ISIS ON MEDIA IN REALITY USA

isis-john-mccain ISIS Leader Abu Bakr

ISIS members with US Army tatoos

Isis_america2

ISIS US-ARMY日本語





難民問題も仕組まれた戦争に

よって引き起こされているのか?

闇の勢力 自称エリート
titanic
SION protokol

NWO 支配図

ビル・ゲイツ メリンダ建物
bill wakutin

GMO STOP
monsanto-pcb-rbgh-ddt-agent-orange-aspartame
monsanto-GMO corn

卑劣な軍産複合体の汚い金儲けと残酷な人口削減計画

の一環なのだろうか?
難民 男児
難民遺体 イギリス



地球人のDNAは飛躍的な進化が

進行中なのだろうか?

下記の動画を製作した
アルシオン・プレヤデスグループとは

一体何者達なのだろうか?

彼等はスペイン人 アメリカ人らの混成グループか?

プレアデス人は存在するのか?
これは真実の啓蒙か?

単なるSFか? Fantasyか?

NASA CIA NSA 
タヴィストック洗脳研究所が作った
マインド・コントロールの一環か?


以下転載
アルシオン・プレヤデス30−2 

難民、避難の門、

量子の飛躍、多元宇宙、五次元、夢の世界

https://youtu.be/FyfQUACdk2U 

2015/09/06 に公開
私達を光へと導く変化 − 変異における進歩を進めるために、誰もが知るべき星の世界に関するこの第二部は、あま­りにも価値のある、宇宙的な事象であるため、気にかけずにいる、あるいはごくわずかな­間で全てが変わり得る状況にかまけている場合ではない。なぜなら光に反する存在は、地­球全域から私達を根絶させるために熱心に動いているからだ。
戦争を通しての人口削減や途方もない苦しみ、またより多くの難民を出すことへの彼らの­切望は、世界中で明白に見られるのではないだろうか?なぜならその土地や家を手中にで­きる上に、移民達はどこに行ったら良いのか判らず、最終的にはさらにひどい状況に陥る­からだ。
 
これより、エリートの恐怖が地球全域を支配していることが確認される。だが時間が加速­すればするほど彼らには不利になるため、その絶滅の計画を急いでいるのだ。これは、日­増しに多くの光子の光のエネルギー −トンネルが宇宙空間より到来しているためであり、光に反する存在にとってそれは耐え­がたいものであるからだ。それゆえ、星の部隊が彼らを見張っている。
 
実際、人間的、内面的変化の道は何ら容易ではない。それゆえ、己を知り、自分の反応や­振る舞いを見ることを覚えるのは、極めて重要だ。それが私達の周波数を高め、そのこと­で私達は報われる、つまり、新たな光子 − 光の人種に参加するだろう。その時高等な次元の門が私達のために開かれ、あらゆる深刻­な出来事の前に、銀河連盟の船や門と共に、避難が実行されるだろう。

ビデオ制作:アルシオン

 


https://www.youtube.com/watch?v=Qhe-8TzDkok

1、シリアは常にNWOに抵抗してきました。

従って、シリアの中央銀行はロスチャイルドではなく政府が所有しています。

ロスチャイルドが所有する中央銀行は、各国の通貨の価値や通貨の発行量を決定する国際決済銀行の配下にあります。
 
リビアでは国が破壊された直後にロスチャイルドがリビアの中央銀行を乗っ取りました。

2、NWOに抵抗し続けたシリアはIMFに対する債務がありません。シリアは信頼できる同盟国ロシアからお金を借りています。
エジプトのイスラム教徒のモルシ大統領は、イスラム教に反してIMFから40億ドルものお金を借りたのです。
シリア政府にはお金がありません。シリアの銀行は外国勢力の支配を受けていませんので、イラク、リビア、パレスチナとは違い、シリアの大統領は独自の外交政策を断行することができます。

3、シリアには遺伝子組み換え食品が入ってきていません。
シリアは法的に遺伝子組み換え食品の使用を禁止しています。

遺伝子組み換え会社の米モンサント社はアメリカを支配しています。
そしてアメリカがイラクを侵略した直後に行ったことは、イラクの法律を改正し、イラクの農民が勝手に天然の種子を保存することを禁止したのです。そしてイラクの農民はモンサント社から非常に高価な遺伝子組み換え種を買わなければならなくなりました。
インドでは多くの農民がモンサント社の遺伝子組み換え種を買わなければならなくなりました。しかしそれらの種を使ったことで収穫量が激減し新しい種を買うお金もなくなり多くの農民が自殺しました。インドもモンサント社から遺伝子組み換え種を買うことに合意したのです。
 
このようにNWOは各国のフードチェインを支配することで、1つの世界政府の下で各国を支配しようとしているのです。

シリアはNWOに抵抗してきました。

4、シリア人は世界的な陰謀を認識しています。
 
シリアでは主要メディアも世界的な陰謀について報道しています。
例えば、アメリカの大統領候補者(共和党のブッシュ、民主党のケリー)はどちらも同じ秘密結社(スカルアンドボーン)に所属していますから、誰が大統領になっても変わらないということをシリア人は知っています。

5、シリアは天然ガスが豊富でありガスのパイプラインを建設する計画がありました。
世界の権力層は石油や天然ガスの支配権を握ることで世界を支配することができます。
最近、シリアは領海内に大量の天然ガスが埋蔵されていることを発見し、イラン、イラクを経由してヨーロッパにガスを供給するパイプラインを通す計画を立てました。しかしイスラエルを迂回してヨーロッパにパイプラインを通すことになると、NWOが目論むイスラエルを拠点に世界のエネルギーを支配することができなくなります。つまりイスラエルでいつでもパイプラインの栓を閉めることができなくなるのです。
シリアは世界の支配層に打撃を与える代替えエネルギーも推進しています。

6、シリアはシオニズムとイスラエルに抵抗しています。
 
シリアはイスラエルが手を付けていない最後の国なのです。そのため、NWOを成功させるためにはシリアを破壊しなければならないのです。

7、シリアは中東で唯一非宗教的な政府が統治している国です。
アラブの春以前は中東の多くの国々が非宗教的な国でした。しかしアラブの春以降は、欧米諸国が押し付ける「民主主義」の下に過激思想の宗教色の強い政府が中東諸国を統治するようになりました。最近ではエジプトはムスリム同胞団の政府が統治するようになりました。
イスラエルも同様に、過激なユダヤ教原理主義者の政府がイスラエルを統治するようになりました。
シリアは中東で最後の非宗教的な国なのです。シリアでは人々がお互いにどの宗教を信じているかを尋ねるのは失礼にあたるのです。彼らがどの宗教を信じていても、自分はシリア国民と答えます。シリアでは何百年も前から異なる宗教の人々が平和に暮らしてきたのです。
 
NWOにとって、同じ国の人々を宗教で分離することこそが世界を征服する事につながるのです。
シリア国民はこれまで1つに団結することでNWOに抵抗してきました。

8、シリアには強い国家的同一性があります。
世界中に同じチェーン店が展開しており、どこの国に行っても同じ店、同じファッションを目にします。
しかしシリアは違います。シリアで売られている製品はシリア製が殆どです。コカコーラや他の外国製品はシリアでの販売を禁止されていましたが、数十年前にシリアの大統領がそれらの販売を許可しました。
これは大きな間違いだったと思います。シリアには独自のコーラ製造会社がありましたが、コカコーラが販売を許可されてから、シリアのコーラ工場は閉鎖されました。シリアのコーラはコカコーラよりもずっとおいしかったのですが。。。
シリアは長い間、外資系企業の進出に抵抗してきました。

NWOがシリアを嫌う理由は上記以外にもたくさんあります。シリアこそ、世界で最後に残った反NWOの自立国家だったのです。

NWOは世界中の国々がみな同じようになることを画策しています。

そして、世界中の国々を同じような状態にした上で国境を取り外せば、世界全体を支配できるようになります。

 
NWOはシリアを嫌っています。なぜならシリアは世界で唯一の自由の国だからです。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51974008.html








CIA

https://www.youtube.com/watch?v=GcPtpwE8yn0 


MJ


シリアの難民危機は、欧米諸国に対するトロイの馬作戦だったのです。
 

世界が危険にさらされています。シリア難民の大移動はISISが組織的に計画しました。シリア難民の中に大量のISISメンバーが紛れ込んでおり世界の国々にテロリストが潜入しています。我々の目の前でトロイの馬が再び使われています。

シリアの難民問題はヨーロッパだけが直面している問題ではありません。今後、世界中に広がります。
アメリカでは、FEMAキャンプが使用される前触れとしての現象です。

シリア難民問題についての疑問点を以下にリストアップしました。

1.) なぜシリア難民は近隣のアラブ諸国に逃げずに危険な道のりを覚悟して遥か彼方の欧米諸国まで逃げてきたのでしょうか。彼らはキリスト教を批判しているにもかからわずキリスト教国を逃亡先に選んだのです。
 
2.) シリアの内戦が5年間も続いているのになぜ今になって突如として大勢の難民がヨーロッパの特定国を目指して移動しているのでしょうか。
 
3.) なぜ難民らは到着後に西欧諸国(赤十字)が供給した水や食料を投げ捨てているのでしょうか。
4.) なぜ難民の多くが若い男性なのでしょうか。
5.) なぜ裕福な湾岸諸国の政府は彼らを一人も受け入れなかったのでしょうか。これらの国々は我々が知らないことを知っているのでしょうか。
6.) 今回の難民問題は単なる難民問題ではなくトロイの馬だった可能性があります。
7.) 嘗てないほど大勢のイスラム教徒がヨーロッパになだれ込み、イスラム教の思想がヨーロッパで拡大するでしょう。
8.) 欧米諸国における難民危機とは、実はカリフの府に敏感な国連や欧米諸国による占領なのでしょうか。
9.) シリア難民の大脱出が起きている原因は、ロシアがアサドを支持しシリア内戦に介入したためでしょうか。間もなく、アメリカとNATOの攻撃が始まり、シリアは完全に破壊されることを彼らが知っているからでしょうか。
10.) 先週、中国とロシアの潜水艦及び軍艦がアラスカ沖と米ジョージア沖で確認されたのは世界大戦の前兆なのでしょうか。

大量のISISメンバーが難民の中に紛れ込みヨーロッパ諸国に入り込んでいます。これはISISが企てたトロイの馬戦術なのです。

・ISISメンバーはシリア難民のふりをしてトルコに潜入しています。
・毎日、何百人ものクルド人がカオス状態のシリアとトルコの国境を越境しています。
・クルド人の群衆に紛れ込んだISISメンバーを見つけるのはほぼ不可能です。
・ISISメンバーはトルコに潜入した後に偽造パスポートを使ってヨーロッパ各国に入国します。
・トロイの馬の戦術により、ヨーロッパ大陸では今後、テロ事件が次々に起こることになるでしょう。

米軍の諜報機関によれば、暗号化された通信を傍受した結果、ISISメンバーはシリア難民のふりをして、西欧諸国に潜入し、テロ攻撃で西欧諸国を破壊しようとしていることが分かりました。
ISISの指導者らは、カオス状態のシリアとトルコの国境をうまく利用し大量のISISメンバーを西欧諸国に送り込んでいます。ISISメンバーはクルド人や大勢の難民の中に紛れ込んでいるため越境は容易です。

このようにして西欧諸国に潜入したISISメンバーは偽造パスポートを使ってヨーロッパ諸国を自由に移動できることができます。その結果、彼らは誰にも疑われずに簡単にテロ攻撃を実行することができます。
ISISは、空港などで厳重なセキュリティー体制が敷かれたために、飛行機のハイジャックが難しくなってしまったため、難民を利用した新たな戦術を考案しました。