権力者が市民から護身用の銃を取り上げるための自作自演?

無防備になった市民をFEMA強制収容所にぶち込みたいのか?

クライシスアクター(役者)を使った芝居?以下転載
 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51967096.html
<バージニアの銃撃事件もでっち上げ>
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2015/08/virginia-shooting-hoax-crisis-actors-gun-control-mission-in-life-exposed-2471480.html
(概要)
8月27日付け バージニアの銃撃事件はでっち上げ:銃規制を断行するために政府が俳優を使って銃撃事件を自作自演したことが考えられます。
米憲法にも記されているようですが、アメリカ人は犯罪者だけでなく、自由を奪う独裁的な権力者から身を守るために銃を所持することが許されているそうです。
アメリカ人から銃を奪うと独裁政府が無防備な米国民を一斉検挙できるようになります。そうならないためにアメリカ人は銃を所持しているそうです。FEMAキャンプに送られないためにも、権力者と戦うためにも銃が必要なのでしょう。日本とは状況が全く違います。

権力者らにとっては、アメリカ人を一斉検挙し、FEMAキャンプに送り込むためには、彼らの銃が邪魔になります。全てのアメリカ人から銃を押収すれば、事は簡単に済みます。
アメリカ人をFEMAキャンプに送り込むための準備の一環として、銃を押収できる法律を成立させたいのです。そのためには多くのアメリカ人が残酷な銃撃事件で衝撃を受けなければなりません。今回は実際にカメラの前で起きたのですから、かなりリアルで衝撃的だったのではないでしょうか。
ネット上で次々と真相が明らかになると思います。
crisis-actors-virginia-shooting





人口を激減させる野望の下に、悪の闇の者達が人類に行いたがっている

この陰謀の状況に
­ついて続けるが、

彼らは恐ろしい収容所-収監所を作り上げた。

それらは、ぞっとするよ
­うな、破壊的で恐ろしい

第二次世界大戦で

ナチス・ドイツ自体が作ったものと同様か、

­さらにひどい」ものである。

だが、アメリカや人類に反して適用するために作られた、そ
­の恐ろしい考えは

どこから出てきたのか?


こう述べると信じがたいが、いわゆる


アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)の
­創設は、

何らアメリカの議会で議論された訳ではなく、

単に大統領命令を通して生まれた
­のである。


だが、国の緊急事態に対処するという口実で作られたこの機関、

過度に武装した軍の厳し
­い統制が

不正に全てを支配下におく、この新たな陰の政府の真の創造者は、誰なのか?


では、既に準備され、アメリカ合衆国の50の州に完璧に分散している、

これら「800
­以上の監禁-収監所」の秘密の目的は何か?

それらはまたカナダやプエルトリコ、メキシ
­コ、キューバ、ヨーロッパの

様々な国などにも存在しており、

加えてその多くが、驚くこ
­とに危険な原子力施設が存在する場所の

すぐ近くに建築されている。


引き続き示される証拠を元に、


あなた自身が判断してください!


ビデオ制作:アルシオン
 
FEMA 強制収容所 
 

 FEMA強制収容所の棺桶を運ぶトラックに

 フリーメーソンのロゴが入っている!