イルミナティ世界を強奪したカルト


NWO 支配図




イルミナティ秘密の盟約 軟質金属


 

ワクチン泣く子供たち
ワクチン イルミナティ秘密の盟約


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12036175345.html

人口削減政策に関連している11種の疾患
 
1.消化器官・胃腸の問題
消化管は免疫機能の約80%以上が集中している、人間の免疫システムの指令センターとしての役割を担っています。

そして食品に含まれている遺伝子組み換え生物(GMO)や農薬、抗生物質、砂糖や化学物質などによって、このシステムに対する攻撃は悪化する一方です。


2.慢性疲労と元気のなさ

コーヒーやその他の刺激物がないと、毎日の普通の仕事ができないという人を周りに何人、ご存知でしょうか?

慢性的に汚染物質に接触し、また絶え間なくストレスを受け、他にも電磁波や精神的な攻撃、その他の環境的要因に打つ手もなくさらされることにより精力が不足する原因となっています。政府が取り組んでもよいようなものですが、政府は意図的にそうはすることはないでしょう。


3.肥満、糖尿病、その他の食餌条件

現在の「食べ物」は、本物の食べ物からあまりにもかけ離れたものから作られており、ほとんどの人はそうとは知らずに、日常的に文字通りの有毒物質を消費しています。

その一方で、生の牛乳?や
カンナビス(マリファナ、大麻とも)のような本当に治癒力のある食品やハーブ(薬草)は禁止されたままです。

こういったことがすべて、肥満や糖尿病、代謝異常などの要因として関連しているのです。


4. 見当識障害(自分が現在おかれている環境を理解する能力に障害のある状態)や頭にもやがかかった状態

明晰に、かつ認識的に考えることは、多くの人にとって徐々に難しくなってきていますが、なぜでしょう?

共通の直接的な原因の一つとして、葉酸のような毒物やその他の健康を害する「食品」の含まれた「強化」食品としての小麦粉や生成された砂糖を消費による、消化器官内でカンジダ菌の異常増殖があげられます。


5. 慢性炎症

近頃、食品として商業的に販売されているもののほとんどは、炎症を引き起こすものばかりです。つまり、そのような食べ物を食べることで、その食品が外部からの異物であるかのように免疫反応を引き起こすということです。

このような免疫システムへの連続的な攻撃により、健康が損なわれた状態を引き起こす原因となりえますが、先ほどと同様、政府は一般市民の健康を犠牲にして意図的に無視しています。


6.アレルギー

以前の世代は、今ほどまでにアレルギーに関連した疾患に悩まされることはありませんでした。

環境内の化学物質や、ワクチンやケムトレイル、その他の要因が原因で弱くなった免疫システムなどがすべて、アレルギーの増加に関係しています。


7.自閉症

自閉症発症率は1970年代と比較すると、なんと30倍にも増加しており、これは非常に重要な問題となっています。

メディアが主張していることとは異なり、ワクチンや遺伝子組み換え生物(GMO)、家庭内で使用されている化学物質やその他の近代的な技術の「発達」のいずれも、自閉症の原因として排除はされていません。


8.癌

まもない将来には、成人の3人に一人は癌の一種を発症することが予想されています。

おびただしい数の代替的で自然な治療法がガンの治療に役になっている一方で、医療システムは、何度も繰り返し効果がないと証明されている焼畑式のようにすべてを破壊する抗がん剤治療や放射線治療、外科手術を断固として促進しています。


9. モルジェロンズ病

この医療システムの大部分はその存在すら否定している疾患については議論が耐えませんが、これは明白な原因がないにも関わらず、糸のような物質が人の皮膚上に現れるものです。

モルジェロンズ病は「ケムトレイル」および地球工学計画と関連していますが、どちらも政府当局は否定しています。

(訳注:この病気の症状を示す画像は、こちらから)


10.歯のフッ素症

これは、特に(アメリカ)政府が公衆の水道水内に含まれているフッ素の量の推奨する量を削減したため、ようやく大手メディアの注目をいくらか集めるようになりました。

しかしそれも50年ほど手遅れな話で、ほとんどの公衆用水道施設は、
インフォームド・コンセント(状況を説明して相手の同意を得ること)あるいは量のコントロールもないまま公衆の水道水にフッ化物を混ぜ続けており、何百万人もの人間がフッ化物という脳に損傷を与え、健康を害する毒にさらされているのです。


11. 化学的不均衡

今日の世界には、うつ病の症状、注意力の散漫、学習障害などの問題が溢れかえっています。

そして知られている多数の原因の中には、人工着色料、栄養分の不足、ジャンク「フード」の消費などが含まれていますが、やはり政府はこれも無視し続けており、これにより、毎年、医療産業界に数兆ドルをもたらしている、製薬・手術に支配されている医療という詐欺行為により多くの人が巻き込まれていっています。




人々を消滅させようと試みる人間の不妊化と自由の制限
 
https://www.youtube.com/watch?v=EXboz3GKpzQ
 
市民の自由の拉致という致命的な出来事に私達が気づかないうちは、マスコミは誤情報を伝え、フィルターをかけ-隠蔽し続け、私達のDNAが、プレヤデス-シリウスの新たな周波数に再コード化されないうちは、私達は無知に囚われ続け、闇の者達は、支障なくその邪悪で破壊的な行動計画を進めるだろう。それこそ、エイリアン-人間もどき達が、私達の虐待された無意識な文明をコントロールするために行おうとしていることなのだ。

問題は、無関心と許容する姿勢のグローバル化が私達の能力や意識の発育より力があったことだ。それゆえ、私達の家族や仕事、社会、夫婦生活などの全てを監視しており、私達のことをうまくコントロールし、再プログラムし、自動化し-マイクロチップを入れ、GPS、携帯電話、インターネットで完璧に見張っているのであり、そうして、その人工頭脳-衛星および地上でのコントロールから、誰も逃れることがない。

彼らは私達に大きな個人-家族の保護という利点を提供していると断言している。だがそれは、技術や科学の実りある進歩に見せかけた隠蔽である。そのようにして、利便性とされるものを信用し、油断している大衆は、全てが私達自身や国家の安全のためだと信じるのだ。その一方で、彼らは勝手に盗聴-スパイ行為や、憲法違反の不正行為、地球規模で社会の完全な言論統制を行っている。

これらの信じがたい技巧に加えて、彼らは演技することや、己の職務を完璧に果たすことを知らなければならない。つまり、彼らは真の役者、あるいは芸人なのだ。そのため、大衆が見聞きしたいちょうどその通りに彼らは作られたのである。

明らかに、そうすることで、全ての人をその手-カギ爪の中に握るのは極めて容易である。たとえ、その背後では嫌がらせや迫害、大衆へのスパイ行為、

至る所で人を殺しているドローン、

ケムトレイルの汚染が続き、

フラッキングが地震を誘発し、飲用水を毒し

、HAARPが気候を変え、

強烈な地震や津波をもたらし、謎めいた

海底の音ブループが何百万匹もの

魚の死を引き起こし、

軍隊が国々を侵略し、無数の無防備な人々


を殺すなどしていようと。

無数の不妊化ワクチン

また食品の毒物分析に見られる強力な合成ホルモンもまた、

日増しに増大する不妊症をもたらしており、

成長や生殖機能に介入する一連の化学物質が引き起こす

内分泌撹乱も同様である。

要は、大規模な不妊を緊急にもたらすことなのだ。

ここで述べているのは、

闇の支配者達によって邪悪な形でプログラムされた事実についてであり、

それらは、人類に対して為された罪の数々にのみ匹敵する。そしてそこには、

ロスチャイルド、ロックフェラー、フォード、カーネギーが入る。

彼らはあらゆる人々の数を減らし、無能で不妊にしようとしており、

自称選ばれたエリートのクローンを、私達と入れ替わらせようとしている。

恐怖心を煽る意図は私達には無い!

ブラックイルミナティの目的は 恐怖心で地球人類を洗脳支配する事!

タビストック本


洗脳アニメ 洗脳映画の歴史 
Walt Disney ウォルトディズニー フリーメイソン33階級
walt disney

マインド・コントロールアニメ映画制作者の元祖? 
http://cqclabojapan.doorblog.jp/archives/45325911.html

巨悪に対する防衛術 まずは正体 実態 目的を知ること!

ブラックイルミナティの人口削減計画 
人類奴隷化家畜化計画を粉砕せよ!

奴ら悪の支配層がばら撒く毒を全て避けよ


(※下記 某カルト教団怪文書 元は米軍機密文書か? 下記より抜粋)
http://rerundata.net/aum7/4/08haarp/

米軍 NASA CIAのマインドコントロール兵器 HAARP
HAARP
HAARPIDOU




 ELF MK-ULTRA 他etc

1953年 CIA MK-ウルトラ 
 
(MK-ULTRA)  薬物・電子チップ・電気ショックを使って失神、暗示によるプログラミングを行なう。 

1958年 
プロジェクト・ ムーンストラック (Project Moonstruck)  

手術または誘拐して密かに、電磁波を出すチップを脳と歯に埋め込む。 
 目的:追跡、マインドコントロール、行動コントロール、プログラミング、秘密工作 

1958年 
プロジェクト・ オリオン (Project Orion)  

亡命した大物など最重要人物の事情聴取を行なう際、薬物・催眠術・脳電気刺激によって、プログラミング・忠誠心の確保を行なう。 


1960年 
MK-デルタ (MK-DELTA)  

微調整された電磁波によるサブリミナル・プログラミング。一般人の行動や態度をプログラムする。疲労感、気分のむら、行動機能不全、社会的犯罪行為をもたらす。 

1983年 
フェニックス2 (PHOENIX II)  

モントークにて実験。電磁波を使って特定集団を標的とする。彼らを使ってさらに大衆をプログラミング。また、特定の地域に地震を起こすこともできる。 

1989年 
トライデント (TRIDENT)  

三機編隊の黒いヘリコプターによって、個人・特定国民を対象とし、大集団の管理と行動統制、暴動統制を行なう。連邦緊急時管理庁(FEMA=フィーマ)と協力。 
1990年 

RFメディア (RF MEDIA)  
テレビやラジオを通したコミュニケーションによって、電磁波を使ったアメリカ国民へのサブリミナル暗示とプログラミング。行動欲求を操作して、心霊能力を破壊。集団的電磁波コントロールの準備過程とされる。 

 

1990年 タワー 
(TOWER)  

携帯電話網を使って、電磁波による全国的サブリミナルプログラミングと暗示。神経の強震とコード化された情報によって、神経細胞の変化とDNA共振の修正、超能力の抑制を行なう。 

GWEN
 
スカイツリーと電磁波の問題
denpatou
HAAPXXX
misawa_02


ナチスが開発した化学兵器アスパルテーム(合成甘味料)


松果体を汚染するフッ化ナトリウム(毒ガス兵器サリンの原料) 


化学調味料グルタミン酸ナトリウム(調味料アミノ酸 発酵調味料 ビーフエキスetc様々な偽名を使ってあらゆる加工食品に混入) 



ホルモン撹乱不妊物質、生物兵器GMO 猛毒ワクチン 放射能  他
bill wakutin




奴らがばら撒く「毒」を避けよ!

 http://www.youtube.com/watch?v=SWwtOeFGbQA

 
http://insidejobjp.blogspot.jp/2013/05/blog-post_11.html

「イルミナティ秘密の盟約」より

 
以下貼り付け、( )内補足は、近接戦闘術研究会。

錯覚はあまりに巨大、膨大で 奴等の知覚範囲を逃れ出る

それが見える者たちは 他者から「正気」とは思われない

互いの繋がりを隠すため 我々は別々に離れた前線を作る

錯覚を存続させるため 我々の繋がりなどないように振舞う
我々に疑いが決してかからぬよう、目標は一度にひとつずつ達成されてゆく
これはまた 奴等が変化に気づくことを防いでくれる

我々は究極の秘密を知っているので、常に奴等の経験と関連のある分野で上を行くのだ

我等は常に 共に動き、血と秘密によって結ばれ続ける
漏らした者には死が訪れる

如何にも逆のことをしていると見せかけつつ 奴等の寿命を短く、
精神や判断力を弱く保つ

奴等が「何が起きているのか」に決して気づかぬよう、

我々は持てる科学や技術の知識を巧妙に使う

軟質金属(フッ化ナトリウム 水銀 アルミ カドミウムetc )、老化促進剤(合成ホルモン剤 etc)や

鎮痛剤を食物(GMO遺伝子組み換え食物、MSGグルタミン酸ナトリウム、

味の素 調味料アミノ酸の名称で様々な加工食品に偽装混入)や水と空気に入れて利用する

奴等の行くところ すべてが毒に覆われる(ケムトレイル 発癌農薬ラウンドアップetc)
 

軟質金属はやつらを狂わせる。我々の多くの前線が治療法をみつけると

約束するが その実もっと多くの毒を喰らわせてやるのだ

毒は奴等の皮膚(市販の化粧品 ボディクリーム、シャンプー 洗剤)や口から吸収され、奴等の正気や生殖器官を破壊する

それ故に 奴等の子供たちは死産もするが、こうした情報は隠匿する

毒物は奴等の周りの 奴等が飲み、食べ、呼吸し、着るものすべてに隠される

奴等は見通しが利くので 毒を仕掛けるにあたっては巧妙にしなければならない

奴等には楽しいイメージや音楽を使って「毒はいいものだ」と教えてやろう

(※ 例TV CMの洗脳 ZEROコーラ ZEROペプシ 

TV洗脳


化学兵器アスパルテーム毒入りインチキダイエット飲料  ガム お菓子etc 

ナチスが開発した?猛毒化学兵器アスパルテーム、

、グルタミン酸ナトリウム、猛毒フッ化ナトリウム etc) 

奴等が尊敬する人物は役に立つ。そうした連中を 毒物の奨励に協力させよう

(※CM出演料さえもらえれば毒物ばら撒きも厭わない芸能人 タレント)

奴等は我々の製品が映画に使われるのを観、慣れ親しむが
それらの本当の効果について知ることはない

奴等が子供を産んだら その子の血液に毒(猛毒ワクチン)を注射してやり、
子供の健康のためだと思い込ませる

早くから、奴等の知性や精神が若い頃から始め 奴等の子供が大好きな
甘いもの(合成甘味料という名の化学兵器アスパルテームその他)を使って狙うのだ

奴等の歯が腐ったら 奴等の頭を殺し(松果体を汚染するフッ素)、

未来を奪う金属(アマルガム 水銀 パラジウム等)を詰めてやろう

奴等の学習能力が侵されたら それ用の しかし症状を悪化させ、
別の病気を発症する薬を作ってやり その先にもまた薬を作ってやろう

(SSRI 抗鬱剤 精神安定剤 リタリン プロザック 睡眠導入剤 etc) 

我々は奴等を従順で脆弱にし 奴等は我々とその力に屈服する

奴等は落ち込み ノロマでデブとなり、
我々に助けを求めにきたときには もっと毒をくれてやろう

奴等が内なる自我と結びつかないように 奴等の関心をカネと物質に集中させる
姦淫、外部の快楽やゲームで惑わし
すべてがひとつである調和と決して合体しないようにする

奴等の頭は我々のもので 奴等は我々の思い通りに動く
もし拒否すれば、精神状態に変化をきたす技術を奴等に施すための
方法を探し出す。我々は「恐怖」を武器として使うだろう

我々は奴等の政府を作り、反対勢力も設ける。
その両方を所有するのだ

常に目的を隠しつつ 計画を実行する

奴等は我々のために労働し、我々は奴等の労苦で繁栄する

我々の一族は決して奴等と交わることはない
我等の血統は常に純粋でなければならず、それが掟なのだ

我々の都合で 奴等に殺し合いをさせよう

教義や宗教を使って 奴等を「一体であること」から引き離す

奴等の人生をあらゆる側面から支配し、
何をどう考えるべきかを教えてやるのだ

我々が奴等をそっと優しく導きつつ 
「自分自身で選んでいるのだ」と思わせる

我々の派閥を通して 奴等のなかの敵対意識を扇動する

優れた者が出現したら 愚弄するか死をもたらすか、
どちらか都合のいい方法でそいつを葬り去るだろう

奴等が互いに心を引き裂き 己の子等を殺すように仕向ける

「憎悪」を味方 「怒り」を友として これを成し遂げる

奴等は憎悪で完全に盲目となり、奴等自身の争いを通して我々が支配者となること
すらわからない。互いの殺し合いで 手一杯だから

我々が「これでよい」とみなすまで、奴等は己の血の風呂に浴し
隣人を殺し続けるのだ

奴等の目に我々は映らず、我々が見えないのだから
我々はそこから多大なる利益を得る

奴等の戦争や死から 我等の繁栄は続くのだ

我々の究極の目的が達成されるまで これは何度でもくり返される

イメージや音を通して、奴等が恐怖と怒りのなかに暮らし続けるようにする

我々はこれを達成するために、持てるすべての道具を使うのだ

そうした道具は 奴等の労働によってもたらされる

奴等が 自分自身や隣人を憎むように仕向けるのだ

奴等から「我等は皆 ひとつである」という神聖な真実を常に隠す
奴等は決してこれを知ってはならない!

色は錯覚であることも 奴等は決して知ってはならないし、奴等は常に
「自分たちは同等の存在ではない」と思っていなければならない

少しずつ、少しずつ 我々の目標を前進させるのだ

完全な支配を行使するために、奴等の土地 資源と財産を奪う

奴等を騙くらかして、奴等の持てるちっぽけな自由とやらを
盗み取る法律を受け入れるようにしてやる

奴等を永遠の囚人にし、奴等と子等を借金まみれにする
金のシステムを確立するのだ

奴等が団結したら、世界に向けて違う話を見せつけ、奴等を犯罪者として
非難してやろう すべてのメディアは我々が所有しているのだから

メディアを使って情報の流れや奴等の感情を 我々のためになるよう操作する

奴等が我々に立ち向かおうとしたら 虫けらのように潰してやる
奴等はそれ以下なのだから

奴等は何らの武器も持たないので、どうすることも出来ない

計画を実行するために奴等の何人かに「永遠の命をやるぞ」と約束して抱き込むが、
奴等は我々ではないので 決してそれを得られはしない

こうした新参者たちはイニシエイツと呼ばれ より高い領域への進路の偽の儀式を信じるよう教え込まれる。こうしたグループのメンバーは 決して真実を知ることなく 我々と一体になったと思うのだ。我々に背くだろうから 奴等は絶対にこの真実を知ってはならない

奴等の働きには世俗の物質や大層な肩書きが褒美として与えられるが、決して不死身になったり、我々の仲間となって光を受け、星々を旅することはない。同類の者を殺すことは悟りの境地への道を妨げるので、奴等は決して高い領域には届かない。奴等は決して これを知ることはない

真実は奴等の鼻先に、すぐそばに隠されているのだが
手遅れになるまで それに気づくことは出来ない

あぁ、そうさ 自由の幻覚があまりにも大きいので、
奴等は自分が我々の奴隷であることには決して気づかない

すべてが整ったとき、奴等に作ってやった現実が奴等を所有する
この現実が奴等の牢獄だ。奴等は自らの妄想のなかに生きるのだ

我々の目標が達成されたとき、新たな支配の時代が始まる

奴等の頭は、奴等の信条によって縛られる
大昔から我々が構築してきた信条によって

しかし、もし奴等が我々と同等だと知ったら、
そのとき我々は滅びてしまうだろう
奴等はこれを、決して知ってはならない

もしも奴等が 力を合わせれば我々に打ち勝つことが出来る
と知ったら 行動を起こすだろう
MJ
 

我々は奴等を従順で脆弱にし 奴等は我々とその力に屈服する

我々がしてきたことを 奴等は決して知ってはならぬ。もし知れば、一旦ベールが剥がれ落ちれば、我々の正体は明らかになり、逃げる場所もない。我等の動きが我々が誰かを暴露し、奴等は我々を捜し出し、誰もかくまってはくれまい

これは我々が現世と来世を生きるうえで従う秘密の盟約だ
この現実が、幾世代もの人生を超えていくものだから

この盟約は血によって、我々の血で封印されている
我等、天国から地上に降り来た者によって

この盟約は、決して 絶対にその存在を知られてはならぬ。決して書き留めたり、これについて話をしてはならぬ。そこから生まれる意識が我々に対する創造主の激しい怒りを解き放ち、 我等がやって来たどん底へと落とされ、永遠のときの最後まで 閉じ込められるであろうから 

SION protokol
sion eye
SION giteisyo