対ナイフ護身術の理想と現実を この動画作成者は訴えたかったのだろう。

中途半端なレベルでは実戦でナイフ使いの犯罪者や精神異常者に襲撃された場合
丸腰の素手では刺されてしまうだろう。

ボールペン ハンドバッグ 雑誌 傘 杖 ベルト 靴 身につけている物や
身近な物をなんでも武器化 盾にする事で生存確率を上げる。

ナイフ対素手

ナイフ対護身具のスパーリングの経験を積む事

当会のナイフディフェンスレベル3の技法は、一瞬で敵のナイフを叩き落とし
同時に敵の中心、体幹の急所を打撃 破壊して吹っ飛ばし
無力化 制圧します。

最終段階では、敵を傷付けずに制圧する事を理想とします。