我々は、現在も「アルシオン・プレヤデス」動画作成グループの正体と目的を調査中であるが、 

一部で噂されていると云うカルト教団である狐憑きの詭弁カルト「K福の●学」 や

邪教カルト

「●エリアン・ムーブメン●」とは、一切無関係のようだ。

   「アルシオン・プレヤデス6」

国際銀行家達の犯罪を暴露している。


911は、奴らの自作自演だ!

勇気ある偉大な男 チャベス大統領の命がけの告発!

11分頃より NWOに反対したチャベス大統領の遺言

以下貼り付け 
この「アルシオン・プレヤデス第6部のビデオ
において、また「NWOの闇の支配者達」による「様々な陰謀」や密かな計画をお知らせ­してきた中で、この興味深い、「私達全てに係わる」信頼できるデータの探求を続けるが­、「新世界秩序NWO
の者達が、自分達に都合が良いように「憲法違反の金の貯蓄」(FED)を創立したと、­「政治および地政学」の多くの研究家達が確認している。
ここで説明しているのは、「私立の国家の銀行」のことであり、これが「イルミナティ−­ビルダーバーグおよびその他の秘密結社」に属する「20の主要な家族−要人達」の「国­際銀行」と共に、「飽くことのない貪欲さ」をもって全ての「世界の金の備蓄」を専有し­、コントロールしている。
このようにして、各国が「常に保有していた」「金の備蓄」が減少し、遂には「完全に空­っぽ」となった。たとえ「ゴールド・ホールディングス」(金の保有高)は確保されてい­ると言われていても、それは確かなのか、あるいは「堅固な保管所に、もはや金はないの­だろうか」?
さらには「金融および経済の専門家達」の最近の調査で、多くの国々の金が「もはや存在­せず」、その代わりに「金メッキを施したタングステン」に置き換えられていることが発­見された。
判っている限りでは、この途方もない「世界的な金の不正行為」があまりに「卑劣で汚い­」ため、「ビルダーバーグ、イルミナティ、マジェスティック12、ボヘミアンクラブ、­ローマクラブ」を形成する「国際的なエリート達」にも、またその他多くの彼らの「闇の­秘密結社」にも、十分に深刻な結果を もたらし得るだろう。
同様に、NWOの目的は、「人々を貧しくさせ」、ひどい「経済的危機」に陥らせること­に加え、また彼らの「闇の神々」の「残酷な行動計画」を担うことでもある。それが、2­001年9月11日にニューヨークの「金融センターのツインタワー」の深刻なテロに起­こったことだ。その謎について掘り下げるなら、このぞっとするような災厄の「中心部分­」に、名高い「11という数字」が存在することを今一度確認する。
ビデオ制作:アルシオン
アルシオン・プレヤデス6−金の不正行為と抑圧的なエイリアン達の偽り https://youtu.be/QjZUPAfxMQs @YouTubeさんから



 https://www.youtube.com/watch?v=QjZUPAfxMQs

 

 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51872738.html

 http://www.hangthebankers.com/6-latin-american-leaders-who-criticised-us-policies-fall-ill-of-cancer-simultaneously-russian-leader-demands-investigation/
(概要)
3月6日付け:

今日、ロシアのジュガーノフ共産党党首は、アメリカを批判していたラテンアメリカ諸国の6人のリーダーがみな同じようにガンを患っているとして疑問を抱き、ベネズエラのチャベス大統領の死について国際捜査を行うことを要求しました。
アメリカの政策を批判しアメリカに支配されずに国家主権を守ろうと、強い同盟関係を結ぼうとしていたラテンアメリカの6ヶ国のリーダーが同時期にガンを患ってしまったことに、ジュガーノフ氏は疑問を抱いています。
ジュガーノフ氏が主張するように、ラテンアメリカの6ヶ国のリーダーは殆ど同時期にガンであると診断されたのです。 特にアルゼンチンのデキルネル大統領は、昨年12月に突然、甲状腺ガンと診断されました。過去2、3年の間に、ブラジルのルセフ大統領、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ元大統領、パラグアイのルゴ大統領が全員、ガンと診断されています。2006年には引退したキューバのカストロ議長もガンと診断されていました。


ジュガーノフ氏によると、ベネズエラの副大統領はチャベス大統領が死去する数時間前に、ベネズエラの歴史的敵国(複数)が、アラファト議長を病気にさせ、チャベス大統領をガンにさせたと非難したそうです。
チャベス大統領は2011年にガンと診断された後、自分に対してアメリカがガン兵器を使用したと推測しました。チャベス大統領はかつて、「アメリカがガンを発生させるテクノロジーを開発していたのに、我々は50年間もそれに気が付かなかったのだから不思議でならない。」と言っていました。
以前、カストロ議長はチャベス大統領に対し、「気を付けなさい。アメリカはこのテクノロジーを開発している。君が口に入れる食べ物に小さな針で何かを注入しているんだ。それが何かは分からないが。。。」と忠告していました。
チャベス大統領は、CIAの数々の暗殺計画の一環として自分が狙われたことを知っていました。CIAがチャベス大統領を暗殺する理由は、2002年にOPEC側がベネズエラにクーデターを仕掛けたが失敗したため再度チャベス政権を転覆させるためにチャベス大統領を死に追いやったのです。

http://quasimoto.exblog.jp/19913498/

「チャベスは米CIAに暗殺されたのか?」:その手法をめぐって世界中で話題騒然!?1

 
中南米首脳にがん続発はCIAの陰謀か?[春名幹男「国際情報を読む」] http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8226.html