モンサント ロックフェラー TPP

AMA-American-Murder-Association

AMA アメリカ殺人協会 別名アメリカ医師会

日本国民を洗脳して危険な遺伝子組み換え食品を食べさせようという

既に進行中の邪悪な計画

 
文部科学省技術政策研究所科学技術動向研究センター
 
文書「2025年に目指すべき社会の姿」

※目指すべき家畜社会の姿」
の間違いだろ?

売国役人の頭は腐っているのか?



日本人を悪党NWO 殺人企業モンサントの家畜にして

「癌になって死ね!」と言うのか?


   ふざけるな!

下記PDF 22ページ 
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/rep101j/pdf/rep101j.pdf

 
GMO政府計画書PDF

                  上記画像の出展
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11572840206.html

GMO nezumi


monsanto キチガイ

ケムトレイル国民が標的カラー


http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/2023230.html

洗脳された現代人の健康を阻害する毒物は

沢山開発されてきたが

イルミナティ秘密の盟約

影の政府 イルミナティ秘密の盟約

内部告発

毒物ばら撒き 洗脳支配のやり方暴露


 
例えば 化学調味料アミノ酸 味の素 

グルタミン酸ナトリウムMSG

                 (※クリックで画像拡大!)

MSG

 
MSG

   

当初化学兵器として開発された人工甘味料アスパルテーム

ナチ第四帝国アメリカの陰:化学兵器だった人工甘味料

【ニュートラポイズン】全文訳

http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/994.html

アスパルテーム陰謀図
アスパルテーム

イルミナティ甘い物
アスパルテーム

アスパルテーム

アスパルテーム


モンサント遺伝子組み換え作物GMO 

GMO

bill wakutin

 

下記動画開始後45分から 
影の政府による洗脳支配計画

人口削減計画 人類家畜化計画
解説
 
GMO





 

 


フッ素 フッ化ナトリウム(サリンの原料)

歯磨粉  フッ素加工フライパン 炊飯器内釜


現代人をフッ素漬けにして 松果体を汚染する悪党の計画

霊力を阻害し 覚醒させないようにされている!




フッ素 歯磨粉

フッ素

フッ素

フッ素により石灰化してしまった松果体


 
 

ホルモン剤 農薬 

不妊化 癌化ワクチンなどが挙げられる。

ワクチン泣く子供たち
ワクチン
 
ワクチン ビル・ゲイツ

   

あらゆる加工食品に「調味料アミノ酸」

と誤魔化してMSGを

添加する事は止めて欲しい!

MSGグルタミン酸ナトリウム/ソーダ(化学調味料 味の素)の危険性を

証明する医学者の論文が発表されて47年になろうとするが、

(※1968 New England Jounal of Medicine )
http://www.truthinlabeling.org/UnwantedAdverseReactions.html
How do we know MSG causes unwanted observable reactions?

1970年代に完成した研究では、集団の少なくとも25%が、その時に加工食品にグルタミン酸ナトリウムに反応することを実証した時間(1-4)。

今日は、グルタミン酸ナトリウムによって引き起こされる副作用を引き起こす同じ製造されたアミノ酸を含んでいる少なくとも40の付加的な成分があることを認識しています。この処理された(製造)遊離グルタミン酸(MSG)への反応は軽度で一過性の衰弱の範囲および/ ​​または生命を脅かす、と皮膚の発疹、単純な頭痛、吐き気/嘔吐、喘息様症状、片頭痛、頻脈、パニックを含みます攻撃、アナフィラキシーショック、発作、うつ病、およびより多くの。参照副作用のリスト ラベリングキャンペーン真実でコンパイルします。

グルタミン酸ナトリウムの有害反応の最初の公開された報告書は、に掲載された手紙の中で1968年に登場のニューイングランドジャーナル医学(175)。ロバート・ホー・マンクォック、シルバースプリング、メリーランド州の国立生物医学研究財団の上級研究研究者は、彼が米国にあったので、彼が食べたときはいつでも、数年の間、彼は奇妙な症候群を経験していたことを彼の同僚に語りました中国北部の料理を提供するレストラン-彼は彼の母国の土地で経験したことがなかった経験。彼は、15または20分食べ始めた後、彼が経験したことを報告し、「徐々に両腕と背中、一般弱さと動悸に放射、首の後ろで...しびれを。」症候群は、約2時間続きました。彼は両方の医療および非医療友人から同じ症状の訴えを受けてまで、彼はそのような症候群のことを聞いたことがありませんでした。New England Journal of Medicine誌彼らは吹き替えジャーナル、の誰か、この「むしろ特異な"現象の詳細について追求に興味がある可能性がある場合、彼は、医療分野での彼の同僚に尋ねた「中華レストラン症候群を。」

10人は、ほとんどすぐに答えました。エイトは、同様の経験していたが、必ずしも同一ではない反応が特定の中国で食事をするときレストラン(クォックの場合のように、179-186)と、原因因子が何であるかの明確なカットという概念がありませんでした。2つは、彼らが可能性にトレース同様の反応経験したムスカリン 中毒(187)、または強力に非タンパク質神経毒、 テトロドトキシンフグ(188)で見つかったの。

クォックが症候群はグルタミン酸ナトリウムの摂取に起因する可能性があることを提供しますが、その後の問題New England Journal of Medicine誌にはシャンバーグとの両方からの手紙実施Byck(189)と条件を研究していたニューヨーク大学の薬理学の学生のグループをクォックと彼の友人が経験したシンドロームは、グルタミン酸ナトリウムの摂取に反応したことを、明確に述べられた選択科目のプロジェクト(190)のために。

シャンバーグとByck 189)は、反応が十分に経験豊富なアレルギー専門医と中国・レストランの所有者に知られていた議論されていることを指摘しました。彼らは反応の性質に関連する予備的仮説を提供しました。アンボスら。(190)は、反応は、文献に引用されていなかったが、それは明確で認識されていたことを追加"...特定の人や、いくつかの家族の中に。" グルタミン酸ナトリウムが最も頻繁にクォックが言及した反応から成って敏感な人に反応を引き起こすことを一般的な合意がありました。シャンバーグとByckは失神、頻脈、と述べた流涙、束状と吐き気は、それらがグルタミン酸ナトリウムに敏感であることが判明していた人々の間で認められたが、一度、彼らはグルタミン酸ナトリウム以外の原因に起因するものでした。(当時、誰もがグルタミン酸ナトリウムは、神経毒であり得ることを夢見ていません。)発症  時のグルタミン酸ナトリウムの可能な反応として検討されている副作用のためには、2時間45分の期間で10~25分でした。シャンバーグは、グルタミン酸ナトリウムの5グラムは感受性の個体における反応を生成することになると述べました。アンボスら。( 190)は、トマトジュースの6オンスガラスあたり小さじ2を6オンスのガラスあたり4杯は男性の反応を誘発するために必要とされた一方で、女性の反応を誘発するために必要なことを示しました。

1969年には、シャンバーグら。( 191)は、彼らが行った研究の結果を報告しました。今回は、両方の頭痛や胸の痛みが症状のリストに追加された、との点は、個人間の閾値用量にはかなりのばらつきがあるという事実を用いました。実験は、試験材料の広い範囲の実験条件の多様を用いて行きました。シャンバーグら。(191)

「私たちは今、[グルタミン酸ナトリウム]が広く消費されている食品の製造に使用される量で、望ましくない効果を得ることができることが示されている」、と結論付けました。

追加の症例報告は随時に自分自身を提示しました。1972年に、アプトンと手押し車(192)は、てんかんの女性の彼らの観察に基づいて、それは上の患者に助言するのが妥当と思われる、と警告したジフェニルグルタミン酸ナトリウムが豊富な食品を避けるために。

随時、症例報告は、グルタミン酸ナトリウムの摂取に関連する副作用のインスタンスを記述する公開されています。報告がある頻脈( 213)、小児の過活動やヒステリー活性(214~215)、paraesthesiae 手足の(216)、重度の「燃焼」頭痛(217)、発汗を伴う重篤な上腹部痛と圧力と胸部の灼熱感(217)、血管浮腫(218)、及びモノアミン服用している患者に見られるものの典型的な血管性頭痛の形で高血圧反応(219)オキシダーゼ阻害剤。 ラトナーら(217)レポートその苦情最終的にはグルタミン酸ナトリウム感度として解決された、片頭痛(2回)、心筋梗塞、脳腫瘍、神経症、機能性大腸炎、およびうつ病だった7人の患者における初期診断。

1975年にライフ -Lehrerはに書いたNew England Journal of Medicine誌の子供がグルタミン酸ナトリウムの摂取に反応することを報告し、有病率のほぼ同程度で大人に類似した症状を説明、。彼女は3例を提示し、子供の震動との関係を議論し、てんかん「発作」、「[グルタミン酸ナトリウム]震え」、およびグルタミン酸がでけいれん性疾患を引き起こすことが報告されている実際の動物(220)。その後、Andermannらは、グルタミン酸および本態性振戦(221)の間の可能な関係についてコメントしました。

今後2年間の間に、ライフ -Lehrer 1)一ナトリウムに子供の明らかな有害反応の追加の報告書公表されたグルタミン酸(222); 2)アンケート調査の結果は、アンケートへの応答者の25%と人の30%は、彼らが中国のレストランの食べ物報告された有害反応(223)にさらされていたことを報告していることを確立します。3)ヒトでのグルタミン酸ナトリウムの副作用の可能性のある重要性(224)の長いレビューとレポート。

コールマン(225)に書いたニューイングランドの医療グルタミン酸ナトリウムに精神反応の2例を報告し、1978年に。

コメントとの観測も発表されている。ノイマン( 226)頻繁な心室早期のビートが関与する反応を見たと報告しました。彼は[グルタミン酸ナトリウム]に対する感度が稀ではないので」、と警告及び理由損傷し、脆弱な、または過敏性心筋与えられた予測不可能な結果の、障害をリズムに傾向を持つ患者は、プレハブスープを警戒すべきである、と肉」tenderizers 「中国のレストランの料理に加えて。なお、用語「中華料理店症候群は、「絵ながら、あまりエキゾチックな食品に使用グルタミン酸ナトリウムのトンを考えると狭すぎる。症候群は本当にと呼ばれるべきであることは、何ですか[グルタミン酸ナトリウム]アトピー。そして、心臓血管系は、そのチーフターゲット」(226)です。

ゴアとサーモン( 227)は、ランダム化されたグルタミン酸ナトリウム及びプラセボ試験与えられた55の被験者を観察し、グルタミン酸ナトリウムの反応が有意であったが、記録された症状は、CRSのものではなかったと指摘しました。彼らは、CRS(中国語ではなかった症状に反応の意味を疑問視レストラン症候群)。  ザウバー (228)意味が完全に明らかになったことを指摘-ゴアとサーモンは最も普及していることがわかっ症状は、実際にあったこと、グルタミン酸ナトリウムの最も一般的な目に見える効果。
 

喘息はによって広く研究されてきたアレン(229 から230)。彼が探求し、可能なリンクを問う、との関係のための可能なメカニズムを探求、喘息にグルタミン酸ナトリウムの可能な関係を議論しました。中華レストランまたは類似の食事の後、重度の喘息の既往があったいくつかの人の喘息の32科目を使用して、単一盲検試験(230)で、彼はいくつかのケースで12時間まで延期された用量依存性の反応を発見しました。

Moneret- Vautrin 231)は、グルタミン酸ナトリウムの高用量(2.5グラム)に不寛容で、「内因性喘息患者の...非常に小さなサブセットを...」発見を報告しました。

線維筋痛症は、効果的に治療することが困難な場合が多い一般的なリウマチ性疾患です。Smithら 限られた成功を収めて、複数の治療法を受けたすべての人の2~17年間、線維筋痛症候群と診断された4人の患者、について報告しました。すべてが完了した、またはほぼ完了し、彼らの食事からグルタミン酸ナトリウムまたはグルタミン酸ナトリウムを加えたアスパルテームを除去した後ヶ月以内にその症状の分解能ました。グルタミン酸ナトリウムがされるたびにすべてのは、症状の再発を持っていた摂取(232)。

処理された(製)遊離グルタミン酸(MSG)との関係と片頭痛は、アルフレッドによって調査したScopp(233):1991年に、「レビューとケーススタディMSGおよび加水分解植物性タンパク質誘発性頭痛」と題した研究を発表し、。1993年に、マルティネスら。(234)を測定グルタミン酸やストレスに苦しんでコントロールと比較すること、攻撃時のプラズマと共通と古典的な片頭痛の患者の脳脊髄液(CSF)中のアスパラギン酸レベル、。グルタミン酸のCSF濃度がより高いであったが、片頭痛患者におけるアミノ酸の血漿レベルは、対照よりも低かった片頭痛患者対照に比べ。著者は「...結果はおそらく神経の状態好む、攻撃中に片頭痛患者の[中枢神経系]で神経興奮性アミノ酸の過剰を示唆すると結論過剰興奮を。」マルチネスら。中枢神経系のCSF中のグルタミン酸レベルと片頭痛の関係を発見しました。

現在、米国ではほぼすべての頭痛クリニックは、(一般にMSGと呼ぶ)」は、処理の遊離グルタミン酸は「片頭痛のトリガーの一つであることを認めています。よるとScopp(誰が、一度に、カリフォルニア州北部頭痛クリニックであった)、片頭痛患者の少なくとも33%がによってトリガーいくつかの片頭痛持ちのMSG( 235)。

で、そこ公表された文献にグルタミン酸ナトリウムに関連する副作用のいくつかの報告があるだけで、それらのほとんどはグルタミン酸ナトリウムとそれに対する副作用の任意の並べ替えの間には何の関係は認められませんふりひどく欠陥のある研究のレポートです、すべてが資金を提供します部分的には、味の素の国際グルタミン酸技術委員会および/ ​​またはグルタミン酸業界の他の人が少なくとも。グルタミン酸ナトリウムは、はるかに独立した研究者によって報告された研究数を上回る「安全」であることが実証されたと主張する者、業界主催のレポート。不一致の理由は単純です。そのグルタミン酸ナトリウムは、「安全」である見つけることふり研究を生成する人は、必ずグルタミン酸産業によって、直接または間接的に、これを行うには支払われます。しかし、誰食品や製薬会社や米国食品医薬品局(FDA)は、食品添加物の潜在的な毒性を調査するために設計された資金調達の調査ではありません。また、  人々の産業の巨人を不快に研究を行う塗抹嫌がらせすることが両方知られています。食品添加物に観察された有害反応のいくつか公開されたレポートは、臨床観察に関連する、編集者への手紙の形で主に来ます。

FDAは、その副作用モニタリングシステム(ARMS)と他の場所の両方で、グルタミン酸ナトリウムおよび/または遊離グルタミン酸を処理し含まれる他の成分(MSG)への感度を報告する人々からの手紙のそのファイル番号にあります。題する1989年10月6日と1990年6月8日付けのFDAの健康被害評価ボードへの覚書では、「[グルタミン酸ナトリウム]摂取に関連する有害反応は、「リンダTollefsonはのようARMSに報告された症状を詳細に説明しました各日付。リストには、頭痛、嘔吐、吐き気、下痢、心拍数の変化、気分の質やレベル、腹部の痛みやけいれん、バランス、局所的な痛みや圧痛とめまいや問題、睡眠障害、視力の変化、疲労感、脱力感の変化が含まれて体温、呼吸困難、地元の腫れ、関節や骨の痛み、胸の痛み、感覚の変化(しびれ、うずき)活性レベルの変化、血圧の変化、嚥下困難、およびよりの変化。

(ではTollefsonは、「...何も...提出... MSGは人間の健康に有害であることを示唆するがなかった。」と、彼女に材料のすべてが利用可能に検討した後、結論付けていることを事実Tollefson注意しなければなりませんMSGに対する感度の非指標として提示例すべてを考えてすることを選択した事実については何も言っていません。)

副作用のさらなる報告は、ラベリングキャンペーンにおける真実と共有されている。  例としてはで発見され弊社までご連絡ください消費者それを ...


参考文献

1. ライフ -Lehrer、L. 中華料理店症候群の有病率のアンケート調査。 連盟会報 36:1617年から1623年、1977年

2.ケニー、RA及びTidball、経口L-グルタミン酸にCSヒトの感受性。 アムJ CLIN NUTR。25:140-146、1972。

3.カー、GR、ウー・リー、M、IL-Lozy、M、McGandy、R.、およびステア、F.食物の症状のアンケート:需要バイアス質問のリスクと人口バイアスされた調査。で:グルタミン酸:生化学や生理学の進歩ファイラー、LJら、編。ニューヨーク:レイヴン出版、1979。

4.シャンバーグ、HH、Byck、R、Gerstl、R、及びMashman、JH一ナトリウム、L-グルタミン酸:中華料理店症候群におけるその薬理学および役割 サイエンス 163:826から828、1969。

175クォック、RHM。中華料理店症候群 。エディターへの手紙 エングル Jメッド 278:796、1968。

。179シャンバーグ、H中華レストラン症候群エングル Jメッド 278:1122、1968。

180 McCaghren、TJ中華レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1123、1968。

181メンケン、M中華レストラン症候群。N エングル Jメッド 278、1123、1968。

182 Migden。、W・中国・レストラン症候群 エングル Jメッド 278:1123、1968。

183 ラース。、J.中国レストラン症候群エングル Jメッド 278:1123、1968。

184 Beron、EL中華レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1123、1968。

185 Kandall、SR中華レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1123、1968。

186ゴードン、ME、中国レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1123から1124年、1968年。

187.ローズ、EK中華レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1123、1968。

188デイヴィス、北東中国レストラン症候群。N エングル Jメッド 278:1124、1968。

189ショームバーグ、HHとByck、R.シン CIB-SYN:グルタミン酸にアクセント。N エングル Jメッド 279:105、1968。

190アンボス、M、レビット、NR、Marmorek、L、およびWolschina、SBシン CIB-SYN:グルタミン酸にアクセント。N エングル Jメッド 279:105、1968。

191ショームバーグ、HH、Byck、R.、Gerstl、R.、およびMashman、JH一ナトリウム、L-グルタミン酸:中華料理店症候群におけるその薬理学および役割 サイエンス 163:826から828、1969。

192アプトン、ARM、および手押し車、HS中華レストラン症候群の再発。N エングル Jメッド 286:893から894まで、1972

213ギャン、患者におけるD.心室頻拍」中華料理店症候群」南部医療J 70:879から880、1977。

214 Asnes、幼児で中華料理店症候群のRS。CLIN Pediat 19:705から706、1980。

215コクラン、JW、およびコクランAH一ナトリウムglutamania:中華料理店症候群が再訪 JAMA 252:899、1984。

216フリード、DLJとカーター、R.神経障害によるグルタミン酸ナトリウム不寛容に。アレルギーの史料 48:96-97、1982。

217 ラトナー 、D.、Esmel、E、およびShoshani、グルタミン酸ナトリウムのE.副作用:診断問題。 イスラエルJメッドサイエンス 20:252から253、1984。

218スクワイア、ENジュニアアンギオ浮腫 およびグルタミン酸ナトリウム。ランセット 988、1987。

219ポール、R.、バロン ​​、R.、およびBerchou、R.反応MAOIを服用患者におけるTチキンナゲット。 アム J精神 145:651、1988。

220 ライフ -Lehrer、Lと Stemmermann、MB対応:子供のグルタミン酸ナトリウム不耐症。N エングル Jメッド 293:1204から1205年、1975年。

221 Andermann、F.、Vanasse、M、およびウルフ、LS対応:子供の震え攻撃:本態性振戦とグルタミン酸ナトリウムエングル Jメッド 295:174、1975。

222 ライフ -Lehrer、L.レター:可能なMSG不耐性を持つ子どものための検索。小児科 58:771から772、1976。

223 ライフ -Lehrer、Lの有病率のアンケート調査中華 レストラン症候群。連邦PROC 36:1617から1623年、1977年。

224 ライフ -Lehrer、ヒトでのグルタミン酸に対する副作用のL.可能意義。連盟会報 35:2205年から2211年、1976年。

グルタミン酸ナトリウムに225コールマン、AD考えられる精神反応。N エングル Jメッド 299:902、1978。

226ノイマン、HHスープ?それはあなたの健康に有害な場合があります。アムハートJ 92:266、1976。

227ゴア、ME、およびサーモン、PR中華料理店症候群:事実かフィクションランセット 1(8162):251、1980。

228 ザウバー、WJは、中華料理店症候群とは何ですか?ランセット 1(8170):721から722、1980。

229アレン、DJ、およびベーカー、GJ中華レストランの喘息。N エングル Jメッド 305:1154年から1155年、1981年。

230アレン、DH、Delohery、J&ベイカー、GJ一ナトリウム、L-グルタミン酸誘発喘息。アレルギー誌ClinicalImmunology 80:いいえ4、530から537、1987。

231 Moneret-Vautrin、DAグルタミン酸ナトリウム-誘発性喘息:30喘息患者における潜在的なリスクの調査と文献のレビュー アレルギー Immunologie 19:いいえ1、29-35、1987。

232スミス、JD、Terpening、CM、シュミット、SOF、およびガム、JG  線維筋痛症の救済symptons followoing 栄養興奮毒の中止を。 年報Pharmacoltherapy。35:(6)702~706。

233 Scopp、AL MSGと加水分解植物性タンパク質誘発性頭痛:。レビューやケーススタディ 頭痛 。31:107-110、1991。

234マルティネス、F。ら。片頭痛発作時の血漿および脳脊髄液中の神経興奮性アミノ酸レベル。頭痛 13:89-93、1993。

235 Scopp、A.パーソナルコミュニケーション。6月17、2002年。

 

原文


この毒物MSGの製造 販売は止まる気配は無い。


以下貼り付け



http://202.234.38.132/ois/fryday1.htm
諸外国で「味の素」すなわちグルタミン酸ソーダ(MSG)の毒性、有害性を指摘する学術論文が多いことに、驚かされる。「生後10~12日目のマウスに体重1㎏当たりMSGを0.5g経口投与すると、その52%に、1g投与で100%に神経細胞の損傷や破壊が起こった」(70年、ワシントン大学オルニー博士)。「味の素」が「脳細胞を破壊する」という衝撃的報告だ。

脳生理学の分野ではMSGを「神経興奮毒物」(ニューロ・トクシン)と呼ぶ。 

 脳には「血液-脳関門」と呼ばれる保護機能がある。“関所”のように有害物質の侵入を阻んでいる。ところが出生直後は、この“関所”を閉じていないので
神経毒物「味の素」はフリーパスで、未成熟脳を直撃する。

この関門の完成は3才ごろ。「乳幼児に『味の素』を与えてはいけない」という根拠だ。また脳の視床下部や下垂体などには「脳関門」はない。この部分へのMSGアタックによる細胞破壊が報告されている。人間はとりわけグルタミン酸塩の影響を受けやすい。経口投与実験でも、血中グルタミン酸濃度は人間幼児はサルに比べて約20倍、大人でも15倍ほどはねあがる。 

 化学調味料入りワンタンメンなどを食べるとしびれ、頭痛、圧迫感などを感じる場合がある。「中華料理店症候群」と呼ばれる急性中毒症状だ。

フィリピンなど東南アジアでは、野犬を捕獲するときに缶詰の魚にアジノモトを振りかけて広場に置く。野犬がガツガツ食べると、そのうち足がふらつきはじめ、昏倒する。そこを捕らえる。日本でも“暴力バー”のホステスが酒に「味の素」を振りかけ、酔客を前後不覚にさせ金品を奪う事件も起こっている。

「味の素」の急性神経毒性は、一般人もとっくにご存じなのだ。 

 脳損傷により、さまざまな副次症状が引き起こされる。甲状腺や副腎などの重量低下、ホルモン類の著しい減少、不妊などの生殖異常など。さらにビタミン欠乏症、指がくっつくなどの骨格異常、染色体異常、催奇形性・脱脳症・唇裂・無眼症・・・・・・。MSG加熱で強い発ガン物質も生成される。バーベキューなど心配だ。油と加熱しても強烈な突然変異原性物質に変化する。そのほか、腎臓障害から痛風、網膜損傷・・・・・・。MSG加熱の有害性を指摘する内外の論文の多さに暗澹とした。 

 私は、最近MSGの内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)のような作用を疑っている。グルタミン酸の金属塩(ナトリウム)であるグルタミン酸ソーダは、体内ですべてグルタミン酸に遊離するわけではない。一部未分解のグルタミン酸金属塩が脳組織の発達時に、環境ホルモン作用を引き起こすのではないだろうか?この疑いを抱くのも、「味の素」の生体への有害作用があまりに環境ホルモン作用の症例に酷似しているからだ。 

 もう一つの懸念は、石油合成法による「味の素」だ。かつて四日市工場で月産1000tも大量生産されていた。ところが強烈な発がん物質3・4ベンツピレンが混入していることを専門家や市民団体が告発。同社は明確な反論も行わず、突然'74年、同工場を閉鎖。しかし、残る2工場は輸出向けに生産続行。同社は生産量、輸出量、海外生産量ともに「企業秘密」だ。 

 味の素は味覚を狂わせる“白いインベーダー”だ。

私はMSGの有害性を『味の素はもういらない』(三一親書)にまとめ、同社にコメントを求めると「反論はありますが、公表できません」(広報部)。これにはあきれた。同社は元刑事をスカウト、総会屋対策などダーティーな仕事をやらせていたと言われている。彼が使いまくった闇金は約10億円。底知れぬ暗部を抱え持つ同社を、私は“恥の素”と呼ぶことにしている。 

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-fb5d.html

 
メーソン、イルミナティたちは肉や市販のものは食べない

増川   アメリカでは「犬も食わないマクドナルド」と言っているものを、毎日常食している男性や子どもがいますね。フライドチキンですが、あれは遺伝子操作した4本足チキンですよ。ケンタッキーフライドチキンでは、すでに20年前から4本足のニワトリです。私の知っているユダヤ人の一族は、昔から「あれはサイボーグと同じ」と言っていました。

船瀬   それだと、足のモモ肉が1羽で2本のところが4本取れるからね。
  だから現在のブロイラー生産は、暗闇で密室飼いだからニワトリは2本足では立てない。しかしこの写真は不気味だ。同じく遺伝子組み換えでつくったヌードチキンというのがあって、毛が生えないのや羽根がないのがいる。つまり、羽根をむしる手間が省けるわけだ。「品種改良で遺伝子操作ではない」と言っているが、こんなものが品種改良でできるはずはない。

増川   今はもうトリだけじゃないですよ。
  牛も豚も全部遺伝子組み換えで、毛がないのや薄い皮の種もある。それは処理や調理が楽にできるためです。鮭も遺伝子組み換えです。今、遺伝子操作されていない植物は「マメ科だけだそうで、さやに入っている豆。モンサントの人に聞いたら、さやに入っているものだけは遺伝子操作が難しいと。でもそれももうすぐ成功すると言っていました。だから原種、固定種、在来種を持っている農家などから買うしかありません。

船瀬   三重県にあのロックフェラーが直接来たんだってね。
自家採取をやっている市民団体に乗り込んで来て”ストップ”と言ったそうだ。

「アミノ酸等」の表示の意味は、「神経毒」

増川 ロックフェラーも来たし、ロスチャイルドの娘も去年来ています。
  日本の現況をチェックしに、調査しに来ていて、日本全国にコソコソと監視に来ている。戦後、A社(味の素)にアミノ酸の製造免許を渡し、作らせたのはアメリカのサール社です。サール社はアスパルテーム(人工甘味料)を作っているところです。その子会社がいくつかありますが、実質上の大株主はロスチャイルドです。(人工甘味料も神経毒)

船瀬   生化学学会では、グルタミン酸ナトリウムのことをニュー・トクシン(神経毒)と呼んでいる。あとたまげるのは、グルタミン酸ナトリウムは医薬品として使われていることだ。私は医薬品添付文書を手に入れた。それには重要な副作用に頭痛・悪心、嘔吐、しびれ、そのほかに脳波異常、頻脈、胸部不快とか、中華料理店症候群の症状が全部出ていますよ。いわゆる心悸亢進や呼吸困難、灼熱感とかね。「味の素」には「毒がある」と医薬品添付文書にちゃんと書いてあるんだ。

増川   それだけでなく心臓の動悸から停止、興奮毒性による発作や急死が多発しているわけですが、メディアは一切無視ですね。そもそも食品添加物すべてが、運ばれる時に「どくろマーク」がついています。それが食品に入れる時には取られるわけで、もとはどくろマークのもので、毒を少しずつ時間をかけて摂取していけば危険なのは当然で、それは時間の問題です。

船瀬   「アミノ酸等」と表示が変わりましたね。
      一説によると、そのために業界の工作資金で数億円が使われたという。つまり、化学調味料とかグルタミン酸ソーダといった表現を消すために操作が行なわれたのです。「アミノ酸等」という表記で、アミノ酸だと思っている人が多いでしょう。そして他の合成添加物がこの表記に一括して含まれている。グルタミン酸のナトリウム塩は金属化合物ですよ。

増川   うま味調味料という表示が、今やあらゆる食材や加工品に書いてあって、ほとんどのおせんべいやおかき、スナック、駄菓子のすべて、幼児用の食べ物にまでアミノ酸が入っています。味覚がバカになってしまうと、それが入っていないものはおいしくないと習慣化するのです。自然の材料本来の旨みがわからなくなり、調味料でおいしいと勘違いするのはすごく怖いですね。今、アミノ酸以外に、「酵母調味料」など違う名称を作ってごまかしていますね。

船瀬   最近、講演に行った時に、「見て下さい」と持って来られた卵サンドには驚いた。それはさっき買ったんじゃないかという感じの、コンビニのサンドイッチなんだけど、実は常温で1年間保存していた物だという。パンも真っ白でしっとりしていて、卵の黄身も黄色いし、カビも生えていない。それと7月に買ったおにぎり。今年の夏はすごく暑かったのに、あの炎天下を越して3ヶ月経ってるのにまったくカビが生えていない。私は絶句してあわてて表示を見たら、添加物は「乳化剤」としか書いてない。

増川   「乳化剤」という表示の中に、添加物を全部まとめて入れてしまったわけですね。

船瀬   そう。いわゆる一括表示で、日本の食品表示は世界でも最悪と言われていて、抜け穴がいろいろある。それは前もって原料にいろいろ混ぜておくわけで、キャリーオーバーはやり放題。

増川   国産のものが5%しか入っていなくても「国産」になると聞きました。
      物が経由して来ている場合、もとは中国でも、日本に1週間以上置いたら日本産になってしまうのです。

船瀬   ウナギがそうだよね。
      中国からビニールに入れて持ってきて、浜名湖にボチャンと浸けると”浜名湖”産のウナギに化けるんです。私はそれを”トランジット”と呼んでいる。

増川   多くのウナギが福建省からきていますが、四国の池に1週間入れると四国産になるのです。福建省ではすごい量の抗生物質を使っていて、薬漬けのウナギです。私は福建省へ行った時に、目の前でドッサリと入れているのを見ましたが、これらのほとんどが台湾経由で日本の業者の池に入る、と悪びれずに言っていました。福建省へ行った時見たのは、ウナギの餌の部屋に置いてある抗生物質やその他の薬品の量の多さで、それには驚きましたね。

船瀬   アメリカ産の牛肉には、成長ホルモンが和牛の600倍残留していました。
      成長ホルモンは猛烈な発がん物質ですよ。輸入解禁でそうした牛肉を多く食べてきた世代が50代を超えるころから、ホルモン由来の癌が多発してきます。乳がんや卵巣がん、子宮がん、男性なら前立腺がんなどで、これらがちょうど以前より5倍に激増しています。牛丼が280円になったとかマスコミが言っていますが、その丼の牛肉は成長ホルモン漬けの米国産牛肉です。

メーソン、イルミナティたちは肉や市販の物は食べない

増川   私が留学していた時、たまたまホームステイしていた家がやはりメーソンだったのです。後で知ったのですが、彼らは自分たちが食べる安全なオーガニック野菜を使用人に作らせていて、一切肉を食べない完全なベジタリアンだった。彼らがそうとは知らない知人からステーキ用の肉などをもらうと、一応ニコニコして受け取り、後で「これは人間の食べる物ではないから」と言って犬にやっていました。

   彼らが旅行に行く時には、自分の家のコックが作ったベーグル(パン)とかサラダなどすべて作って持って行く。また長期滞在の時は、現地で親戚や友人関係から新鮮なオーガニック野菜を調達する。お金は余るほど持っているけど、絶対に安易には外食しない。水ももちろん持って行きます。

船瀬   フリーメーソンは水道水は絶対飲まないそうだね。
      彼らが有毒フッ素や塩素を入れた張本人だから、当然飲まないわけだし、外のものに悪いものが入っているのを知っているから絶対食べない。

増川   彼らはハム工場とかいろんなものを持っていて、親戚も食肉会社や冷凍食品会社を持っている。でも彼らはそうしたものは一切食べないし、肉もまったく食べない。ほとんどのメーソンでユダヤ人のトップクラスの人たちは、動くものは一切食べない。お米や小麦粉もスーパーのものは危険だといって、親戚からしか買わない。スパイスもそうで、スパイスは実は農薬、防腐剤、乾燥剤がすごいのです。

   実は私も完全にベジタリアンです。
   そもそも目を持って追えば逃げるものは、感情があって恐れを持っているのでそうしたものは一切食べません。まだ肉を食べている方に忠告したいことの一つは、肉にはあらゆる化学物質を生体濃縮しているので危ないということです。それがホルモン剤や農薬、放射能汚染物質等です。

船瀬   農薬の最大の汚染源は肉です。牛に食わせている資料用作物には、農薬の上限がないんです。それを食べるのは豚や牛、鶏だ。その豚や牛や鶏を人間が食うんじゃないよ、バカ野郎。

増川   今、牛と豚の屠殺の時期がどんどん早くなっている。その理由は、彼らの病気の末期になるのが早まっているからで、生後半年ぐらいで病気になる。ほんとうに可哀想ですよ。人間がやっていることは本当に残酷です。そもそも命を殺傷すること自体が間違っています。ピンとこない人々が多いと思いますが、実際にこうした現場を見たら、良心が傷んでショックで食べられなくなると思う。

   レストランに行くと、肉料理しかないところがたくさんあって本当に困ります。
   この間サンタフェに行ったのですが、メキシコ料理までヴィーガン(完全ベジタリアン食)がありました。あちらは進んでいますね、古代の叡智を受け継いだ先住民が多いから。

船瀬   結局、これまでの教育が「狂育」なんです。
      医療がそうだし、栄養学がそうです。”近代栄養学の父”と言われるフォイトの栄養学がまさにペテンです。

増川   ドイツ栄養学はめちゃくちゃですね。
      あれを信奉した人や真面目な学者、その影響下にある人だけでなく、本人も不健康でしたね。アメリカのFDA(米食品医薬品局)の人たちもおかしいと気づいて告発していますね。世界中で起こっている伝染病も、ほとんどすべてが闇の権力者たちの仕組んだことだとわかってきています。それも人口削減計画のテストだった。

「予防接種」という言葉に騙されてはいけない

船瀬   スペイン風邪は、完全に予防接種が原因だった。
      第一次世界大戦の時、アメリカをはじめ連合軍の兵隊たち全員に注射を打ち、その兵隊たちが全世界に散って拡散した。死者は5000万人とも、1億人とも言われるが、あれは風邪ではない。あれはアメリカが予防接種ということで兵士たちに打って、悪性インフルエンザをばら撒いてしまった。そして最悪の免疫暴走(サイトカイン・ストーム)で沢山の人々が急死した。

増川   その時に「予防接種」という言葉を使っているところが悪質です。

船瀬   ワクチンなんて効いたという証拠はゼロです。
      あれは将来の病人大量生産のための仕掛けワナで、そのために人類のほとんどは、未だに騙されてワクチン信仰に侵されている。

増川   日本のツベルクリンもみなそうですよ。

船瀬   ジェンナー自体が詐欺だから。
      ワクチンもその黒幕は国際医療マフィアのロックフェラーだ。ナチスの時代、ドイツがジフテリアの予防接種をしたら、ジフテリア患者が約3000倍と爆発的に増えた。こうした仕掛けを彼らは今も続行しているわけです。

増川   私は一切受けたことがないんです。
      祖母が直観で、受けるのやめなさいと。人間の浅知恵で予防なんかできない、それより免疫力を高めたほうがいいといって、一切受けさせなかった。だからその日は学校を休むんです。

   今、人間だけでなく、犬にもどんどんワクチンを打つようになりましたね。
   飼い始めは月に3回とかで、獣医が言っていましたけど、アメリカでも犬にワクチンを打って、よだれを垂らして具合が悪くなる犬がいっぱいいるそうです。余りにおかしくなる犬や猫が多いので驚いて、ワクチンをやめた獣医もいます。アメリカではワクチンを打ったという申請をしないと、獣医の免許を取り上げられるようです。つまり、毎月ワクチンをある程度買わないと免許を取られるわけで、なぜ少ししか売れないのかということで圧力がかかる。

船瀬   有名タレントが出て、ワクチンをすすめるCMがテレビ放映されている。
 
 ワクチンの「医薬品添付文書」は「劇薬」とはっきり警告している。それは「死ぬ場合がある」という毒薬の意味ですよ。そして中身は80~100種類の毒物のエキスだ。それを接種された子どもの死亡事故が相次ぐのは当然だ。親はまず、「添付文書」をネット検索でもして読むべきです。そうすれば驚愕して子どもに受けさせようとは思わないはず。

   子宮頸がんワクチンの正体は、不妊剤が配合された”断種薬”だし、子どもの急死の続発する日本脳炎ワクチンなど、そもそも国内での患者発生は年にわずか3人! なのに国をあげて予防接種を強行する。ワクチン利権を握るやつらに、政府まで牛耳られているという明らかな証拠だ。

book  『大崩壊渦巻く[今ここ日本]で慧眼をもって生きる!』
      増川いづみ×船瀬俊介  ヒカルランド 抜粋