気象兵器による人工台風 連続発生?
目的は日本国土 農業へのダメージ?


http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-26

台風10号の進路操作はソーラーエン社が開発したシステムによってベクテルが実行した? [国際情勢]

◆地震への警戒も必要

台風による大雨と地震の関係を指摘してきておりますが、HAARP を理容した電離層への高温照射が続くと当然、地震を誘発することも十分考えられるのですが、台風10号の往路時に目立った地震は関西方面で発生しませんでした・・・小さなものは広島・徳島・トカラ列島方面でありましたが、 HAARP の影響としては軽微なものとなりました。

再度。北上を開始する復路での HAARP による電離層への照射に反応する可能性が非常に高いと言えますね。
特に東海へ上陸する為、台風の向きが28・29日より本州に向かい出した場合が最も危険なのです。


 http://ameblo.jp/univers2013/entry-11617243432.html
 

2013-09-19 20:05:00 
テーマ:

宇宙太陽光発電などの技術開発を進めている米ソーラーエン(SolarEn)社が宇宙太陽光発電用に軌道上に投入した衛星ステーションから、台風やハリケーンに対して電力中継用の電磁ビーム照射を行うことで、台風の渦の内部の温度を人工的に上昇させ、台風の勢力を衰退させる技術を考案、米特許庁に特許申請

電磁ビーム照射で台風、ハリケーンの勢力を弱体化との事だが、台風、ハリケーンはアメリカ、日本でも被害が大きいのは何故であるか?
何故、弱体化が特許に成ったのあれば、台風、ハリケーンが弱体化された実績が無いのであろうか?、報道された事は無い、逆に台風、ハリケーンの被害は酷い。
haarpに変わる、衛星を利用した台風、ハリケーンをコントロール出来る、衛星から電磁波をコントロールするのであれば、HAARPと同じく地震、人間への脳への攻撃も可能かと。

米軍の航空機からケムトレイルを撒いているのか。特に8/11から数十倍の散布でした。
台風18号が今までに無い被害になり、竜巻など起きた事がなかった日本が毎日の様に起きるのか。

ケムトレイル のアルミニウムは、電磁波を反射させる事で強力にします。


軌道上からの電磁ビーム照射で台風の勢力を弱体化、米社が特許申請

宇宙太陽光発電などの技術開発を進めている米ソーラーエン(SolarEn)社が宇宙太陽光発電用に軌道上に投入した衛星ステーションから、台風やハリケーンに対して電力中継用の電磁ビーム照射を行うことで、台風の渦の内部の温度を人工的に上昇させ、台風の勢力を衰退させる技術を考案、米特許庁に特許申請を行っていたことが判った。



米特許内容を、日本語翻訳しpdfにしたものです。

口博士ノブログから台風18号「サンデー・マンニー」日本を襲う!:


CERN 
LHC大型ハドロン衝突型加速器の隠された真の目的とは???



CERN
欧州原子核研究機構(おうしゅうげんしかくけんきゅうきこう、CERN) は、
スイスジュネーヴ郊外でフランスと国境地帯にある、世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。
cern-666

666のロゴマークの意味するものは?



スイスのジュネーヴ西方にある、スイスとフランスの国境をまたぐ地域に、2つの研究地区といくつかの実験施設がある。

地下には 全周 27km の円形加速器・大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) が、
国境を横断して設置されている。
LHC は先行実験器である大型電子陽電子加速器 LEP に接続する形で建造されている。

LHC

cern stargate

地震兵器LHC

ALL POINTS ALERT CERN: Large West Pacific earthquake strikes South Japan again today.

https://tatoott1009.com/2016/04/15/all-points-alert-cern-large-west-pacific-earthquake-strikes-south-japan-again-today/

(気になる説が、、真相は如何に、以下転載)


CERN(欧州原子核研究所)では人類の進化をブロックする

開発が行なわれている。???



ケムトレイルは、銀河の中心から届く変容のエネルギーと、

太陽からあなた方に届くバイタリティをブロックします。


スイスのジュネーヴ近郊に作られたCERN(欧州原子核研究機構)ですが、

あなた方に説明されているのは、ブラックホールを人工的に創ったり、

時空を歪めたりする実験の機関だということです。

ですが
その隠された真の目的は、

銀河の中心から届く人類を進化に導く周波数を、

地球の磁場を改竄することで意図的にブロックすることです。

 
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-6497.html



地震兵器としても使えるのか?

 ☆ネパール地震発生の同時刻にCERNがビームの出力を上げていた
 http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12020821354.html

ネパール地震

スカラー波兵器 洗脳支配 

発癌兵器?

(反米の中南米の指導者が次々と癌に倒れた原因は

 スカラー波兵器も関係しているのか?)

それともCIAの暗殺工作員が近接兵器や
毒物を使用したのか?

日本の政治家もCIAに脅迫されているのか?

以下転載
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51872738.html

「南米のリーダーが6人も癌になりました」
アメリカは自分達の言う通りにしない国々のリーダーを死に追いやるのが好きなようです。
ベネズエラのチャベス大統領が先日ガンで亡くなりましたが。
他にも南米では6人のリーダーがガンを患っています。

彼等はみなアメリカのやり方に批判的です。しかし彼等は左翼の政治家です。

アメリカも完全に左翼共産主義化しています。アメリカも南米もみな、NWO共産主義統制下にあると言ってもよいのではないでしょうか。同じ共産主義同士が争っています。南米は中国やロシアが入り込んでいますので、反米意識が強いのかもしれません。まさに、南米においても、中東同様に、欧米VS中国、ロシアの対立が見えます。中国もロシアも、そしてアメリカや欧米勢力も、南米の資源を我が物にしたいのでしょうね。このような(特に)常任理事国(悪の枢軸国)による世界中の資源を略奪する行為が目立ちます。それにしても、アメリカ・イルミナティのやり方は汚すぎます。アメリカをNWOの中心国家にしたいためか、アメリカの命令に背いた反米国のリーダーを病気にさせたり暗殺してしまうのですから。。。
もちろんアメリカ単独で行っているのではないでしょう。

これまで日本の貴重な愛国政治家が何人もCIAに暗殺されました。

日本の政治家はCIAに暗殺されるのを怖がっているのではないでしょうか。


特に政権内部では常にCIAに監視されているのかもしれません。
そのためどうしてもアメリカの言いなりに動くようになってしまうのです。

TPP交渉参加を表明するなら、それはアメリカの脅しに屈したからかもしれません。

命を懸けて総理職を全うすると国民に誓った安倍総理ですからアメリカの脅しに負けずに日本を巨大な犯罪組織イルミナティから守ってもらいたいのですが。。。

まずは、心ある政治家らが、CIAが行ってきた
世界的な犯罪を世界中に暴露する必要があります。


http://www.hangthebankers.com/6-latin-american-leaders-who-criticised-us-policies-fall-ill-of-cancer-simultaneously-russian-leader-demands-investigation/

(概要)
3月6日付け:

今日、ロシアのジュガーノフ共産党党首は、アメリカを批判していたラテンアメリカ諸国の6人のリーダーがみな同じようにガンを患っているとして疑問を抱き、

ベネズエラのチャベス大統領の死について
国際捜査を行うことを要求しました。


アメリカの政策を批判しアメリカに支配されずに国家主権を守ろうと、強い同盟関係を結ぼうとしていたラテンアメリカの6ヶ国のリーダーが同時期にガンを患ってしまったことに、ジュガーノフ氏は疑問を抱いています。
ジュガーノフ氏が主張するように、ラテンアメリカの6ヶ国のリーダーは殆ど同時期にガンであると診断されたのです。 特にアルゼンチンのデキルネル大統領は、昨年12月に突然、甲状腺ガンと診断されました。過去2、3年の間に、ブラジルのルセフ大統領、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ元大統領、パラグアイのルゴ大統領が全員、ガンと診断されています。2006年には引退したキューバのカストロ議長もガンと診断されていました。
latin american leaders cancer

ジュガーノフ氏によると、ベネズエラの副大統領はチャベス大統領が死去する数時間前に、
ベネズエラの歴史的敵国(複数)が、アラファト議長を病気にさせ、
チャベス大統領をガンにさせたと非難したそうです。


チャベス大統領は2011年にガンと診断された後、自分に対して

アメリカがガン兵器を使用したと推測しました。


チャベス大統領はかつて、
「アメリカがガンを発生させるテクノロジーを開発していたのに、我々は50年間もそれに気が付かなかったのだから不思議でならない。」

と言っていました。

以前、カストロ議長はチャベス大統領に対し、「気を付けなさい。アメリカはこのテクノロジーを開発している。君が口に入れる食べ物に小さな針で何かを注入しているんだ。それが何かは分からないが。。。」と忠告していました。
チャベス大統領は、CIAの数々の暗殺計画の一環として自分が狙われたことを知っていました。

CIAがチャベス大統領を暗殺する理由は、2002年にOPEC側がベネズエラにクーデターを仕掛けたが失敗したため再度チャベス政権を転覆させるためにチャベス大統領を死に追いやったのです。







HAARPペンタゴン悪AP46

HAARP 雲 日本

http://quasimoto.exblog.jp/i55

カテゴリ:HAARP・台風・ハリケーン( 39 )




スカラーマインドコントロールAP46

 
スカラー洗脳 APnews46

スカラーDNA APnews46

スカラーXBAND APnews46

スカラー正義裁きAPnews46


アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No46


https://www.youtube.com/watch?v=j5vYGNcf4as

世界のニュース 国際社会の危機的状況 陰の政府の陰謀 UFOの目撃 

イスラム国vsロシア  

地震や天候による災害 放射能汚染問題 地球工学ケムトレイル  

世界規模の出来事、政治、政府、宗教や社会の大きな一連の変動 

 陰の政府の陰謀、シリア難民問題 ヨーロッパ崩壊危機  


(動画開始後 42:45 ~) 



 
「人類へ対する巨大犯罪」


衛星からのスカラー波攻撃




ニコラ・テスラ
テクノロジーの悪用 HAARP


スカラー波によるマインド・コントロール 


謎めいたスカラー波

私達を操作するために秘密にされているのか?


スカラー波がマインドコントロールに用いられている!


「マインドコントロールは技術的に秘められた物理学の

スカラー波を介して実行される事を研究が証明している」



「スカラー波は人間のDNAに転写され得る」

(コンスタンティン・マイル博士 電子工学の教授)


衛星からのマインドコントロール

人体へのマイクロチップ移植


携帯電話とスカラー波




研究者は政敵等を癌にさせる事も出来ると述べる。

HAARPIDOU

「スカラー電磁波の兵器は今や様々な国で

恐れを普及させる道具として用いられている」
(45:44~)

         
     海上移動型電磁波兵器?

表向きは アメリカ軍がミサイル防衛用に配備を進めているレーダーだが、、、

海上・海中移動式海洋配備の米国地球破壊兵器???
海上配備Xバンドレーダー (Sea-based X-band Radar, SBX)

wiki

海上配備Xバンドレーダー
 (Sea-based X-band Radar, SBX) はアメリカ軍ミサイル防衛用に配備を進めている
レーダーアメリカ合衆国本土へ飛来する弾道ミサイルの警戒・脅威評価を目的としている。

概要[編集]

アメリカミサイル防衛局によって運用が行われるものであり、ロシア製の石油プラットホームを基に、上部に装備したレドーム内に大型のXバンドフェーズドアレイレーダーを搭載したものである。全長116m、全幅73m、排水量は50,000tで、4基の電動式スラスタを使って自走航行も可能。 極東からの攻撃を警戒するために、アリューシャン列島アダック島を母港とし[1]アラスカ近海の北部太平洋に配備される。

小型の弾道ミサイル弾頭を探知・追尾するため、使用周波数は短波長で解像度が高いXバンドとされており、

発信出力もメガワット級と大きい。

推定探知距離は5,000km[2]

主契約者はボーイングで、レーダーの開発製造はレイセオンが担当している。2005年テキサス州で建造され、メキシコ湾で試験を行った。その後、艀に搭載され、2006年ホーン岬経由で太平洋に輸送された。2007年にはミサイル弾頭探知の試験に成功。その後も弾道ミサイル迎撃試験に参加している。2012年4月には北朝鮮からの弾道ミサイル発射に対応するため、ハワイより出動し太平洋上へ配置されたことが報じられた[2]


https://www.youtube.com/watch?v=sT0XvCgRqcs


keitai gwen-tower-dual-2

                                  GWEN TOWER?




科学実験CERNの危険性(52:22~) 

CERNの大いなる黙示録的陰謀
CERN LHC


 


 
「気象兵器ケムトレイル ナノ粒子アルミ リチウム散布」

ケムトレイル本

ケムトレイル文字

https://www.youtube.com/watch?v=JdUtL9h_S20
 
0:35【タイトル】地震兵器 
0:36 隠された軍事技術 
0:51 地震兵器
1:37 自然改変装置 
2:09 地震兵器が開発された経緯
4:03 日本人の精神構造を利用 
4:56 地震兵器についての公文書が存在する 
5:43 HAARP(ハープ) 電磁波兵器 
6:18 インターネットはDARPAの開発した軍事技術 
7:14 軍事技術には最高の頭脳と資金が投入されている 
7:42 地震兵器は証明できるのか 
9:06 人間のサイボーグ化 
10:15 軍事利用と平和利用の境界線 
11:17 地震が起きるときはタイミングがいい 
14:10 日本政府はどこまで把握しているのか 
14:58 日本の自然観 欧米・中国の自然観

16:37【タイトル】ケムトレイル 
16:37 ケムトレイル 
17:32 日本の動き
17:51 防衛の専門家は関心を寄せている 
18:36 インフラ分野の防衛について 
19:47 まずはケムトレイルの真偽を確かめる 
21:15 日本ではまだ危機意識が芽生えていない

22:19【タイトル】諜報 
22:23 アメリカ<イギリス? 
23:07 イギリスがイニシアチブを取っている 
23:42 日本に対する諜報活動 
24:16 国家機密情報監視委員会 
25:53 政府の国内外への諜報はどこまで許されるのか

 



500年に一度?カリフォルニア干魃 
カリフォルニア干魃1


カリフォルニア干魃


 【深刻 節水令】カリフォルニア・大干ばつ! 珈琲、アーモンド、米、オレンジ、葉菜類、ジーンズに影響が - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2141105199998510101
 
蜜蜂大量死

      蜜蜂絶滅危機

(モンサント除草剤 農薬と
ケムトレイルが原因?)

 
Monsanto ROUND UP
Monsanto Neonicotinoid
Neonico FLIP


「蜜蜂が絶滅したら人類は4年で滅ぶ」アインシュタインの予言が現実に!? - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2138354186013809801

動物大量絶滅危機

福島放射能汚染問題  

世界規模の出来事、政治、政府、宗教や社会の大きな一連の変動 

陰の政府の陰謀、
 
仕組まれた戦争 シリア難民問題 

イスラム国がヨーロッパに数千の過激派を密入国させたと暴露!
Trojan-Horse
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51967913.html

シリアの難民に扮したISISメンバーが世界中の国々に侵入!

シリアの難民問題はヨーロッパだけが直面している問題ではありません。今後、世界中に広がります。
アメリカでは、FEMAキャンプが使用される前触れとしての現象です。


シリア難民問題についての疑問点を以下にリストアップしました。

1.) なぜシリア難民は近隣のアラブ諸国に逃げずに危険な道のりを覚悟して遥か彼方の欧米諸国まで逃げてきたのでしょうか。彼らはキリスト教を批判しているにもかからわずキリスト教国を逃亡先に選んだのです。
2.) シリアの内戦が5年間も続いているのになぜ今になって突如として大勢の難民がヨーロッパの特定国を目指して移動しているのでしょうか。
3.) なぜ難民らは到着後に西欧諸国(赤十字)が供給した水や食料を投げ捨てているのでしょうか。
4.) なぜ難民の多くが若い男性なのでしょうか
5.) なぜ裕福な湾岸諸国の政府は彼らを一人も受け入れなかったのでしょうか。これらの国々は我々が知らないことを知っているのでしょうか。
6.) 今回の難民問題は単なる難民問題ではなくトロイの馬だった可能性があります。
7.) 嘗てないほど大勢のイスラム教徒がヨーロッパになだれ込み、イスラム教の思想がヨーロッパで拡大するでしょう。
8.) 欧米諸国における難民危機とは、実はカリフの府に敏感な国連や欧米諸国による占領なのでしょうか。
9.) シリア難民の大脱出が起きている原因は、ロシアがアサドを支持しシリア内戦に介入したためでしょうか。間もなく、アメリカとNATOの攻撃が始まり、シリアは完全に破壊されることを彼らが知っているからでしょうか。
10.) 先週、中国とロシアの潜水艦及び軍艦がアラスカ沖と米ジョージア沖で確認されたのは世界大戦の前兆なのでしょうか。

大量のISISメンバーが難民の中に紛れ込みヨーロッパ諸国に入り込んでいます。これはISISが企てたトロイの馬戦術なのです。

・ISISメンバーはシリア難民のふりをしてトルコに潜入しています。
・毎日、何百人ものクルド人がカオス状態のシリアとトルコの国境を越境しています。
・クルド人の群衆に紛れ込んだISISメンバーを見つけるのはほぼ不可能です。
・ISISメンバーはトルコに潜入した後に偽造パスポートを使ってヨーロッパ各国に入国します。
・トロイの馬の戦術により、ヨーロッパ大陸では今後、テロ事件が次々に起こることになるでしょう。

ヨーロッパ崩壊危機 

ニコラ・テスラのテクノロジーの悪用スカラー波によるマインド・コントロール 
 https://www.youtube.com/watch?v=kKQ-tOG5j9o


Scalar wave tesla

tesla scalar


tesla jikkenchu
nikola-tesla-seated-2

    RUSSIA vs ISIS
 





以下転載 なぜイスラム国は、トヨタのトラックを次々と補充できるのか
isis-trucks-toyota
 
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3872.html
シリアをよってたかって攻撃するアメリカと、その同盟国の陰謀について、
なんと西側の主流メディアが報じ始めた。
これは、アメリカ崩壊の確かな予兆以外のなにものでもない。

イスラム国(ISIS)が、アメリカ、英国、イスラエルその他の同盟国によって育て上げられた、というゆるぎない事実

イスラム国(ISIS)が西側メディアに流しているプロパガンダ・ビデオには、常にトヨタの新品のピックアップ・トラックが映っています。

下の画像は、2014年6月に、イスラム国の“サラリーマン傭兵”たちが、数十台のトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」に分乗してイラクに入ったときに撮られた一枚です。多くの西側メディアが取り上げて物議を醸し出した写真です。

2013年、英語圏の有名ブロガーたちが、ISIS(アイシス)という言葉を使い出した時に、この殺人を趣味とする“過保護のテロ集団”が、アメリカと、その同盟国から資金提供受けて増殖している殺人ネットワークに過ぎない、ということが。

彼らに与えられた役割は、シリアを細切れにして、西側のNATOが占領しやすいようにすることと、シリアの石油を奪い取ることでした。
その分け前の何割かが、イスラム国の“サラリーマン傭兵”のお給金となるわけです。

当ブログでも、2年以上前から同じことを書き続けてきましたが、日本人の関心は別の方向を向いていました。それは、アベノミクスによる株価の騙し上げです。

いつものことですが、日本人は、危機が目の前にあるのに、まったく気がつかないのです。だから、私は「自殺したがる日本人」と書き続けているのです。

まず手始めに、トヨタのトラックをどうやってイスラム国のテロリストに引き渡しているのか、その点について明らかにしましょう。

お馴染み、非常に緻密で論理的な分析をするトニー・カータルッチは、「いまさら、どなたでも知っていることと思いますが・・・」と断り書きを入れながら、イスラム国(ISIS)の本当のパトロンが米・国務省であることを導き出しています。

そうです。イスラム国の育ての親は、米国の国務省と、その同盟国で間違いありません。

同盟国とは、英国、イスラエル、サウジアラビア、カタールです。トルコだけは表立ってはいませんが、微妙な立ち位置です。

以下は、トニー・カータルッチの記事の要点のみ。

・・・米・財務省は、多数の真新しいトヨタのピックアップトラックが、イスラム国(ISIS、またはISIL)で使用されていることについて、最近、取り調べを開始しました。

問題は、ロシアのシリア空爆に引き続いて巻き起こりました。

そして、米国自体が、シリアとイラク全域で、テロリスト集団をアメリカの「軍」として計画的に恒久化させようとしてきた疑いがますます強くなっているということです。

ABCニュースは、「イスラム国が、どのようにして、こんなに多くのトヨタ・トラックを手に入れたのか、米・当局が調査に入った」という見出しの記事を出しています。以下は、その抜粋。

米国の対テロ対策部門は、シリア、イラク、リビアのテロリストのプロパガンダ・ビデオに顕著に見られる大量のピックアップトラックやSUVを、イスラム国が、いったいどうやって手に入れることができたのかを確定するために、世界第二位の自動車メーカーであるトヨタに聴き取り調査を行っている。

それに対してトヨタは、イスラム国がどのような方法で車両を獲得したのかは分からないとしながらも、米・財務省のテロ資金部門(西側の製品がテロ組織の手に渡ることを阻止しようとしている部門)による取り調べには協力する意向を示している。

さて、このABCニュースの記事は、駐米イラク大使のルクマン・フェーリ(Lukman Faily)からの話を引用しています。
「これは、われわれが“隣人”にしている質問と同じです」と、ルクマン・フェーリは言っています。
「これらの何百台もの新車の4WDトラックは、いったいどこからやって来たのか」。

もっともなことですが、米・財務省の取り調べは的が外れています。

米・財務省はトヨタを取り調べるより、“隣人”の米・国務省の取り調べから始めなければならないのです。

謎は解明された

昨年、米・国務省は、「それは自由シリア軍である」と主張しているシリアの反アサド政府軍(“サラリーマン傭兵”)に、特別にトヨタのピックアップトラックの車両隊を送ったと報告しています。

米国の財団が運営資金を提供しているパブリック・ラジオ・インターナショナル(PRI)は、このことについて、2014年の「このトヨタピックアップトラックは、自由シリア軍、そして、タリバンの買い物リストの最上位に挙げられている」という見出しの記事で報告しています。

そこには、こんなことが書かれています。(貼り付け 終わり) 

以下転載
警告!2週間以内にいよいよ大規模戦争が勃発するそうです!
 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51970602.html
これらの警戒域で偽旗攻撃が開始されると、上記の国々の軍事活動がエスカレートし、最終的には従来型の世界大戦或いは核戦争へと繋がる恐れがあります。
International News Agencyからの緊急メッセージです!


NWO新世界秩序 陰の政府の陰謀 
 


2週間以内に世界的な偽旗攻撃(戦争)が開始されます。

false flag ope
 
ロシア、アメリカ、中国、イラン、イラク、 シリア、イスラエル、フランスによる軍事活動が勢いを増し、世界的な緊張が高まっています。

今回の偽旗攻撃は、シリアとトルコの国境沿い、シリアとイスラエルの国境沿い、南シナ海の南沙諸島で起きる可能性が大きいでしょう。

上記の警戒域で軍事活動を行っている軍隊に対し、上記のいずれかの国(或いは国々)が攻撃を開始します。

これらの警戒域で戦争が勃発したなら、どの国が攻撃を受けたと主張し、どの国が攻撃を否定しているかについて、ただちに、International News Agencyが発信する情報や個人が発信するブログ記事をチェックし、事実を突き止めてください。

特にシリアにおける戦争行為は激しさを増しているため要注意です。
中国が領有権を主張する南シナ海の南沙諸島も要注意です。
これらの警戒域で偽旗攻撃が開始されると、上記の国々の軍事活動がエスカレートし、最終的には従来型の世界大戦或いは核戦争へと繋がる恐れがあります。