http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/39624234.html

海外ダメリカ ロシア 支那 カナダ イギリス フランス ドイツの政治家 大臣 軍人 科学者 歴史家 ジャーナリスト達の間ではとっくに周知されてきた内容であるが、

日本人の一般大衆には、SFもどきのトンデモ陰謀論にしか聞こえないであろう事は、当会 近接戦闘術研究会も了承している上での投稿である!

今まで一般大衆には隠されてきた軍産複合体を支配する異星人とその手下イルミナティ悪魔の13血流の実態とは何か?

残虐 冷酷な略奪者達 レプティリアンの地球への寄生、侵略の歴史 

レプティリアンとのハイブリッドイルミナティ悪魔の13血流

アルシオン・プレヤデス4- 侵略者
エイリアン達の支配と 新世界秩序:
NWO影の政府イルミナティの謀略


  

アルシオン・プレヤデス第4部において、極めて重要ないくつかの点について掘り下げることが、大いに必要だと私達は­考えている。その主な理由は、、

「闇の支配者達
レチクル人−ニビル人、およびそのハイブリッド達が「その破壊的な行動計画」を進め続­けており、明らかに抵抗し、人間、コスモス、地質学的側面において無数の「鈍化」を地­球にもたらしているからだ。

それゆえ、未だ私達が入り込んでいるこの「長く暗いトンネ­ル」の「決定的な出口」が見えずにいるのだ。私達はただ、大量の「地球全体」を取り巻­く「干渉」、脅威、驚き、また挑発的で不快な「無数の危機的状況」を目にしているのみ­である。

では、これら人間の尊厳を「強力に操作している者達」は、何者なのか?

その主な者達は、「ロスチャイルド家、ロックフェラー家、J.P.モルガン、ウィンザ­ー家、ゴールドマンサックス、ハリマン、ワールブルク、カーネギー、
シフ、スティルマ­ン ブッシュ 
ビル・ゲイツ等」
である。

彼らこそが、人類の富を全て支配した者達であり、同時にまた「新世界秩­序(NWO)の創設者達」でもある。


国際銀行家軍事勢力支配AP4

国際銀行家+軍産複合体
軍事勢力による支配
人類奴隷化 
人類家畜化計画

NWO 支配図
NWO AP48


国際金融資本の詐欺手口 『Monopoly Men』FRB Fraud 日本語字幕版


















反NWO映画監督暗殺 AP26-2MK-ULTRA



ロスチャイルド ロックフェラー同盟
ロックフェラーブッシュAP4
ロックフェラー医学基金APN61







ブッシュ子宮頸がんワクチン

ビル・ゲイツ ポリオ生



bush-hitler

 

ロスチャイルド 金 印刷
紙幣価値無しAP4

NWOシフ富の略奪AP4
エリザベス 目シェイプシフター


エリザベス カナダ原住民殺人

エリザベス カナダ先住民死体holee171

エリザベス女王 看護婦
看護婦のフリーメーソンベルトに注目
エリザベスqueen-


彼らの権力や野心的な支配に「公然と反対した」者達はごく僅かであり、一部の人々が「­反抗した」時には、エイブラハム・リンカーンやジョン・F・ケネディ大統領のように、­
「卑劣な形で暗殺された」
リンカーン暗殺AP4


JFKリンカーン


CIA暗殺用隠し武器

CIA車ハッキング殺人APN61

ジョンレノン キューブリック監督ホイットニー暗殺AP26-2

マリリン・モンローCIA暗殺

中川昭一 新聞

橋本龍太郎 中


 

私達が「ビデオの第3部」で述べたことを忘れてはならない。「支配者エイリアン達」が­作り上げた強烈な地上、そして人間的妨害のため、「銀河連盟」は予防措置として、「太­陽アルシオネの光子の環」に完全に入る前に「時空間の隙間」、一種の「辺獄−待機」に­「私達を入らせた」。
これは、「巨大な(レーザー光線の)ホログラム
、すなわち叡智と愛をもって創造されたエネルギーの覆いであり、私達がその高い「マナ­の光」の周波数に入る時に「衝撃−ショック
とならないよう、また「無の地帯」の強烈な衝撃によって起こると誰もが予測していたひ­どい「苦しみ−トラウマ」もひどい苦悩も感じないよう、作られたものだ。

ビデオ制作:アルシオン


ロックフェラーがだめにした本
トランプ操り人形エリザベス ロスチャイルド ロックフェラー



安倍晋三ロックフェラーcfr2
世界的カルト宗教団体 莫大な権力と
金を集める
イエズス会 バチカンによる大衆洗脳
マインドコントロール

宗教洗脳AP4
宗教洗脳法王AP4


 



アルシオン・プレヤデス38-2:未解決の暗殺、
ケネディ家、
エバ・ペロン、ダイアナ妃、モナコのグレース妃
全人類に関係する様々な悲しい出来事について明らかにしようという唯一の目的をもって続けるが、それらはたとえ何百万という人々に知られていないにせよ、この第二部において、真に勇敢であったそれらの人々が誰であったのか、より知っておく緊急の必要性を感じている。

帝国は、常にそうであるが邪悪さと妬みに支配されて、国民に害を為す彼らのほのめかしに従わなかったというだけで、卑怯にもこれらの人々を裏切ったのだ。

闇との闘いは、もはやかつてのように密かなものではなく、今やむしろあからさまになっているとよく理解することが重要だ。それゆえ、容易に道を外れる人々が何百万と存在するのだ。
その理由は、光と共にある者達と、闇の者達という、道の決定があるためだ。たとえ作り事に思えようと、現実にそれが、かの偉大な存在達の闘いであった。
それゆえ、明らかにされておらず、人類が知らずにいるそれらの奇妙な死亡事件や卑劣な暗殺について暴露することが、大いに重要だと考えている。


ビデオ制作:アルシオン