ブルース・リー父子暗殺AP26-2
ブルース・リー 
李振藩

生誕 1940年11月27日 
サンフランシスコ中華街
死没 1973年7月20日(32歳)
公式発表での死因は頭痛薬アレルギー反応による脳浮腫???のようだがその死は謎に包まれている、、
(※日本語版Wikiは結構 間違えが目立ち 偏った内容に意図的に編集されているようだが、、、) 

この動画は亡くなった年代が間違っているな、、、



 


ブランドン・リー 撮影中 実弾による
誤射???

何故 撮影用の銃に実弾が装填されていたのか?
明白な殺意が有ったのでは???


ハリウッド支配の白人どもは、アジア人がスターになるのを許さない?

ブルース・リー アジア人の巨大なカリスマの影響力を
ハリウッド支配層
アシュケナジーユダヤ 白人達が恐れたのか?

当時の若者に絶大な影響を与えた日本のカリスマ尾崎豊を暗殺したのは誰か?
尾崎豊 自由ってなんだい?

尾崎豊 デビューライブ  "傷つけた人々へ"  1984s' 新宿ルイード https://youtu.be/R-jttuuTyA0 


写真を見れば、 激しい暴行を受けて殺されたとしか 言いようが無い。
http://bit.ly/2gDCTrV
尾崎豊遺体再捜査






 
反NWO映画監督暗殺 AP26-2MK-ULTRA

New World Order 新世界秩序 新世界権力
不正に満ちた間違った権力の乱用 
人類奴隷化 人類家畜化計画にNO!と拒否しよう!
NWO 支配図
NWO AP48

アルシオン・プレヤデス26−2 (再公開):
ハリウッドにおけるMKウルトラ、
潜在意識下の操縦、事故

https://www.youtube.com/watch?v=P80nqYJLpfw&t=18s
2016/10/17 に公開

昏睡状態から目覚めるために闘うその緊急な必要性について続けるが、たとえ闇の者達が地球や人類全般を不安定にさせたいという野望を持ち続け、私達を無意識にさせ−沈静化し、またひどく怯え、心配した状態にさせておこうとしていても、私達は努力を行い、限りない愛と慈悲をもってこれ以上の混沌−破壊が起こらないよう働いている光の存在に協力するべきである。

そして、長年身につけてきたあらゆるどろどろとしたものをコード解除し、ポジティブな再コード化を行うのだ。
だが、私達が最悪の時を生きており、全ては危機や貧困、紛争、スパイ行為、権力の乱用、不可解な殺人、イスラム恐怖症や反ユダヤ主義の拡大を生むための自爆テロ、大量殺戮、戦争となってる今、はたして私達にそれができるだろうか?

では、第七芸術(映画)については何が言えるだろうか?
こちらも、NWO新世界秩序を作るべくしつこく私達を
洗脳するというその役割を果たしており、そのために無知な者達がその網にかかるよう、あらゆる種類のメッセージを伝えているのか?

もしかして十分に研究された目的があって
、破壊的で操作するための映画を作るのか?
あるいは、統治するエリートの実に重要な一端を成す
ハリウッド帝国は、二重、三重の策術を持ち、私達を服従させ続け、私達のマインド、感情、内面の周波数を下げることを目的としているのか?


またその中に、様々なレベルのマインドプログラムと共有の恐ろしい技術が存在し、MKウルトラの様々な手法がそこに内包されるのか?

ビデオ制作:アルシオン




 37分頃より MKウルトラ CIA工作員 暗殺部隊
によって殺された?
芸能人達、、マイケル・ジャクソン マリリン・モンロー
ジョン・レノン スタンリー・キューブリック監督
ボブ・マリー  ホイットニー・ヒューストン、、、 
ジョンレノン キューブリック監督ホイットニー暗殺AP26-2
洗脳 マインドコントロール
洗脳GAME ギャンブルAP26-2
ハリウッド映画によるマインドコントロール
洗脳映画AP26-2
マレフィセント イルミナティ女優 
NWOマレフィセントAP26-2
洗脳映画 アメリカンスナイパー
洗脳映画アメリカンスナイパーAP26-2



マイケル・ジャクソンは詐欺師 国際銀行家を批判していた!

MJ
人口削減計画 生物兵器HIV ワクチンばら撒きも
批判していた!
マリリン・モンローCIA暗殺

マリリン・モンローはJFKの秘密を知ったので消された?

元CIA将校、マリリン・モンロー殺害を告白!? 
http://jp.sputniknews.com/culture/20150415/200683.html?hc_location=ufi

元CIA将校ノーマン・ホッジス氏、78歳は
「1959年から1972年までの期間、
米国政府の指示により37件の殺人を犯した。
その中には女優のマリリン・モンローも含まれる」
と告白した。

ポータルサイトworldnewsdailyreport.comが伝えた。


元CIA将校は現在7、ヴァージニア州の小さな病院に入院中。
彼はそこで自白を始めた。
それによれば彼は「国の安全に脅威を与える可能性のある」人物を、
当時の上司「ジミー」ことジェイムズ・ヘイワート少佐の命令で殺害していた。


彼の告白では「マリリン・モンローには、ケネディ大統領とだけでなく
フィデル・カストロ議長とも愛人関係にあり、
彼女が、戦略的に重要な情報を共産主義者らに流す可能性があった。
証拠もあり、それを見逃すわけにはいかなかった」との事だ。


そのため彼は、1962年8月5日深夜1時ごろ、モンローの部屋に忍び込み、
彼女にネンブタール(バルビツール酸)を混ぜた鎮痛剤を注射した。
それが彼女を死へと導いた。


ホッジス氏の告白の真偽を確認できる人々は、彼の上司で2011年に
心臓発作で亡くなったヘイワート少佐を含め、すでにこの世にはいない。
しかし、彼の告白は、FBIの注意をすでに引いており、
瀕死の患者達が収容される病室に横たわるホッジス氏には手錠がかけられ、告白内容について調査とチェックが続けられているという。