GHQ日本解体
GHQ

GHQマッカーサー


3S

アメリカは、日本人の物事に対する

熱中しやすさに着目して、

日本人を軍事や
勉強ではなく、

娯楽に熱中する
バカ共にしてしまおうと画策した。

3S政策の3Sとは、スポーツ(sports)、スクリーン(screen)、セックス(sex)
のことである。


http://ansaikuropedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96



3S政策 wiki


安岡は、第二次世界大戦終結後、GHQが日本の占領政策を実行するにあたり、

基本原則としての

「3R」(Revenge―復讐、Reform―改組、Revive―復活)

重点的施策としての「5D」

Disarmament―武装解除、

Demilitalization―軍国主義排除、

Disindustrialization―工業生産力破壊、

Decentralization―中心勢力解体、

Democratization―民主化)、


そして補助政策としての「3S」を策定したことをGHQのガーディナー参事官
(フルネーム未詳)から直接話を聞いているという
[2]

この政策により、日本では性風俗が開放され[2]、映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球をはじめとするスポーツが国民行事となった。

http://satoshi-nitta.com/kokumin/kokumin-6.htm
第六章 ロボット化された日本人

敗戦国日本を如何に占領するか?
GHQにとっての最大のテーマはここにあった。
日本のためになるようなことは一切考えないのは当然である。
連合国(GHQ)は、同じ白人同士のドイツでも、徹底的に占領政策を取り、国を分割したぐらいだ。
日本に対する占領政策の最大のテーマは言うまでもなく、対ソ連冷戦対策に他ならない。
言い換えれば、
日本をソ連側に寝返りさせない対策だ。
平たく言えば、
日本という国を何も考えないロボット化することだった。
そこで、
彼らが考えたのが3S政策だった。
SportのS
SexのS
ScreenのS
スポーツとセックスと映画で日本人をロボット化することだった。
スポーツは読売巨人軍の野球と力道山のプロレスだ。
セックスは日本テレビの11(イレブン)PMだ。
映画はハリウッド映画だ。
これらにすべて関わっていたのが読売新聞社の社主である正力松太郎である。
彼は、戦前内務省官僚だったことで、東京裁判の第一級戦犯として巣鴨プリズンに入れられていたのに無罪放免され、昭和25年5月にNHK開局後2年足らずの昭和27年10月に日本テレビ放送網を開局した。
3S政策の実行開始だ。
読売巨人軍の野球と力道山のプロレスで日本人は狂乱した。
まさに、
日本人のロボット化だ。
では、
我々国民にとって、ロボット化されることが幸せだったのだろうか?
人間がロボット化されようが、幸せに生きることが出来るならそれはそれでいいだろう。
ところが、
3S政策は長期戦略だった。
ボクシングで言うボディーブローだから、じわじわ利いてくる。
1985年9月22日にニューヨークのプラザホテルで開催されたG5で採択されたいわゆるプラザ合意が3S政策の止めだった。
バブル経済の発生だ。
まさに、
日本人は1985年のバブル経済から完全に変わってしまった。
日本人は拝金主義化された金の亡者になってしまい、“お金がすべて、自分さえよかったらいい!”という考え方になってしまった。
今の日本の実体だ。

それでも、我々国民にとって、ロボット化されることが幸せだったと言えるだろうか?

3S政策 大衆愚民化政策

スクリーン(
映画 テレビ 
低俗なバラエティ番組 お笑い グルメ等


 スクリーンとは画面のこと。テレビがなかった時代に生まれた人は、テレビに感動して空いた時間に休憩も運動も勉強もせず、テレビばっか見ているというテレビ依存症患者になってしまった。また、最近では映画依存症患者も増えている
http://ansaikuropedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96


スポーツ(武術を衰退させ愚かしい球技に熱狂させる。

夜は労働者をプロ野球ナイター中継に熱狂させる等)
ナイター中継

セックス(
性産業 AV産業) 

またはスピード(クルマ)

は大衆の欲望動員による娯楽であるが、それらに目を向けさせることにより、
民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、

政治への関心を逸らさせて大衆を自由に
思うがままに操作し得るとされる。

簡単に言えば「ガス抜き」政策である。

あまりにも厳しい占領政策をすると、暴動が起こる恐れがあるので、
人々の目を逸らさせるために行う
[3]

第二次世界大戦終結後においての中央情報局スパイ#協力者(エージェント)

であった
正力松太郎(Cryptonym for Matsutaro Shoriki. コードネーム:PODAM

読売巨人軍オーナー

野球巨人




CIA 原発 正力

Cryptonym for Matsutaro Shoriki. コードネーム:POJACKPOT-1)
読売新聞(Yomiuri newspaper, Japan. コードネーム:POBULK)

日本テレビ放送網
(Free Japan Broadcast Productions. コードネーム:PODALTON。Nippon Television Corporation. Matsutaro Shoriki associated with Project. コードネーム:KMCASHIER)、

朝日新聞社
緒方竹虎(Cryptonym for Taketora Ogata. コードネーム:POCAPON)

等の
リストがアメリカの情報公開制度で2007年に公開された。

ハリー・S・トルーマン
政権でのトルーマン・ドクトリンによる孤立主義から積極的な共産主義封じ込め政策への転換、en:Psychological Strategy Boardによる外交政策の伝統的な戦争から心理戦への変更などの経緯から注目された。

※コードネームのPO〜は日本を意味する[4][5][6][7]

戦略家のガブリエル・コルコはアメリカがベトナム戦争での失敗を契機に、大規模な戦闘という事態を避ける為に低強度紛争としてソフト・パワーを用いた情報戦を軍事戦略の中枢に置くようになる課程を紹介。

この戦略が最も成功した例が日本であり、各種の工作は

日本支配のための「軍事戦略であり戦争であった」と述べた[8]

  1. アメリカを絶対に支持し、アメリカに服従する政党と政権を

    他国に成立させ、そのための資金をアメリカが提供する。

    「経世会(旧田中派)」VS「清和会」 

    経世会
    (田中派) 田中角栄 日中国交回復 エネルギー政策転換(アメリカ依存型からの脱却を模索)これらがアメリカの逆鱗に触れ逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部) 


    (経世会)竹下登    失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)金丸信    失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税)  
    (経世会)中村喜四郎  逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)小渕恵三   (急死)(←ミステリー) 
    (経世会)鈴木宗男   逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)橋本龍太郎  議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)野中広務   議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)村岡兼造   逮捕   日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)小沢一郎   西松不正献金事件 (←東京地検特捜部) 
    (経世会)二階俊博   西松不正献金事件 (←東京地検特捜部) 


    アメリカ服従派  清和会
    (清和会)岸信介 安泰 A級戦なのに釈放。CIAが支援 
    統一協会を日本へ導入。 

    (清和会)福田赳夫   安泰  清和会を創設 

    (清和会)安倍晋太郎  安泰  国際勝共連合、統一協会に深く関与
     

    (清和会)森喜朗    安泰  子息の押尾事件関与疑惑ほか 
    (清和会)三塚 博   安泰 
    (清和会)塩川正十郎  安泰  小泉構造改革の旗振り役 

    (清和会)小泉純一郎 安泰 郵政米営化、りそな問題他、疑惑の総合商社。 


    (清和会)尾身幸次   安泰 

    (清和会)佐藤栄作 逮捕されそうだったがなぜか捜査中止、ノーベル平和賞 
    (清和会)中川秀直   安泰  統一協会(=米国福音派)に祝電    

    (清和会)安倍晋三 TPP推進 安泰 統一協会(=米国福音派)に祝電 


    ※東京地検特捜部=自民党清和会=親米派

    =小泉改革=統一協会
     

    日本の政治家はアメリカ様に逆らったら、

    不審死したり、逮捕されたりします。 

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E9%83%A8
    東京地検特捜部に批判的な立場からは、東京地検特捜部が連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした経緯や特捜部エリートに駐米大使館の一等書記官経験者が多いことから、「アメリカの影響を受けている」とする見方がある[2]。また、捜査対象が歴史的に木曜クラブの流れを汲む平成研究会系列(田中派―竹下派―小渕派―橋本派―津島派)の政治家に集中する一方で、党風刷新連盟を興りとする清和政策研究会系列(福田派―安倍派―森派―町村派)の政治家は多くが免れていることから[3]、「捜査対象が偏っているのではないか?」という主張がある[4]

    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=202109
    東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、
    CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、
    日本に帰国する。

    この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、

    そして日本の警察機構の中で、
    上層部に出世する事は出来ない。 


    東京地検特捜部はCIAの命令で動く売国機関であり、
    いままで逮捕された政治家もすべて
    アメリカに都合の悪い政治家だけだった。

    統一協会 岸信介握手 説明付き

    TPPユダヤ強盗団
    TPP abe OBAMA
    TPP嘘 週刊金曜日



     
    CIA中曽根原発
    原発100基

    画像の出典

     http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001/46361372.html

    CIA 岸信介
  2. この買収資金は、アメリカの税金ではなく、他国でアメリカが痲薬を密売した利益を提供し、アメリカが経済的負担を負わない方策を取る。
     
  3. マスコミ操作を通じアメリカが常に「善」であると他国の市民を洗脳し、アメリカを批判する言論をマスコミに「登場」させない。アメリカ映画、音楽を大量に流し、アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝する。
     
  4. 学校教育においては、丸暗記中心の学校教育で思考能力を奪い、アメリカへの批判能力を奪う。
     
  5. 教師への絶対服従を学校教育で叩き込み、「強い者=アメリカへの絶対服従」を「子供の頃から身に付けさせる」。
     
  6. 逆らう言論人、ジャーナリストは、そのジャーナリストの
    セックス・スキャンダル等をマスコミに流し失脚させ、
    必要であれば軍の諜報組織を用い、

    事故に見せかけ
    殺害する。

     
  7. 他国の食料、エネルギー自給を破壊し
    米国に依存しなければ食料、エネルギーが
    入手出来ないように
    システム化し「米国に逆らえないシステム」を作る。


http://www2.shizuokanet.ne.jp/sabu/060701special.html
アメリカの占領政策ー3R、5D、3S政策

この欠陥(昭和の教育が知識、技術に偏り人間学の教育が無かった)が終戦後また現れまして、占領軍の日本統治に対して対応する仕方を全く誤りました。占領軍は、むしろ日本を非常に買いかぶっておりましたから、いかにこれをアメリカナイズするかということにたいへん研究を積んでおります。

このアメリカのGHQの対日政策というものは実に巧妙なものでありました

この政策に巧妙な解説がありますが、
たとえば3R、5D、3S政策というものです。

これについて、私に初めて説明した人の名前を今、記憶しないんですが、当時GHQにおりました参事官でガーディナーという、ちょっと東洋流の豪傑のようなところもある人物からも直接聞いたことがあります。

それによると、

3Rはアメリカの対日占領政策の基本原則、

5Dは重点的施策、

3Sは補助政策です。



3Rの第一は復讐(Revenge)です。
アメリカ軍は生々しい戦場から日本に乗り込んだばかりで復讐心に燃えていたので無理もありませんが、復讐が第一でした。

第二は改組(Reform)。日本の従来のあらゆる組織を抜本的に組み替える。

第三は復活(Revive)で、改革したうえで復活、つまり独立させてやる、

抹殺してしまうのは非人道的だからというわけですが、この点、
日本はアメリカが占領軍で有難かったわけです。
共産国だとどうなったかしれません。

5Dの第一は武装解除(Disarmament)、

第二は軍国主義の排除(Demilitalization)、

第三は工業生産力の破壊(Disindustrialization)で、
軍国主義を支えた産業力を打ち壊すというもの。

第四は中心勢力の解体(Decentralization)で、行政的に内務省を潰してしまう。

警察も国家警察も地方警察とに分解する。
そして財界では、三井総元方あるいは住友、三菱の総本社を分解する、つまり財閥解体です。

第五は民主化(Democratization)で、日本の歴史的・民族的な思想や教育を排除してアメリカ的に民主化する。そのためにはまず日本帝国憲法を廃棄して天皇を元首から引き降ろし、新憲法を制定してこれを象徴にする。

皇室、国家と緊密な関係にあった神道を国家から切り離す、国旗の掲揚は禁止する。教育勅語も廃止する。これにはかなり抵抗がありましたけれども、GHQのひとにらみで駄目になってしまった。

新憲法も、あれを受け入れるならば、「日本が独立の暁には、この憲法は効力を自然に失う」という付則をつけておくべきであったが、そういうことも何もしていない。ドイツなどは、それをちゃんとやったのです。

これをやらなかった日本は、本当に間抜けというか、意気地なしというか・・・、

そしてアメリカ流のデモクラシーに則って諸制度を急につくり上げてこれを施行したわけです。これが5D政策です。

それを円滑あるいは活発に行わしめる補助政策として3S政策があった。

第一のSは、セックスの解放

第二のSがスクリーン、つまり映画・テレビというものを活用する。

それだけでは民族のバイタリティ、活力、活気を発揮することがないから、かえって危ない。そこで精力をスポーツに転ずる。これはうんとやらせる。

スポーツの奨励ーこれが第三のS。

これらを、3Rの基本原則と、具体的な5D政策の潤滑油政策として奨励した。なるほど、これはうまい政策でありまして、非常に要を得ておる。これを3R、5D、3S政策というわけです。

こうした占領政策を施行された時に、日本人は堂々と振る舞うと思ったのですが、案に相違して、我も我もとGHQ参りを始めました。特に公職追放が行われてから後は、表向きの人々はGHQ様々で唯々諾々として「命これを奉ずる」という有様でした。

そこへゆくと、同じ敗戦国でもドイツ人は違っていました。彼らは、なにしろ昔から勝ったり負けたり繰り返してきているから、たまたま負けても動ずるところがない。ですから、占領軍が命令しても悪いことは堂々と拒否する。

日本人は唯々諾々、直立して「イエス・サー」と言うからイエスマンといわれたが、ドイツ人はこういうふうですからNein Mensch No Manです。

占領軍は、だから、初めは日本人を可愛がり、ドイツ人を憎みましたが、しばらくすると、「日本人はつまらぬ、骨がない」と軽蔑し、逆にドイツ人は「しっかりしとる」と褒めるようになったのです。

日本を全く骨抜きにするこの3R、5D、3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいはこれに乗じて野心家が輩出してきた。

日教組というものがその代表的ものであります。そのほか悪質な労働組合、それから言論機関の荒廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけです。

今日の日本の堕落、退廃、意気地のなさ、こういう有様は昨日今日のことではない。非常に長い由来・因縁があることを考えないと、これを直すことははできません。

皆さんが今後起こってくる諸般の問題をお考えになるのには、目先の問題をとらえた流行の皮相な理論では駄目でありまして、先程申したように、少なくとも明治以来の思考三原則によって徹底した考察をなさらないと正解を得られない。

したがって、今後の真剣な対策も立たないということを私は信ずるのであります。
安岡正篤先生の著書「運命を創る」(プレジデント社)より引用



3S政策
とは、Screen(スクリーン映画 テレビ 

くだらない番組 お笑いやバラエティ どうでもいい

低俗で馬鹿らしい番組を24時間垂れ流し


日本人を白痴化させている


イルミナティ秘密の盟約


 

cern-666

日本人の個人情報売買で金儲け野郎!マーク・ザッカーバーグは

Dロックフェラーの孫?!

Rep MarkZuckerberg


マーク・ザッカーバーグ ロックフェラー



東京タワー 

現在は テレビ放送のデジタル化により東京スカイツリーから有害な

電磁波 洗脳電波を周辺に垂れ流している
スカイツリーと電磁波の問題





今や日本人一人に一台所有の携帯電話 スマートフォン(個人情報を

エシュロンに抜かれて監視されている。

韓国企業アプリ LINE使用者は

韓国人に個人情報を抜かれて管理されている!

基地局 電波塔からも有害な
電磁波 洗脳電波を

周辺に垂れ流している
denpatou
 

Sport(スポーツプロスポーツ くだらない動物的な

アメリカから輸入されたくだらない玉遊び

ベースボール 野球に熱狂させて政治への関心を薄れさせる。

野球愛好家には失礼だが、、、

私自身も小学生時は リトルリーグに在籍(ナイター 巨人の星

侍ジャイアンツに洗脳されていた)

読売新聞社主 読売巨人軍オーナー日本テレビ創業者 

日本の原発マフィア


正力松太郎はCIA工作員であった!

CIA工作員のコードネームは ポダム!PODAM!




現代では 愛好家には失礼だが

プラス サッカー テニス バスケなど。

世界的にはサッカーだが FIFAの運営連中も金まみれで腐敗しているようだ。

ちなみにオリンピックは ヨーロッパの貴族 イルミナティが運営して

莫大な金を稼いでいる!


Sex(セックス性産業 AV ポルノ産業)を

用いて日本人を堕落させ

大衆の関心を政治などの重要事項から解離させている!


戦後アメリカGHQが日本人に

行った愚民政策
dentsuu CIA



brainwash
MK













MKウルトラによってマインドコントロールされたハリウッド俳優 歌手

都合が悪くなって殺された有名人 マリリン・モンロー 

マイケル・ジャクソン 

ブルース・リー ブランドン・リー父子の名も、、、


 
CIA イルミナティ洗脳の手口 以下貼り付け
 
アルシオン・プレヤデス26−2:ハリウッドにおけるMKウルトラ、潜在意識下の操縦、事故: https://youtu.be/UqZxRgb6lP0 @YouTubeさんから

2015/04/10 に公開
昏睡状態から目覚めるために闘うその緊急な必要性について続けるが、たとえ闇の者達が­地球や人類全般を不安定にさせたいという野望を持ち続け、私達を無意識にさせ−沈静化­し、またひどく怯え、心配した状態にさせておこうとしていても、私達は努力を行い、限­りない愛と慈悲をもってこれ以上の混沌−破壊が起こらないよう働いている光の存在に協­力するべきである。そして、長年身につけてきたあらゆるどろどろとしたものをコード解­除し、ポジティブな再コード化を行うのだ。
 
だが、私達が最悪の時を生きており、全ては危機や貧困、紛争、スパイ行為、権力の乱用­、不可解な殺人、イスラム恐怖症や反ユダヤ主義の拡大を生むための自爆テロ、大量殺戮­、戦争となってる今、はたして私達にそれができるだろうか?
 
では、第七芸術については何が言えるだろうか?こちらも、新世界秩序を作るべくしつこ­く私達を洗脳するというその役割を果たしており、そのために無知な者達がその網にかか­るよう、あらゆる種類のメッセージを伝えているのか?
 
もしかして十分に研究された目的があって、破壊的で操作するための映画を作るのか?

あ­るいは、統治するエリートの実に重要な一端を成すハリウッド帝国は、二重、三重の策術­を持ち、私達を服従させ続け、私達のマインド、感情、内面の周波数を下げることを目的­としているのか?

またその中に、様々なレベルのマインドプログラムと共有の恐ろしい技­術が存在し、MKウルトラの様々な手法がそこに内包されるのか?

ビデオ制作:アルシオン

 

音楽産業も操られている、、、、 

 

 

 

奴等の洗脳から目覚めよ!日本人! 

 ダメリカGHQによる日本人家畜化計画3S政策を進めた売国マスゴミ売国CIA傘下のTV局 朝鮮電通の罪は重い!

原発マフィア 石油マフィア
ロスチャイルド家
ロックフェラー家らによる
フリーエネルギー技術への妨害工作 殺人 捏造
隠蔽工作の数々



 


ロックフェラーがだめにした本
大麻 ダメリカ意向

大麻取締法gif?


大麻が森林を救う


大麻 万能型天然資源

医療大麻の真実

GHQ(軍産複合体ロックフェラー石油製薬マフィア)
による大麻取締法押し付け
漢方薬でもある大麻を日本人に使えなくしてロックフェラー特製 石油原料の偽薬で
日本人を騙して荒稼ぎする謀略である!


以下転載
ロックフェラーがアメリカ経済を
ダメにした―
世界統一支配をめざす妖族の正体

開拓時代名残りの欺瞞や暴力のなか、ロックフェラー家の祖先は、

偽薬売り・重婚者・強姦者として追われながら財を成した。

(※石油から作った偽薬を癌の特効薬と称して金儲けした詐欺師!

初代ロックフェラーは、偽薬の行商人だった

狂った神学者ワイスハウプトの顧いと、石油と奴隷売買で太った一家の金銭欲が
合体してそれからは、表の歴史と裏の歴史と、恐るべき矛盾の20世紀が始まった。

理想のために生きようとする人々と、ただ世界君臨のためのの権力欲で支援する狂った財力とで、天使は悪魔の手先きに、
そして大衆はいつも追い使われるだけの奴隷に終わるという時代が始まったのだ…。

思想の持つ矛盾に寄生した、これは業魔の物語。

目次
ロックフェラーの仮面を剥ぐ

先祖は精神病的犯罪者―「ドク」ウィリアム・エイブリー・ロックフェラー(詐欺師)

宗教を隠れ蓑とした精神病的犯罪者―ロックフェラー王朝の開創者ジョン・D1世

ニセ信仰者にして精神病的な怪物―極悪非道な父の「影」ジョン・D2世

病的精神の血統―ネルソン・ロックフェラーとスケールアップされた悪の道
広報担当者の見たネルソン・ロックフェラー
ネルソン―ルーズベルト大統領の顧問
ネルソン・ロックフェラーの左傾化運動

国務次官補ネルソン・ロックフェラー
国際連合の場で同盟国を裏切る
アメリカ政治の暗黒―ネルソン、共和国の指導者を1人1人消していく
ロックフェラーの代理人
マッカーシー上院議員を罪に陥れ、共和党を破滅に導く
共和党の独裁者―ネルソン―党に「強引に割り込んで」いく
大統領への野望―ネルソン、共和党の指動者ニクソンを蹴落す

ロックフェラーの陰謀―その犯罪計画、愚行、悪行、腐敗

ロックフェラーの選挙公約

      
転載終わり
 

石油原料の化学繊維メーカーDypondが儲ける為でもある! 

天然素材麻市場を妨害!

体に悪いナイロン ポリエステルの普及 
新素材として大衆を洗脳!

DUPONT nylon-life-10-11-1948-009-a-M5




Facebook-Spy 虫眼鏡

Dロックフェラー
ロックフェラー世界主義者 メッセージ

TPP嘘 週刊金曜日

TPPユダヤ強盗団

TPP abe OBAMA

monsanto キチガイ
monsanto-any-questions防護服

ケムトレイル飛行機内タンク
ケムトレイル本

以下転載
「猿(日本人)を“虚實の自由”と言う名の檻で我々が飼うのだ。方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。そしてスポーツ、スクリーン、セックスを解放(3S)させる。
アメリカ大統領トルーマンの台詞です。さすがに全てを知ると絶句しますが、これは事實であり陰謀論でもなんでもないと思います。ここまでの一連の流れを知り、尚且つ信じない選択もありだとは思いますが、ここまで侮辱されてた事實くらいは知っておくべきです。
http://ameblo.jp/mirai-harmony/entry-12023305754.html

tesla scalar

 
石油化学系製薬マフィア ロックフェラー

隠蔽工作した 万能薬草大麻は

癌の特効薬だった!



Dr.Christina Sanchez explains how cannabis kills cancer cells 

https://youtu.be/1miGzTwK28U 
 
大麻は多くの癌細胞を死滅させると

医師.Christina Sanchezは説明します。



 


  

マリファナはどのように癌と闘うのか?

 http://t.co/zsTrQfLD 

カンナビノイド(THCA THCやCBDなど

大麻の薬効成分)

の4つの抗癌作用は 
 
1. 癌細胞の増殖を抑える 

2. 癌を新しくつくらせない 

3. 癌を転移させない 

4. 癌細胞を自滅へ導

Know Your Cannabis Medicine: What is THCA?

https://youtu.be/52KkUrlrpU4 

大麻医学を知っていますか?
有効成分THCAとは何ですか?
 
 
大麻は、世界で最も栄養の有る野菜で有る事を

疑う余地のない証拠表示 


Indisputable Evidence Showing That Cannabis Could Be The Most Nutritional Vegetable In The World


https://www.youtube.com/watch?v=Pq0Awccfero


 



marijuna

marijuna


marijuna



【汚職】厚生労働省委員8人が製薬会社などから報酬を得ていたことを隠していたことが発覚し辞任へ!過少申告も24人 http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/728 厚生労働省の専門家会合の委員8人が製薬会社などの役員や顧問を務め報酬を得ていたにも関わらず、それを隠して医薬品や医療機器の製造販売の承認を審議する会合の委員を務めていたことが判明しました。さらに、製薬会社などからの寄付金や契約金を過少申告していた委員も24人おり、厚生労働省と製薬会社の癒着関係が表に出てくる事件の発覚となりました。

http://www.sankei.com/affairs/news/150605/afr1506050038-n1.html

厚生労働省は5日、医薬品や医療機器の製造販売の承認について審議する専門家会合の委員に、製薬企業などの役員や顧問などを務め、報酬を得ていた大学教授らが8人いたと発表した。委員の規定で関係企業との兼任は禁じられており、8人は辞任する。

 一方、企業からの寄付金や契約金を過少に申告していた委員が24人いたことも判明した。厚労省によると、会合の議決に参加できない50万円を超える額を受け取っていた委員が8人いたが、過去の議決はすべて有効だという。

 厚労省は「委員に対する周知や確認が不十分だった。こうした事例があったのは遺憾で、おわびする」とコメントした。

 企業への就任の有無や、寄付金の額は委員の自己申告となっている。厚労省は寄付金について、委員から申告があった企業側にも確認する取り組みを4月から始めたとしている。

以下ネットの反応



国民の健康、命にかかわってくるような大切なことである、医薬品や医療機器の製造販売の承認を審議する委員の汚職ですから、本来はなんらかの罰則が合って当然だと思うのですが、「辞任」で終わってしまうのでしょうか?

企業(製薬会社)への就任の有無や、寄付金の額が”自己申告”となっていることからも、「緊張感のなさ」「癒着体質」が浮き彫りになっています。

こういう事態を見ていると、何かを判断するときに「厚生労働省が言ってるから」という基準で判断していいのか?といったこを当然考えなければなりませんし、僕たちは自分たちの健康を守るためにも、こういった事態には厳しい視線を向けたり、声をあげる必要があります。それが、自分や自分の大切な人を守ることにつながります。