @CQC_LABO_JAPAN 練習場所 ほぼ毎日 「会場さいたま市」 個人指導 出張指導随時応相談。 ※会長は、柔道 剣道 空手有段者。  陸、海 自衛官に指導実績 多数有り。 「ヨガ呼吸法 仙道 氣功 古神道 超能力開発研究会」 (※初回受講者 会員の個人情報は秘守します!秘密裏に習いたい方も個人指導プライベートレッスン可能  Private class OK! 「CQB指導は当会初段以上!」 併設の東西堂鍼灸指圧整骨院で身体のケア 活法  故障の施術 怪我の応急処置も致します!

TPP絶対反対!
StopTPP

モンサント押し付け止めろ!

モンサント反対デモ







TPPオバマに屈する安倍晋三

TPP abe OBAMA

TPP MONSANTOロックフェラー zigi

TPP gasmask _inner_corn

monsanto-GMO corn

GMO遺伝子組み換えのエサを

食べさせられ癌にさせられたモルモット


モンサントは日本人がモルモット

になってくれるから、

お金をかけて臨床実験はしなくていいと

言っています。 




GMO 癌モルモット

GMO加工食品一覧





http://gmo.luna-organic.org/?page_id=20

◆アルゼンチンの状況

健康上の問題は、遺伝子組み換え自体から生みだされるだけじゃない。

遺伝子組み換え作物にはさまざまなタイプがあるが、主流となっているのは除草剤をかけても枯れないというタイプ。除草の手間を省くため、大量の除草剤をかけて育てられるものがほとんどだ。この除草剤の影響を、アルゼンチンを例に見てみよう。

南米、アルゼンチンは世界第3位の大豆輸出国。この国で遺伝子組み換え大豆の栽培が始まってから、大量の除草剤ラウンドアップが飛行機で空中散布されるようになった。

空中散布

写真:Tomo’s blog 遺伝子組み換え大豆の農薬空中散布を止めた母親たちより転載


アルゼンチンで遺伝子組換え大豆の栽培が本格化したのは2000年。

その2年後から、ガン、不妊、死産、流産、

そして出生異常が急速に増えてきたという。

 

アルゼンチンの障害児カミラ

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、チャコ州アヴィアテライのカミラ・ヴェロンちゃん(2歳)(↑)は多臓器不全と重度の障害を持って生まれた。『ここでは大量に毒を噴霧しているから、それに汚染された飲み水のせいだろう』と、母親はいろいろな人から言われたという。医師も母親に、農薬が原因である可能性について言及している。

体中に斑点のあるアルゼンチンの少女

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、チャコ州アヴィアテライに住む、アイザ・カノちゃん(5歳)(↑)は、生まれたときから全身に黒い斑点がある。この先天異常も農薬と関連している可能性がある、と医師は言う。アルゼンチンで遺伝子組み換え農業が劇的に広まって以来、チャコ州では重度の先天的異常を持って生まれてくる子どもが4倍に増えたという。

やせおとろえたアルゼンチンの農家

写真:Natacha Pisarenko, Potential effects of agrochemicals in Argentina, The Big Picture, Boston.comより転載

アルゼンチン、エントレリオス州バサイルバソに住むファビアン・トマシさん(47歳)(↑)はかつて農園で働いており、噴霧用の飛行機に積むタンクに農薬を注入する係りだった。しかし彼は農薬の扱いについて訓練を受けたことは一度もなかったという。『わたしは何百万リットルもの農薬を準備しましたが、何の防護もしませんでした。手袋、マスク、防護服など何も身に付けませんでした。わたしは何も知らなかったのです』と彼は言う。彼は多発性神経障害を発症していて、その痩せ衰えた体は、もはや死が間近に迫っていることを示している。

 胸が痛むにゃ~

生まれたばかりで娘を亡くした母親ソフィア・ガチカさんも、除草剤の影響を疑った1人だった。大量の除草剤散布が大豆栽培地区の人々の健康を蝕んでいるのでは? 娘もそのせいで亡くなったのでは?……娘の死を受け入れられなかったソフィアさんは娘の死因を明らかにすべく立ち上がった。

ソフィアさんは近隣の住民を訪ね歩き、同じ懸念を持つ母親たちとグループをつくり、共同で綿密な調査を行った。

病気発生分布図

(写真:Tomo’s blog 遺伝子組み換え大豆の農薬空中散布を止めた母親たちより転載)

ソフィアさん(右から2番目)と母親たちはがん、白血病、肝炎、自己免疫疾患など、病気の種類ごとにマークをつくり、地図上にそのマークを付けていった。結果、大豆栽培の盛んなその地区(イトゥザインゴ)のガン発生率は全国平均の41倍という非常な高率であることがわかった。

「イトゥザインゴで行われている農薬散布は、ひそかな虐殺です」とソフィアさんは語る。

ソフィアさんの実態調査を裏付ける科学的証明をしたのは、ブエノスアイレス医科大学教授のアンドレス・カラスコ博士率いる国際的科学者チームだ。

除草剤ラウンドアップの主要な有効成分をグリフォサートという。それをごく低濃度に薄め、カエルや鶏の胚に注入した結果、奇形が発生することを、教授らは実験で確認した。「研究室での実験結果は、妊娠中にグリフォサートにさらされたヒトに生じた奇形と一致している」とカラスコ教授は述べている。

カラスコ教授らと連携したソフィアさんの努力はついにアルゼンチンの行政を動かし、イトゥザインゴの住民居住地から2500km以内では、飛行機による農薬空中散布は禁止となった。さらに全国での空中散布禁止を目指して、彼女は活動を続けているという。しかし、飛行機さえ使わなければいいという問題じゃない。

実験で奇形が生じたときのグリフォサートの濃度は2.03ppm。農作物中のグリフォサートの残留基準は作物ごとに定められているが、日本では菜種と綿実で10ppm、最大となる大豆や大麦では20ppmだ。実験の濃度は、わずかその10分の1ということになる。それで奇形が生じるのだ。




TPPとはアメリカの多国籍企業による

植民地支配計画である!

奴隷になりたくなければTPPに反対せよ!

TPP アメリカ多国籍企業国旗


TPP JA

TPPユダヤ強盗団

TPP農林中央金庫

TPP自民党嘘




AMAアメリカ殺人協会

(※別名 アメリカ医師会)



AMA-American-Murder-Association


知らないと石油系製薬マフィア 
ロックフェラー偽医学に殺される!
AP47 ロックフェラー製薬

AP47 医者洗脳

AP47 癌 

製薬マフィアが金で雇った殺し屋による

ワクチン反対医師

代替療法医師 自然療法医師 
連続暗殺事件!
医師暗殺事件 AP47
医者ワクチン反対

殺害されたワクチン反対医師
医者死体

医師暗殺 AP47 ニコラスゴンザレス 製薬会社暗殺


アルシオン・プレヤデス47 

動画開始31分19秒から
https://www.youtube.com/watch?v=c4-ORxUdK0s

公式の医療システムは
石油化学系製薬マフィア
ロックフェラーに乗っ取られている!


The Traditional Medical System.....

 
  「陰の政府と陰謀」

アメリカ殺人協会(※別名 アメリカ医師会)

公式の医療システムは、製薬業界の
(ロスチャイルド家 ロックフェラー家 カーネギーなどの)
独占支配に乗っ取られている!

現代医療界において医薬品がこれほど集約的に用いられるのは何故でしょうか?

それは、石油化学系の医薬品がより良いからではありません!

100年以上前に作られた医学の独占がその理由です!

営利目的で大衆を殺している制御不能の大製薬会社

「癌ビジネスは製薬産業にとってあまりにも利益が

多いため 癌のシステムに人々を取り込み

そこで維持する事が このカルテルの最も

重要な目的と化している!」

医学生達は医学部で洗脳されます。

なぜなら医学部は
教授たちに対する過剰な助成金を受け取っているからで、それは製薬会社によって支払われています。
前世紀の初頭にロックフェラーグループと
カーネギーのグループが集まってアメリカの
医療教育の改革を決めた時まで
「教育システムを掌握し、医療の独占支配を
生んだのです!」

石油化学系の医療教育の特許を得る為に、

基本的に
あらゆる競争相手失脚させる事を通して」

「カーネギーとロックフェラーが医薬品の
集約的な使用に基づいた医学部に
何億ドル
配りはじめた事です」





凄まじい環境汚染

福島 原発事故 
核降下物地帯内部の実態!
原発事故AP47

福島凄まじい放射能AP47

福島 東電嘘AP47

福島異常事態AP47

大麻に除染効果!



東電幹部

原発 安倍晋三 電源喪失嘘

原発セールス安倍晋三
安倍 嘘 福島管理
安倍 防毒マスク




モンサント ネオニコチノイド系殺虫剤による

蜜蜂大量死 土壌水質汚染
ネオニコチノイド きゅうり

蜜蜂死亡 AP47

ネオニコチノイドAP47



https://www.youtube.com/watch?v=WQ7YF_ot9lk

脱ネオニコ党に、あなたの一票を。
 
2016年6月21日、住友化学(株)株主総会前。

「生き物にやさしい生態系農業で、食の豊かさを実現したい。」


脱ネオニコ党は、ミツバチに有害なネオニコチノイド系農薬を国内外で

販売する農薬メーカー住友化学に養蜂家さん、農家さんから集まっている

「わたしたちのハチを返せ!」という想いを伝えに行った。


詳しくはこちら→

http://www.greenpeace.org/japan/ja/ne...


ネオニコチノイド流通量

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/48766/

ネコのノミとりにも?身近にあるネオニコ商品

投稿日 - 2014-04-07 14:54コメントを追加

子どもの脳や発達神経への悪影響や
ミツバチの大量死の一因でもあるネオニコチノイド系農薬

わたしたちの身近な生活にも潜んでいること、知っていますか?

 

農薬(殺虫剤)により野菜や果物に、ネオニコ系農薬が残留していることはご存知かと思いますが、犬や猫のノミとり、ゴキブリやアリの駆除、そして台所に置くコバエとりやガーデニングの肥料にまで使われています。

すでにヨーロッパやアメリカでは、ミツバチの大量死とネオニコチノイド系農薬の関連を重く見て、暫定的に使用禁止されています。

けれども、日本では未だに何も対策は取られておらず
多くの農薬メーカーが販売を続けています。

農薬メーカーの一社である住友化学は、「EUのネオニコチノイド剤規制に対する住友化学の見解」という声明を出しており、ネオニコチノイド系農薬とミツバチの死に因果関係は無く、EUの措置は行き過ぎだと批判しています。

しかし、因果関係が決定的になってから規制するのでは手遅れです。
住友化学「EUのネオニコチノイド剤規制に対する住友化学の見解」(2013年5月27日)


ミツバチと私たちの暮らしを守るため、私たちにいまできる事はたくさんあります。

その一つが、家庭で使われているネオニコチノイド系農薬を使った、殺虫剤やペット用品を使わないようにする事

身近にあるネオニコ商品(カッコ内はメーカー・販売元など)をまとめてみました。

ネオニコではないものの、似た分子構造を持ち、EUで規制されているフィプロニルも含めています。

ペットのノミとり
フロントライン(メリアル・ジャパン)※
アドバンテージプラス(バイエル薬品)
フォートレオンR(バイエルメディカル)
コバエ退治

コバエがホイホイ(アース製薬)
コバエ激取れ(フマキラー)
コバエとり戦用 無敵ガエル(ウエ・ルコ)
ボンフラン(アリスタライフサイエンス)
コバエがポットン(大日本除虫菊「KINCHO」)
コバエキャッチャー(大日本除虫菊「KINCHO」)
ゴキブリ退治

バルサン ゴキゼロ(ライオン)※
ワイパアワン(白元)※
ブラックキャップ(アース製薬)※
アリ駆除

アリの巣徹底消滅中(アース製薬)
アリの巣コロリつぶジェルスプレー(アース製薬)
シロアリ駆除ハチクサン(バイエル クロップサイエンス)
アジェンダ(バイエル クロップサイエンス)※
タケロック(日本エンバイロケミカルズ)
お庭で使うガーデニング用 &
家庭菜園用の農薬(殺虫剤)

カダンプラスDX(フマキラー)
ベニカJスプレー ケムシ退治(住友化学園芸)
芝生用殺虫剤 フルスウィング(住友化学)
ベストガード(住友化学)
カダン殺虫肥料(フマキラー)
モスピラン(日本農薬)
アドマイヤー(バイエルクロップサイエンス)
ダントツ(住友化学)


※はフィプロニルが使われています(フィプロニルとは:ネオニコチノイド系農薬の他に同様の浸透性のある殺虫剤として使用されています。
こちらもミツハチや赤とんぼ、その他昆虫などへの影響も指摘されています。
これも神経毒性があり、ミツバチ大量死の原因として注目されています)

ガーデニングで使用される農薬のラベルの安全使用上の注意には、
「ミツバチに影響があるので注意して使用してください」
などと書いてあります。

 

そう。農薬メーカーはハチに影響があると初めから知って、販売しているのです。
「注意して使用してください」とありますが、どのように注意し、どうやって使用すればいいのかまでは書いてありません。

経団連米倉 安倍晋三
米倉TPPゲンダイ

米倉TPP東電


http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1543.html
TPPを推進したい経団連は、結局は、
「自分のところだけ儲かればいい」

内田聖子氏:
TPPに参加するとなると、条約を結んでから国内法を条約に合わせる、という段取りになるはずが、実は、まだTPPに入ってもいないのに、国内法の改悪がすでに起こっている。

この間の政府の社会保障の一体改革の中で、条文の文言のところに、これまでは、「国民皆保険は堅持する、絶対に守る」という一文があったけれど、それが「原則・国民皆保険にする」と、そういう言い方に変わってしまった。

「社会保険を堅持する」という一文を書かせるために、国民が何十年もの間、運動を続けてきたのに、それが、コロッと書き変えられていて、つまり、「原則」と書かれてしまったら、「それは原則に当てはまらない人は当然、出てきますよね」という話になる。


これはもう、TTP参加後に企業が参入してきて、混合医療の解禁だとか、そうとう見越してやってしまっている。
なんで、TPP交渉の参加もしてしないのに、そこのところを、ドンドン変えてしまっているのか。
相当、ヤバイ。

やっぱり企業の動きだと思います。


これは、ひとつひとつ見ていけば明らかで、たとえば、アメリカにTPPを推進する企業連合っていう、あからさまな企業群があるが、それは、モンサント、カーギル、シェブロンとかウォールマートとか、とにかくTPPで儲けようという企業。

何を隠そう、我が国の経団連の米倉会長(住友化学)、そこはモンサントと業務提携している。

モンサントが儲かるということは、住友化学も儲かるということ。つまり、嘘っぱち。


米倉さんは、いちばん酷い。

日本経済のために、と言っているが、つきつめれば自分のところの会社が儲かりたいだけじゃないか、ということ。

ネオニコチノイドAP47







































 
ネオニコチノイド ADHD















ケムトレイル リチウム汚染
ケムトレイル リチウムAP47


https://www.youtube.com/watch?v=c4-ORxUdK0s
 

米国初・ネオニコチノイド系農薬の使用を禁止するメリーランド州 
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12195286500.html
ミツバチを殺す農薬をアメリカ国内で初めて禁止に・メリーランド州
Maryland To Become First State In U.S. To Ban Bee-Killing Pesticides

7月11日【Anonymous】http://anonhq.com/maryland-become-first-state-u-s-ban-bee-killing-pesticides/ より翻訳
 
 メリーランド州が、ネオニコチノイド系殺虫剤の使用を禁止するアメリカ国内で最初の州になります。目的はミツバチの生息数を回復させるためです。
 
アメリカ農務省によると、2015年、メリーランド州内のミツバチ生息数が61%減少したということです。この驚くべき統計はアメリカ全体の平均の2倍となっており、蜂群崩壊症候群(ミツバチの大量死、CCDとも)との関連性が認められている殺虫剤、ネオニコチノイドの禁止という同州の決定には養蜂家も大喜びです。


ThinkProgress 紙の報道によれば、今年の4月、メリーランド州の上院と下院が「メリーランド授粉媒介者保護法」に合意し、共同で可決したということです。この法制によって、ミツバチの生息数に悪影響のあることが明らかにされつつも、幅広く使用されている農薬の使用が実質上、不可能になるでしょう。これにより、メリーランド州はミツバチの保護を成文化した、アメリカ国内の初めての州になります。

ミツバチの大量死の原因として、一つのものを特定した科学者はまだいませんが、殺虫剤(農薬)が重要な要因であるという点に関してはほとんどが合意しています。しかし依然として、農務省がネオニコチノイド系農薬とミツバチの大量死を直接関連付けることができていないため、ネオニコチノイドの全国での禁止は実現していません。

この幅広く使用されている農薬は、約150億ドル(約1.5兆円)の世界的な殺虫剤市場の拡大という点で大きな役割を果たしていると伝えられています。

しかし米国環境保護庁(EPA)は、ミツバチの大量死と、複数の殺虫剤の関連性について調査を行っています。メリーランド州のネオニコチノイド系農薬の使用禁止法が施行される2018年には、同庁の発見が公開される予定です。

同法の制定について、活動家のティファニーさんは「メリーランド(の花粉を運ぶ動物)の減少は、本当に危険なレベルにあります」と警告を発し、ミツバチの減少で「維持可能」なレベルはコロニーの10~15%とメリーランド州の数値よりもはるかに低いものであるとしています。

ここ数年の間、一部の科学者がネオニコチノイドとミツバチの健康異常の間の関連性を発見し続けています。
例えばある研究では、ネオニコチノイドに接触することでハチの脳に影響がでることを明らかにされました。この結果、ハチは食べ物の匂いを忘れてしまったのです。また他の研究では農薬に接触することでミツバチの免疫システムが弱められ、ウィルスなどに抵抗することが難しくなる可能性があることを示唆しています。

 もちろん、食べ物の減少やミツバチヘギイタダニなども、ミツバチの大量死の原因になり、ミツバチの生息数を脅かしていることに違いはありません。

同法案の院草案を起草したアンネ・ヒーリー代議員は、この新法は「新基準を定めた画期的な出来事となり、他の州もこれに続く可能性があります」と話しています。

「私たちの州のミツバチは深刻な危機に晒されていますが、ミツバチや他の花粉を運ぶ生き物がいなくなってしまうと、私たちの食べ物の3分の一の供給がなくなる危険性があります。ミツバチや他の花粉を運ぶ生き物を守るためには、よい心がけ以上(の実際の活動)が必要なのです」と話しています。
 
 Amanda Froelich 著
(trueactivist.com) (翻訳終了)

日本では、一部の地方自治体が使用自粛を行っているものの、

厚生省は2015年にネオニコチノイド系農薬
の食品残留基準を緩和すると、

なんとも世界とは完全に逆行するような
動きをとっています


(情報速報ドットコム様)。
 
 
ミツバチの減少なんて、大した問題でないとお考えの方もいるかもしれませんが、野菜や果物の受粉という大きな役割を果たしているミツバチがいなくなってしまったら、私たちの食料品の3分の一の供給がなくなるという大きな影響があります。
 
たとえば、スーパーの棚に陳列している商品として考えると、上はミツバチがいる状態。下はミツバチがいなくなった場合に入手可能な食料品を表しています
 

(画像 WholeFoods

 

 

 

 

 

 

日本で使用されているネオニコチノイド系農薬の商品名をまとめた表がこちら。他にも多数出ているようです。

 

 

 

(表 http://ameblo.jp/akitamamoru/entry-10601507018.html

 

 

 

 

 


軍事情勢

金融危機

マインドコントロールのための脳へのインプラントが目前に迫る!
マインドコントロールインプラントAP47
マインドコントロールAP47神

衛星を使った洗脳兵器
マインドコントロール衛星AP47
マインドコントロール衛星イラスト
スカラー衛星洗脳AP47


政府が出資するマインドコントロールがまもなく自由意志を完全に奪うだろう!?
マインドコントロール政府AP47

オバマ監視プログラムサインAP47
マインドコントロールロスチャイルドAP47


松果体の秘密
松果体AP47



WT1190F 謎の宇宙の人工物が地球に向かって来ている!?



  

 
医療の犯罪 本
世界医薬産業の犯罪



以下転載
ロックフェラーがアメリカ経済を
ダメにした―
世界統一支配をめざす妖族の正体

開拓時代名残りの欺瞞や暴力のなか、ロックフェラー家の祖先は、

偽薬売り・重婚者・強姦者として追われながら財を成した。

(※石油から作った偽薬を癌の特効薬と称して金儲けした詐欺師!

初代ロックフェラーは、偽薬の行商人だった

狂った神学者ワイスハウプトの顧いと、石油と奴隷売買で太った一家の金銭欲が
合体してそれからは、表の歴史と裏の歴史と、恐るべき矛盾の20世紀が始まった。

理想のために生きようとする人々と、ただ世界君臨のためのの権力欲で支援する狂った財力とで、天使は悪魔の手先きに、
そして大衆はいつも追い使われるだけの奴隷に終わるという時代が始まったのだ…。

思想の持つ矛盾に寄生した、これは業魔の物語。

目次
ロックフェラーの仮面を剥ぐ

先祖は精神病的犯罪者―「ドク」ウィリアム・エイブリー・ロックフェラー(詐欺師)

宗教を隠れ蓑とした精神病的犯罪者―ロックフェラー王朝の開創者ジョン・D1世

ニセ信仰者にして精神病的な怪物―極悪非道な父の「影」ジョン・D2世

病的精神の血統―ネルソン・ロックフェラーとスケールアップされた悪の道
広報担当者の見たネルソン・ロックフェラー
ネルソン―ルーズベルト大統領の顧問
ネルソン・ロックフェラーの左傾化運動

国務次官補ネルソン・ロックフェラー
国際連合の場で同盟国を裏切る
アメリカ政治の暗黒―ネルソン、共和国の指導者を1人1人消していく
ロックフェラーの代理人
マッカーシー上院議員を罪に陥れ、共和党を破滅に導く
共和党の独裁者―ネルソン―党に「強引に割り込んで」いく
大統領への野望―ネルソン、共和党の指動者ニクソンを蹴落す

ロックフェラーの陰謀―その犯罪計画、愚行、悪行、腐敗

ロックフェラーの選挙公約

      
転載終わり











ロックフェラーがだめにした本

GWEN


monsanto キチガイ
monsanto-any-questions防護服
ケムトレイル文字
monsanto-pcb-rbgh-ddt-agent-orange-aspartame
GMO STOP

hachi die

ネオニコチノイド みずほ


モンサント ラウンドアップ
ネオニコチノイド 安全?

ネオニコチノイド 洗っても落ちない
ネオニコチノイドイメージ図

蜜蜂大量死
ケムトレイル本
ケムトレイル国民が標的カラー
ケムトレイル DNA損傷
ケムトレイル アルミ
monsanto-GMO corn
they_live_wide
ansatsu vaccin DR

自然療法で診療していた医師とインチキワクチンに反対していた医師が

製薬マフィアに殺された! 

このような犯罪が許されていいのか? 

Who Killed 3 Anti-Vaccine Doctors?


 

子宮頸がんワクチン デンマーク
ワクチン ビル・ゲイツ
AIDS bakuro
 
松果体1
 

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ