カテゴリ:
抗がん剤は 効かないと主張する医師である著者の
過去のベストセラー本。

最近また週刊誌か月刊誌にその旨の記事を書いていた。

確かに抗がん剤は イペリットガス マスタードガスを
医学用に転用したものが含まれており、正常な細胞も
大ダメージを受け かえって寿命が縮まってしまうのでは?と
思う。


個人的には被爆する放射線療法も体を切り刻むOPEも受けたくない。

この本では触れられていないが、
ワクチンの残留物が時限爆弾のように癌を引き起こす
のではないか?という説が気になる。

接種を一切拒否したグループ(例 アーミッシュ)の人達には
癌発生率が極度に低いという。

弾圧され マシンが破壊 没収されたロイヤル・レイモンド・ライフ博士
の周波数療法の有効性も気になる所だ。



3大療法 高額な癌産業の呪縛から逃れるべきだ。