HIVは 人口削減計画の為の生物兵器だった?!
AIDS bakuro

暴露 エイズウイルスは細菌兵器だった
ゲイリー・L. グラム
ベストセラーズ
1997-10


目次 

どうして悲劇は起こったのか
パンドラの箱が開けられた
ブレジンスキーの世紀末予言
謎の核心、コードワード・カーディナル
名門七家による永久支配計画
狙い撃たれた黒人たち
アルフレッド大王計画と世界保健機関
同性愛者に仕掛けられたCIAの実験
ゲイ絶滅作戦の幕開き
医療現場に潜むエイズウイルス〔ほか〕

 

内容(「BOOK」データベースより)

あらゆる危険をかえりみず、エイズ問題の隠された醜悪な全貌を明らかにする著者が登場した。コードワード=最高機密文書に婉曲に表現されている意味を読み取り、八年の歳月をかけて本書は書き上げられた。

エイズウイルスはなぜ、どうやってつくりだされたのか。

信じがたいほど長期にわたって、政府、医療関係者、製薬会社、そして世界保健機関さえもが隠し続けてきた恐るべきエイズウイルスの真相。

そのすべてが、ゲイリー・グラム博士の勇敢な行動によってついに解き明かされた。

全米が凍りついたノンフィクション。


エイズ・ウイルスはなぜ、どうやって作り出されたのか。

政府、医療関係者、製薬会社、そして世界保健機関までもが長いこと隠し続けた

恐るべき真実を、最高機密文書に婉曲に表現されている意味を読みとくことで明らかにする。




aids nagaiakira

世界中を恐怖の坩堝に巻き込んだAIDS!世紀末の現代になぜ出現したのか?

その謎に迫る。ドクターで新進気鋭のジャーナリストでもある筆者が、

「ベトナム戦争における“生物兵器”だったのではないか?

ペンタゴンの陰謀では」と大胆な推理を展開する迫真のドキュメント!






http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/tennen.html 
 
自称エリートによる人口削減計画 こんなことが許されていいのか?以下転載

 天然痘のワクチンがHIVに汚染されている。

ロシアの天然痘備蓄に対抗したクリントン、

謀略のCAB戦略 
大量殺りくの立案者から委託を受けた数年後、

二つのCAB研究所でエイズウイルス、後のHIVの製造が始まった。

ついでこれが天然痘のワクチン注射に混入され、

アフリカとブラジルの全土にばらまかれた。

アフリカとブラジルが実験場に選ばれたのは、

そこが世界最大の黒人種集中地域だったからだ。
 


ワクチン ビル・ゲイツ



 
 天然痘のワクチンがHIVに汚染されているという情報を入手して、初めて明らかにしたときには、一笑に付された。とにかく、あまりに荒唐無稽でまともな人間には信じられないと言うのだ。 
わたしの仕事でこういうことはしょっちゅうだが、二五年経って、ようやくわたしの正しいことが立証された。大量の汚染ワクチンが備蓄されていて、それは今も存在する。わたしをあざけり、嘲笑した者は、わたしの仕事の正しさに逃げ出した。わたしを傷つけただけで、姿を隠してしまったのだ。
上院情報監視委員会で最近公開された、CIAと国防省情報庁の原案になる報告によると、膨大 
な汚染ワクチンの備蓄の存在が、米国、ロシア、北朝鮮、中国、イランの各地で発見されている。 
ご承知のとおり天然痘は、歴史上もっとも大量の殺人を成し遂げた殺し屋だ。汚染されたワクチンが大量にばらまかれれば、その結果は、どれほどの情報をもった情報部員でも理解不能なほどの大伝染病となってしまうだろう。

 天然痘で恐ろしいのは、まったく不可能と思えるような状況でもウイルスが生き残ることだ。五年ほど前、ロンドン市内の建築現場で、ミイラ死体が発見された。死体は二〇〇年前のものと断定されたが、生きた天然痘ウイルスに汚染されていることが分かり、死体を焼却しなければならなかっ 
たほどだ。 
 今問題なのは、汚染されたワクチンだ。ここから新しい、伝染性の強いタイプの天然痘が大流行 しかねないうえに、この昔ながらの苦しみの種には、それを「加速する」 ウイルスがつけ加わって 
いる。このため発病が早まり、しかもほぼ治療不能で、まず間違いなく死にいたるのだ。 
 世界は天然痘の大流行に見舞われるのだろうか。もちろんそうだ。ロンドンとワシントンのお偉方には、ヨーロッパの主権国家を石器時代に戻すまで爆撃するだけの力がある。この鬼どもは、無防備な一般市民に二〇〇〇ポンドの劣化ウラン弾を使うこともできる。

イギリスと米国の鬼どもは、 
イラク国民を餓死に追いやることもできる。この八年間してきたことだし、攻撃は今も続いている。イギリス、米国という野蛮な両国家は、フランス、イタリア、オランダなどのお追従国に後押しされて、恐るべき天然痘ウイルスの備蓄分だけでなく、その他うじやうじやとある恐ろしい病気を世 
界のターゲット国へばらまいて、数十億人を一掃するだけの力を十二分にもっている。やつらがこういうことをするかどうかは、意思の問題ではまったくない。単に 「いつ」やるかだけだ。

 これ以外に理由があるだろうか。クリントン大統領はこういったウイルスの世界最大の備蓄に関して、解体命令の発令を拒否しているのだ。「ロシアが合衆国に細菌戦争を仕掛けてきた場合に必要」などという貧弱な言い訳は、軽蔑されて忘れられるのがオチだろう。この説明は、米国民の知性に対する侮辱だ。なぜ米国は、この史上もっとも悪名高い殺人鬼を大量に備蓄しているのか。 
                                    米国もイギリスも、戦争用兵器としての気象操作と疫病の使用を放棄した、一九七二年の条約に調印している。恐るべき天然痘ウイルスの備蓄を解体しないというクリントンの決定を聞いて、条約当時にソ連の報道官だったミハイル・シェルガリスは、ロシアの天然痘保有を一切否定している。 
イランと中国も、このような生物兵器の備蓄は全面的に否定している。 
 世界保健機関(WHO) は一九九六年、現存する天然痘ウイルスをすべて廃棄するよう要請した。 
米国は当初、ウイルスを保有するすべての国が、米国とともにその備蓄を廃棄するよう高らかに要請した。ところがまったく突然、セルビアでの大量殺人のようすに味をしめたことから、英米両国政府は一八〇度その立場を変えた。「わが国には先の決定(=天然痘備蓄の廃棄) を実行する予定はない」とクリントンは言った。「将来必要とするかもしれないから」だと言う。

この驚くべき声明が 
出たのは一九九九年四月二二日だ。この日を記憶しておくがいい。将来の歴史家が、これからやってくる黙示録の始まりを捜せば、この日にたどり着くはずだ。 
 抗議の嵐がホワイトハウスを襲い、まさに虚構の達人であるクリントンは、全米化学アカデミーを使って卑劣な行為をさせた。この御用団体は、問題のウイルスは抗ウイルス剤開発のために保持の必要ありという結論を発表したのだ!

 なんと、米国はここまできてしまったのか。わたしたちがこんなナンセンスを信じると思っているのか。この 「病気の爆弾」を大量に備蓄しておく必要が米国にあると言うのか。外へ出せば、一発だけで数百万人を殺してしまうようなものなのだ。こんな嫌なものを保持するのは、研究目的のごく僅かな量でよいではないか。なぜ大倉庫一杯分もの量を保持しなければならないのか。

 ソヴィエトからの亡命者であるケン・アリベックによると、ロシアは天然痘ウイルスの備蓄分を、シベリアのノヴォシビルスクにあるロシア国立ウイルス・バクテリア研究センターに保管しているという。

この研究所は、ロシアの大ウイルス学者グルヴィッチ教授が一九三四年に研究を開始した 
ところだ。CIAと国防総省は、一九九〇年の連邦崩壊のある時期に、ロシアが相当量のウイルス 
を北朝鮮、中国、イラクに売却した疑いがあるとしている。一九三人年の時点ですでに旧ソ連の科学者は、空中散布によって天然痘を広めるという方法を発見している。折り畳み式のスカラーウェ ープを使ったもので、米国がその後この方法を由家薬籠中のものにしたことは間違いない。

 米国の産業基盤が崩壊し、それが世界的な金融不安につながっている一方で、伝染病の大流行が始まっている。最初はエイズ、そしてさまざまな疫病がつづく。ウエルズの言った 「活力の低下」は、「慢性疲労症候群」とも関係があるのかもしれない。これも、「グロ-バル二〇〇〇」大量殺りく計画を実行せよという「三〇〇人事員会」 の命令が遵守されていることを証明するものだ。しかも、二〇世妃の終わりにむけてフルスイングしている。 

 
 ビル&メリンダ・ゲイツ財団のワクチン接種後に麻痺したアフリカの子供達 https://youtu.be/UnGimRJdGRM @YouTubeさんから

 
少なくとも50人のアフリカの子供達がビル・ゲイツ財団の髄膜炎ワクチン接種後麻痺
http://www.naturalnews.com/038796_men...

http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/44897080.html

ビル・ゲイツが軽井沢で地下シェルター建設???

http://www.thinker-japan.com/vaccine.html

生物兵器としてのワクチン

また、近代におけるワクチンの使用方法として、生物兵器として使用されているという話があります。これは、一見すると「都市伝説」または「インターネット上の与太話」と思われがちですが、このテーマについて専門的に研究された著作が欧米を中心に多数出版されています。


その中でも代表作とされるのはレナード・ホロウィッツ博士の著書『新種のウイルス-エイズとエボラ』です。この中で博士は、エイズやエボラ出血熱などの新種ウイルスが、軍の生物兵器研究所で遺伝子改造によって製造された殺人目的の人工ウイルスであることを詳細に渡って述べています。

これらの人工ウイルス製造研究は1960年代からすでに始まっており、

1970年代には完成し、世界で増え続ける人口削減のために 、

肝炎や天然痘のワクチンに混ぜて、WHO(世界保健機構)

とCDC(米・疾病管理センター)を通じて接種され、

アフリカやブラジル、アメリカで広められたとされています。


これまでに聞いたことのない方には、突拍子もなく聞こえるかもしれませんが、

エイズの発生と天然痘のワクチン接種の地域や時期が

一致することについて追及を受け、WHO

(世界保健機構)は、誤って普及させてしまったとして、

エイズ・ウイルスで汚染された天然痘ワクチンがあることを認め 、


1992年米・クリントン政権の時に世界中から回収するように指示しています。


WHOいわく、アフリカミドリザルから自然発生し、ヒトに感染したとされる殺人ウイルス・エイズですが、いくら人為的ミス とはいえ、この殺人ウイルスが大量のワクチンに混入することなど最先端の研究施設で医療の専門家の手の元において、あり得ることなのでしょうか。非常に疑 問の残るところです。


また、これらのウイルスの製造に関わったとされる

科学者や内部告発者は、

実際に殺害されていたり、事故や病気で死亡していたり、

また失踪しており、この真相の究明をさらに

難しいものにしています。


この事柄については、まだまだ調べていく余地のあることですから、まずはこのような話もあるということを知っておいてください。


また補足ですが、規模とその方法は異なりますが、国内でも過去にワクチンと同様、医療行為という名目でエイズを感染させるという同様のことが行われました。「薬害エイズ事件」です。これは1970年代後半から80年代にかけて、エイズウイルスが混入した血友病の治療薬を投与された人たちがエイズに感染し、629名が犠牲となりました。すでにエイズウイルスの混入の危険性のない加熱性のものが開発された後もそれを知りながら2年間、エイズ・ウイルスを混入した旧非加熱製剤を患者に投与し続けたのです。


これも国内では、人為的ミスとされ和解が成立していますが、実際に誰がどこまで真相を熟知していたのか詳細は、現在でも明らかにされていません。フランスでも同時期に同様の薬害事件が起きていることから、今振り返ってみると日本の「薬害エイズ事件」も当時、世界各地で起こっていたエイズ・ウイルス拡散現象のうちのひとつであった可能性がみえてくるのです。


エイズワクチンの動き


今やエイズ撲滅運動は世界規模で起きており、有名人やアーティストも参加していますが、実際のところはどうなのでしょうか。


エイズ撲滅運動と称して、各先進国の政府や製薬会社がエイズ・ワクチンの開発に躍起になっています。しかし現状は、エイズ患者を治療することよりも、健康な人が感染しないよう予防する方により精力を傾けているようにみえます。


そして、このような事件が起きています。


2004 年から米国立保健研究所( NIH )が支援したエイズワクチンの実験で、エイズウイルスの一部を弱毒化した風邪のウイルスに組み込んだエイズワクチンが開発されました。約3000人の健常者を対象にしたこの実験で、

この新型エイズ・ワクチンを注射された人々は、約2倍も

エイズにかかりやすくなることが判明し、

2007年9月に実験は中止されました。


エイズは、かからないようにするのが一番です。かといってかからないように予防のためにエイズ・ウイルスを組み込んだワクチンを健康な体に接種するのは非常に馬鹿げた行為といえるでしょう。ワクチンの仕組みをよく理解していたら、決して接種しないのではないでしょうか。

 

HIV(エイズウイルス)は生物兵器として創られた!? - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2133579398563032701

 


Vaccination: The Hidden Truth

ワクチン接種:隠された真実


https://www.youtube.com/watch?v=cqsT5EoIk8U&feature=related

2011/08/05 にアップロード

Vaccination: The Hidden Truth (1998)

In this extremely informative video, fifteen people, including Dr. Viera Scheibner (a PhD researcher), five medical doctors, other researchers, reveal what is really going on in relation to illness and vaccines. Ironically, the important facts come from the orthodox medicine's own peer-reviewed research.

With so much government and medical promotion of vaccination for prevention of disease, the video is clearly devoted to presenting the other side of the issue that parents and others are not being told. The result is a damning account of the ineffectiveness of vaccines and their often harmful effects. It declares that parents are not being told the truth by the media, the Health Department and the medical establishment, with a medical doctor, Dr. Mark Donohoe, confessing that "It is a problem for me that I am part of a profession that is systematically lying to people..."

The video presents well documented answers to questions like: Was it really vaccines that saved us? Why are they only counterproductive? How are many statistics misleading? What do vaccines contain? What are they doing to our organs, immune systems, even our genes? Are childhood diseases really dangerous to healthy children? Why does vaccination continue? What are our rights? Can vaccine damage be evaluated and countered? What is the true key to immunity? 

The video raises the fundamental question of whether we should be trying to prevent childhood diseases anyway, in that they contribute to the development of a healthy immune system. If what the video says is true, why is vaccination pushed so heavily by the government authorities?

In the video, Dr. Viera Scheibner, who has studied almost 100,000 pages of orthodox medical research on vaccination, warns:

"It took almost three years of research before we looked at each other and said 'Vaccines are killing babies'... It is a well documented fact that the incidence and mortality from infectious diseases fell by 90% well before any vaccine was even introduced."

And this from Dr. Archie Kalokerinos, author of the book "Every Second Child":

"So it was obvious that I, and every other doctor for that matter, had been grossly misled... It was clearly shown that the only people who got smallpox twice were the vaccinated."

If you are in the frustrating position of wanting to inform your spouse, friends and/or relatives about vaccination, but they won't read appropriate literature, then this video is ideal. It is clear and logical and an eye-opener. Every doctor should see and respond to it.

~New Dawn magazine review, by Mary Ellen Wheeler



(機械翻訳)
ワクチン接種:隠された真実(1998)博士ビエラシャイプナー(博士研究員)、5医師、他の研究者を含め、この非常に有益なビデオ、15人では、実際に病気やワクチンとの関係で何が起こっているのか明らかにしました。

重要な事実は、正統派の医学自身の査読研究から来る。皮肉なことに、そんなに政府や疾患の予防のためのワクチン接種の医療推進により、ビデオは明らかに両親や他の人がされていないことを問題の他の側面を提示することに専念し語りました。

その結果、ワクチンおよびその多くの場合、有害な影響の非有効部分の手厳しいアカウントです。それは親が医師で、メディア、保健省や医療の確立によって、真実を言われていないことを宣言し、博士マークDonohoeは、告白それは私がある職業の一部だということを私のための問題である」ということ体系的に人々に横たわっている... " ビデオは、よく次のような質問に対する回答を文書化PRESENTS:それは私たちを保存したワクチン本当にましたか?なぜ彼らは唯一の逆効果がありますか?どのように多くの統計は誤解されていますか?ワクチンは何が含まれていますか?

彼らは私たちの器官、免疫系、でも私たちの遺伝子に何をしているのか?

小児期の疾患は、健康な子供には本当に危険ですか?

なぜワクチン接種は継続していますか?当社の権利は何ですか?ワクチンの損傷を評価し、対抗することができますか?免疫への真の鍵は何ですか?彼らは健康な免疫系の発達に寄与することで、ビデオは、我々はとにかく子供の頃の病気を防ぐためにしようとすべきかどうかの根本的な問題を提起します。?

どのような映像が言うことは真実であるならば、なぜワクチン接種は政府当局によってそのように重く押されたビデオでは、ワクチン接種に正統派の医学研究のほとんど10万ページを研究している博士ビエラシャイプナーは、警告します:「それは、ほぼ3年を要しました私たちはお互いを見て、「ワクチンは、赤ちゃんを殺している」と述べた...それは任意のワクチンがあっても導入される前の感染症からの発生率と死亡率が十分に90%減少したことが十分に立証事実である前に。「研究博士からそして、このアーチーKalokerinos、著書「すべての第二子」の著者:"私、そしてそのことについては、他のすべての医師は、肉眼的に誤解されていたことは明らかだったので...それは明らかに天然痘を得た唯一の人が二回あったことが示されましたワクチン接種。「あなたは、このビデオは理想的である、あなたの配偶者、友人および/ ​​またはワクチン接種についての親戚に知らせるために、彼らは適切な文献を読むことはありませんたいのイライラ位置にある場合。これは、明確かつ論理的で目を見張るです。すべての医師が参照され、それに応答する必要があります。〜新しい夜明けの雑誌のレビューを、メアリーエレンウィーラーによって